R-LR Road Cycling

長崎の自転車LOVE♡な人あつまれ(^^♪

タグ:ZWIFT

ふっき~です。

ZWIFTはBluetoothはINTEL製しか使えないのでANT+のUSBスティックがもう一つあると便利だなと思っているとアマゾンで¥840という格安なものを発見!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B08GH99F66/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o06_s00?ie=UTF8&psc=1

説明には
-----------------------------------------
2403~2480MHZ ISM帯域で78の選択可能なRFチャネル。
60kbpsまでのバースト転送速度(データスループットの向上)
最大8つのANTチャネル。
最大8つの公開、管理、および/またはプライベートネットワークキー。
MacOS Xマシンでは、ドライバーのインストールは必要ありません。
タイプA USBコネクタを備えたUSB 1.1 / 2.0フルスピード仕様をサポートします。
新世代のANTコアスタックの機能強化。
「仕様」:
材質:ABS。
カラー:ブラック。
インターフェイス:USB。
サイズ:2.7×1.8cm。
伝送距離:5メートル(最高のパフォーマンスは3メートル以内です)
「パッケージの内容」:
1 x ANT + USBスティックアダプター。
-----------------------------------------

よくわからん?
Windowsで使えるとかZWIFTでつかえるとか書いてないです。
ちなみにANT+STICKとANT+STICK2がありZWIFTでは前者は使えません(Garminのものを両方持っていますがANT+STICKはZWIFTで使えなかった。)。

まあ、¥1,000もしないし人柱でもいいかと考え購入。

・・・

注文から到着までに1か月近くかかりました。忘れたころに到着。
梱包はいわゆる中華クオリティで灰色の袋に入れただけです。つぶれてはいませんでした。
しかし、商品のパッケージもあまりきれいではないです。
潔癖症の方には触れないかも(笑)

DSCF0505

商品の出来も中華クオリティで100均のプラスティック感があります(笑)

とりあえず我がZWIFT専用機に投入!

ZWIFT専用機SPEC
DELL OPTIPLEX745改
CPU:INTEL CORE2 QUAD Q6600
メモリ:6GB
SSD:128GB
GPU:ZOTAC 750TI OC

設定を見るとANT+STICK2で認識

ドライバーも必要なく普通に認識しました。
ZWIFTで4IIIIのパワーメーターもGarminのHRモニターも認識しました(距離は1m以内)。
現在のところ普通に使えています。途中で途切れたりとかもないようです。

Amazon 最安と思われるANT+STICKでした。

ふっき~です。

コロナ渦でなかなか外を走れないのでZWIFTばかりの日々です。
ZWIFTの中でレースに参加したりと過ごしていますが少し気になったことがあったので検証してみます。

私が所有しているパワーメーターとスマートトレーナーでパワーの差が出るのか?どちらが有利なのか?
巷ではELITE QUBO DIGITAL SMART B+はハッピーメーターで10%近くパワーがでているとうわさがありますが体感的には逆にパワーが出ていないように感じます。
固定ローラーで負荷が一定でパワーメーターを使った場合とスマートトレーナーで傾斜に合わせて負荷が自動で変動する場合と条件は異なりますが前者の方が結果が良い。
普通に考えるとランニングでもスピード(負荷)を一定に保った状態が一番パフォーマンスが高く出る。スピード(負荷)が変動するとパフォーマンスは下がる。これが原因かと考えていますがどうなんでしょう?





パワーメーター
4iiii precision2.0 105 5800 公称精度は±1% (片側計測なので精度はもっと低いと思います。)
(ちなみにPIONEERのSGY-PW510A80GL(R8000用の片側計測)は公称精度は±3%)

スマートトレーナー
ELITE QUBO DIGITAL SMART B+ 精度不明

Yorkshire

どう検証するか悩んだ結果以下のような方法をとってみました。
①スマートトレーナーの負荷を一定にする。
②スマートトレーナーはZWIFTに接続。
③パワーメーターを校正する。
④パワーメーターはサイクルコンピュータに接続。
⑤同時にデータを取る。
⑥ゴールデンチーターでテキストデータとして取得する。
⑦エクセルで分析

素人の分析でサンプル数も一回だけなので精度はかなり低いので参考までにしてください。

グラフを見てみるとブルーはスマートトレーナー、オレンジはパワーメーターです。
なんとなくパワーメーターのほうが値が高く出ているような気がします。
スクリーンショット (6)

実際の数値はどうなの?
平均値をとってく比べてみるとパワーメーターが1%だけ高い値となっていました。
1%・・・
体感的にはもっと差が出ているような気がしていたのですが、この程度であれば誤差の範囲でしょう。
でも、グラフをよく見て下さい。なんとなくパワーが高い部分ではオレンジが値の高く、パワーが低い部分ではブルーの値が高くなっているように感じませんか?
スクリーンショット (7)

パワーが高い部分とパワーが低い部分に分けて比べてみます。

パワーが低い部分はスマートトレーナーの平均は87.4W パワーメーターの平均は73.1Wと14.3Wの差が出ていてパワーメーターはスマートトレーナー84%しか出ていませんでした。
スクリーンショット (9)
パワーが高い部分はスマートトレーナーの平均は210.5W パワーメーターの平均は221.1Wと10.7Wの差が出ていてパワーメーターはスマートトレーナー105%出ていました。
スクリーンショット (8)


STRAVAの値は以下のようになっていました。
最大値が70W近く違います。スプリント勝負だとかなり差が出てきそうです。

パワーメーター

スピード  28.2km/時 40.7km/時
心拍数   128bpm   161bpm
ケイデンス   88rpm     110rpm
パワー         171W        399W
カロリー 347
温度 24℃

スマートトレーナー
スピード   29.4km/時 81.7km/時
心拍数      128bpm    161bpm
ケイデンス   94rpm         195rpm
パワー         168W         330W
カロリー 435

結論
トータル的には差がない。
100W前後とゆる~く走るときはスマートトレーナーが優位
200W以上のレースや急にパワーが上がるスプリントなどではパワーメーターが優位
レスポンスの良さもパワーメーターが優位
ちなみにスマートトレーナーの場合は足を止めてもローラーが回り続けている限りパワー値を示してる。パワーメーターは足を止めるとパワーも0になる。これはどちらが優位かというと後者のパワーメーターです。アバターがダウンヒルポジションをとるために足を止めないといけませんがローラーが回っている間はダウンヒルポジションにならないんです。
というわけでパワーメーターを用いた方がより楽しめそうです♪

ふっき~です

ZWIFTについて自分なりにまとめてみたいと思います。

世の中にはいろんな人がいます。参考になるかどうかわかりませんがまとめてみます。


BIKEのメンテナンスは行きつけのショップに完全に任せている方。

潤沢な資金がある方だと思うので値段が一番高いPCを購入してください。
ゲーミングPCを購入すれば満足のいく結果が得られるでしょう。


自転車は通販で購入。それで満足。
一人暮らしで家族に迷惑が掛からない。
臨場感にこだわらない。

お手軽な方法をお望みではないでしょうか?
APPLE TV 4Kがおすすめです。手ごろな価格で自宅のTVとWiFiにつなげばOKです♪
オブジェクトが少し削減されているようです。


フレーム、コンポすべて自分で選んでくみ上げる方。

PCも自転車に近いものがあります。ご自身でパーツを吟味され自作PCを作るのをお勧めします。


ご家族がいて自宅のTVつなぐなんてもってのほか、また自分で自転車のパーツを替えれない。

ノートPCかiPadの購入をお勧めします。
ゲーミングPCとかでないとオブジェクトは削減されていますがお手軽で省スペースでZWIFTできます。最近はアンドロイドタブレットでもできるものもあるようです。


資金があまりない。でもできるだけ高画質&臨場感で楽しみたい。
古いPCがある。
パーツは中古で構わない。
ZWIFTの要求スペックは意外と低かったりするのでヤフオクや中古品から選ぶのもいいと思います。


⑤の方は私に共通するものがあり私の経験が役に立つと思います。
自分の納得できる構成を選んでください。

まず、PCの知識が少しでもある 自転車のメンテナンスがある程度できる。

以下のPCがあればGPUだけの購入でOKです。
PC:Core2DUO以上
OS:Windows7以上
Memory:4GB以上
PCI Express ×16 があること。

中古でもいいからPCが購入できる。
CORE i7の中古でできればタワー(ミニタワー)型のPCを手に入れましょう。
プラスGPUの購入になります。ただ、ゲーミングPCであればGPUの追加購入は必要ないかもです。

以上のPCを手に入れたらGPUを購入しましょう。
最高画質(4K)を得たいならばGeforce 1050TI以上、現行ならばGeforce1650以上でしょう。

フルHDの画質を得たいならばGeforce 750TI以上、現行ならばGeforce 1030(DDR5) またはGeforce 1050あたりでしょう。

androidやiphoneくらいの画質でよければ中古のGeForce9600GT以上 現行ではGeforce GT710くらいでしょう。

以下の表を参考にしていただければいいと思います。
ちなみにロープロファイルやワンスロットタイプしか対応しない場合は Geforce1030(DDR5)やGeforce 1050TI Geforce1650に絞られてくると思います。

お勧めはGeforce1060(6GB)以上やMEMORYが8GB以上のGPU
好みの画質は以下の表を参考にできると思います。

chipsetmemoryshadowresolutionHDMI Ver.DP Ver.備考
Geforce8600GTS256MB
×
?
×
×
インストールはできるが動作は不可
Intel HD Graphics 4000共有
×
1080P
×
×
ZWIFT最低スペック
Intel HD Graphics共有
×
1080P
×
×
lenovo G50 mem:4GB Celeron N2840
GeForce9600GT512MB
×
1080P
×
×
ASUS EN9600GT
Radeon HD75701GB
1080P
1.4
×
DELL
GeforceGTX6501GB or 2GB
?
?
1.4
×
ZWIFT推奨スペック
Radeon HD68501GB
1440P
1.4a
1.2
SAPPHIRE HD6850
GeforceGTX650TI1GB
1440P
1.4
×
GIGABYTE GV-N650TOC-1GI
GeforceGTX750TI2GB
1440P
1.4
×
ZOTAC GTX750TI
GeForceGT1030 (DDR5)2GB
1440P
2
1.4
WEBにて動作報告を確認
GeForceGTX10502GB
2160P
2.0b
1.4
MSI GTX1050 2GT LP
GeForceGTX1050TI4GB
2160P
2.0b
1.4
WEBにて動作報告を確認
GeforceGTX9704GB
2160P
2
1.2
ZWIFTエクトリームスペック
GeForceGTX10606GB
2160P
2.0b
1.4
MSI GTX1060 OC


※shadowはアバターに影がつくかどうかです。たぶん影がつかない場合はオブジェクトが削減されてます。Androidとかでやると全体的にのっぺりとした画質になります。

現在の私のPC事情
Main PC core i7 2600  Geforce 1060 OC Memory 8GB
Zwift 専用PC CORE2DUO E6600 Geforce750TI  Memory 4GB

まとめてみると
フルHDでやるとなると最低ラインがGeforce 750Tiではないでしょうか。
GPUのメモリーはおおむね1.5GBあたりうろうろしているようです。
最低メモリーが2GBあればOKだと思います。

Geforce 750Tiは補助電源もいらないしヤフオクなどで探せば出費を抑えてZWIFTするには一番のGPUだと思います。
ロープロファイルとかが必要な方は1050TIか1650あたりだと思います。

おまけ
フルHDモニターで画質が変わるか?
750Tiと1060で画質の違いがわかる?
Main PCの画質はZWIFT専用機の同じフルHD画質(1440P)でもくっきりして見える気がします。
P.S.
気のせいでしたHD6850でも画質はあまり変わらず・・・
モニターの性能の違いでした。ZWIFT専用機は17'(1280×1024)でかなり古いDELL OPTIPLEX745の純正モニターだったので違いが出たのでしょう。でもこのモニターは縦横が回転できるかなり重宝したモニターです。
ただ、HD6850はGPU温度が80℃をすぐに超えてFANがやかましい!

2020-02-07_2338370_clean


貧乏なふっき~の雑感でした♪


追記 2020/02/29
その後もいろいろ気になってRadeon HD7570 と Core i7-3770をゲットしました。
HD7570はメモリは1GB(GDDR5)ですが性能がアレなものです。パッケージ販売がなくOEM供給されているものみたいです。
HD7570でZWIFTやるとなんとアバターの影などの表現がありますが解像度は1080Pまでとなんとなく中途半端な性能です。

表の前後のGPUと比較すると

9600 GT 512MB 1080P アバターに影なし
HD 7570     1GB 1080P アバターに影あり
HD 6850     1GB 1440P アバターに影あり

メモリー:影やオブジェクトの種類に影響
GPU性能:解像度に影響
というような図式が見えてきます。

ただし、HD 7570でZWIFTやれるかというと微妙です。通常の走行時はFPSが40前後、グループワークアウトやレースなど大人数でやる場合はFPSが15前後まで下がってします。描画が追い付いていない感じがします。イベント参加をされる方にはお勧めしません。

2020-02-29_1558191


もう一つ、Core i7-3770ですがこいつはCPUにIntel HD Graphics 4000を内蔵しています。
しかし、うちの環境ではドライバを入れるとWindowsが起動しなくなります?起動はしているが画面が出力されていない?Windows10がだめでWindows7でも試しましたがやはりドライバを入れると同じ症状だったのでドライバに不具合があるのだと思われます。調べてみると同様の事例がありDVI出力をしなくなりD-SUBのみ出力される不具合の報告があります。DVIとHDMIとちょっと異なりますが検証します。うまくいけばZWIFT最小スペックを報告します。

追記 2020/03/01
Core i7-3770 Intel HD Graphics 4000 ですが結局Windows10でHDMIでの接続はうまくいきませんでした。
倉庫をひっくり返してD-SUBのケーブルを発見!
アナログでつなぐと画面が表示されました。
Intel HD Graphics 4000 はアナログ専用 or HDMIの場合はWindows7の標準ドライバーでしか動きません。だめです!

仕方がないのでアナログで検証します。

HD4000

2020-02-29_2138481

画質は1080Pが選択できます。

2020-02-29_2304081

アバターの影は付きません。

スクリーンショット (1)

FPSは40前後です。

ZWIFTの必要最低スペックの「Intel HD Graphics 4000」の性能はRadeon HD7570に劣る結果でした。
ちなみに検証してませんがFPSは下記の順で高くなると思われます。ただし、Radeon HD7570のみアバターに影ありです。
Radeon HD7570 > Intel HD Graphics 4000 >GeForce 9600 GT 

もう一つ以下のURLで4K画質でのZWIFTが検証されてました。4Kに興味のある方はご参照ください。

https://zwiftinsider.com/4k-on-a-budget/

GPU VRAM Relative Speed Average FPS* Min Power Price
NVIDIA 1080 8 126% 165 500w $500
1070 8 100% 85 500w $400
1060 6 70% 75 400w $250
**1060 3 65% 72 400w $190
1050 Ti 4 38% 52 300w $140
1050 2 33% 52 300w $110
AMD RX 480 8 66% 63 500w $250


以上 気になっていたところを検証してみました。
駄文が長々となってしまい失礼しました。

ふっき~です。

そういえばRADEON HD6850で試してなかったので試してみます。

HD6850はOPTIPLEX745には物理的に装着できなかったのでXPS8300で試してみます。

ちなみにHD6850はメモリー1GBのミドルクラス?のGPUですが650Tiよりも古くてスペックは落ちます。
今までGeForceしか使ったことがなかったので設定画面などは意味不明です。

スクリーンショット (16)

とりあえずインストールはドライバーも必要なくすんなりできたので検証してみます。

スクリーンショット (14)

普通に作業しているときはFANは静かですがZWIFTやると結構GPUの温度が上がります。FANもうるさい時があります。タスクマネージャーには表示されません。

画質やオブジェクトです。

2020-01-04_2229129

2020-01-04_2225585

2020-01-04_2225453

2020-01-04_2225271

GeForce650TiやGeForce750Tiと同等ではないでしょうか?
いろいろわからなくなってきました。
GPUのメモリーが256MBの時はとりあえず起動できるよ。
GPUのメモリーが512MBの時はアバターの影やオブジェクトの数は減りますが快適に動きますよ。
GPUのメモリーが1GBの時はアバターに影が付きます。オブジェクトも増えます。
GPUのメモリーが2GBの時は1GBと変わりませんが大多数でRIDEするときも快適です。

みたいな感じでしょうか?

CPUやマザーボード内蔵のGPUは全く分かりませんが・・・

どういったアルゴリズムかわかりませんがざっとCPUなどに関係なくGPUのメモリーの量で忖度されているような気がしてきました。
4GBや8GBに増えるとエクストリームスペックになるような気がします。

そのうち1050TiかRX570くらいのGPUを手に入れたくなりそうです(笑)

このページのトップヘ