R-LR Road Cycling

長崎の自転車LOVE♡な人あつまれ(^^♪

タグ:間の瀬

ふっき~です。

今日は仕事が休み。でも、朝6時に目が覚める。
お年寄りは朝が早いのです(笑) 

今日はポタリングにいくと決めていたので 、ZIP!をみながら準備をします。
AM8:00 外が暗くなってきましたと思ったら雨が・・・( ;∀;)

すぐにやむだろうと思っていましたがどんどんひどくなっていきます。
たぶんめがね坊主さんは通勤中に雨にやられたことが想像できます(=゚ω゚)ノ

9時過ぎになってようやく雨が止んだので準備を再開。
かなりの土砂降りだったので路面は完全にウェットです。

ロードバイクで行くと後でメンテナンスが大変なので諦めます。
まあ、ポタリングなのでゆっくり乗れるのがいいかも(^^♪
雨の後はパンクしやすいらしいので、今回は重装備です(笑)

DSCN0429

 どこへ行こう♪
何にも考えていなかった・・・
そうだ、TKHSさんが間の瀬を越えて多良見まで一周してたのでその逆を行こう!

自宅をでて長与経由で間の瀬へ向かいます。
「ポタリングだし」「ルイガノだし 」と思うとゆっくり走れます。ロードだと人目もあるのでゆっくりなりません。

そうこうするうちに純心大学入り口が見えてきます。
めがね坊主さんは毎日ここを上ってるのか・・・坂好きにはたまらん通勤コースだな(笑)

ルイガノでもゆっくり上ればワイドレシオのギヤなので楽々上れてしまいました。
途中6km/hとかかなり遅かった。

問題は下り・・・泥水をはねまくりです"(-""-)"

そして、東長崎から喜々津方面に向かいます。
意外と早く着きそうだったしポタリングなのになんもないのももったいない。

そうだ!

前回、初心者のTKHSさんに五家原岳はクロスバイクでも上れますよなんて簡単に言ってしまい、大変な思いをさせてしまったので、おしおきに五家原岳をクロスバイクで上りますといったのを思い出した。

それでは おしおきだべ~

そのまま、五家原岳を目指すことに
ここまでは泥はねを気にして脚をほとんど使ってないので何とかなるかな?
干拓の里方面から五家原岳を目指します。
RIMG0003

スタート地点は長田のみのり会館前
とりあえずここで休憩と水分補給をしておきます。

朝の天気と打って変わって青い空です。
さあ、スタートです!
※写真の日時はカメラの設定を忘れてました(´・ω・`)
56]


5分も経たないのに疲れてきました(苦笑)
シャッターの看板が気になります。直接シャッターに枠をかいてるっぽいです(@_@)
24]

青少年自然の家の立て札が見えます。
「これより3.4キロ」
18]

コスモス花宇宙館前です。
初日の出観望会!おおっ!ふるまいぜんざいあり!
初日の出RIDEで五家原ってのいいかも・・・いや無理(笑)
35]

約30分かけて白木峰高原まで上ってきました。
後どれくらいだろう時間的には半分も来てないような・・・
06]


青少年自然の家の立て札が見えます。
「これより1.6キロ」
さっきのところから約10分で1.8kmしか進んでないのか。
5分/km以上かかってる
17]


青少年自然の家の立て札が見えます。
「これより600メートル」メートルに表記が変わりました。
先の立て札から1kmを約5分かけて上ってきました。
41]

やっと「青少年自然の家」の入り口に到着
しかし、ここからが本番!
傾斜が徐々に上がってきます。
59]

「青少年自然の家」を過ぎるとがらりと雰囲気が変わります。
「ここから先は危険だぜ」とでも言わんばかりです。
13]

傾斜がきつくなります。
たぶん10%は超えてます。
19]

かやぜ方面への分かれ道ですまっすぐ上ります。
04]

なんだかさらに険しくなります。
路面に苔も生えており滑りやすい!
帰りはなおさら注意しなくては・・・
04]

37]

うぉ!傾斜がきつい!20%くらいあるんじゃねえか!
19]

57]

26]


50]

もう、ガードレールすらない・・・
42]

45]


スタートから約1時間15分
一つ目の電波塔が見えました。
なんか、人工物があるとほっとします。
25]

前回はここでゴールだとだまされたが今回はだまされません。
30]

県道はここで終わりだそうです。
16]

最後のつづら折れです!
29]

あと少し!
40]

さっきのが最後だと思っていたがもう一つありました。
20]

きつい!
40]

51]

見えた!ゴールだ!
06]

と思わせて左に曲がります(笑)
10]

こっちがホントのゴールです!
26]

DSC_0002

そして、ランチタイムです。
あんマーガリンとコーヒーサンド・・・うまっ ← ふっき~の大好物
DSC_0003
 
 この後、しばらくここにいましたが寒くなってきたので下山・・・
上るときは暑くてしょうがなかったのに下りは極寒地獄です。下りなのにスピード出したくても出せません(´・ω・`)

途中、紅葉を楽しみます。
BlogPaint


そして、家路につきます。間の瀬経由で・・・死にます

古賀のセブンイレブン前を右折します。
58]

紅葉で有名な迎仙閣前から上ります。
今回は脚がかなりつらいので近道します。 
28]

ここから右折して滝の観音へ向かいます。
08]

23]

近道したのであっという間に滝の観音
58]

間の瀬に入りました!
32]

見えてきました。
長崎のプチ ラルプ・デュエズ
01]

15]

バイパス入り口
44]

頂上に到着
今回は電動アシストのMTBはついてきていませんでした(笑)
16]

今回も脚が売り切れたので直進します。
27]
44]

ああっ・・・地味に脚に来ます。攣りそうです"(-""-)"
30]

家の前の上りです。ふぁいとーいっぱーつ!
46]

やっと、家につきました。なんと、ちょうど100km!(端数は切り捨てます)
朝9時30分で出発して15時48分毎到着です。約6時間20分ほどかかりました。
DSC_0011
 
クロスバイクでも五家原岳は上れるようです。
脚を使わないようにできるだけこんなスピードでいいのと思うようなスピードで上らないと最後まで上れません。
あんまり、真似をしないように(笑)
今回は写真多めでした。

Relive.cc


五家原岳ヒルクラム タイムラプス
 

こんにちは ふっき~です。

今日は島原から長崎へ帰る途中で間の瀬経由で帰ったのだが

なんと 

ふっき~ まさかの敗北です( ;∀;)
 


間の瀬を上り切った達成感に浸ったその3秒後に後ろを振り向くとなんと赤いクロスバイクがついてきているではないか!しかも26インチのMTBルック車っぽいやつです。
こちらもクロスバイクとはいえescape RX3なので負けてはいけない相手です。

上り始めたときには全く気配もなかったはずなのにいつの間に後ろに着かれていたなんて・・・
さらにクロスバイクの人から「すごい馬力でのぼりますね」と声をかけられた。負けた人間にすごいと声をかけるとはなんと返していいのかわからず

負け惜しみで「島原から乗ってきたのでもう疲れているんで・・・」と返答
他に返す言葉がなかったのかと恥ずかしいばかり( ;∀;)

下りの時の頭の中は言い訳ばかり考えていました。

島原から走ってきたし・・・
五家原上った後だし・・・

もう、それはパニック状態でした。

そして、間の瀬を下って長与と昭和町への分かれ道の信号待ちで、クラスバイクの人に声をかけられました。「気を付けていってくださいね」

さらに、 ふっき~はダメージは受けるのでした。

しかし、バイクをよく見るとPanasonicの文字

もしや!!!! 

そうです。
「パナソニック」2016 ハリヤ 「BE-ELH42」 26型 外装7段変速 電動自転車
「パナソニック」2016 ハリヤ 「BE-ELH42」 26型 外装7段変速 電動自転車

ちょっとだけキズが癒えたふっき~でした。 

もし、間の瀬ののぼりの途中でクロスバイクに気づいていたら負けないように頑張ると思うので脚攣り確定だったです。ある意味上りきるまで気付かなかったのよかったのかもしれません。

ちなみに、もう一度会うことがあればリベンジじゃ!!!
 

ふっき~です。

新しいコースを開拓すべく挑戦に挑戦を重ねているふっき~です。
打倒「めがね坊主さん」に燃えているので妥協は許されません!!!
昨日は疲れ果ててかけなかったので1日遅れでの更新です。
今回はめがね坊主 さん通勤コースをトレースしながら海辺を満喫するというコースです。

滑石を出発!
このあたりは車両も多いのでゆっくりと走ります。
49]

高田
ここから車両も少なくなるのでペースを上げていきます!
16]

さあ!ここからが本番です。
長与から東長崎に進路を向けます!
05]

しばらく上った後下って純心大学方面に向かいます。
このあたりは傾斜も緩やかですが今日は60km超を走る予定なので最初からハイペースで行くと大変なことになりそうなのでここは自重します。
12]

しばらく上っていると後ろからクラクションを鳴らされました(T_T)
なぜかクラクションを鳴らすのいつもはプジョーです。
プジョーに乗ってる人は気が短いのかな?
そんなに急いでいるんだったらバイパスを通ればいいのにと心の中で叫びます。
ちなみ、クラクションやベルはむやみに鳴らしていけないという道路交通法があります。
なんだかプジョーって嫌いな車になりました。
輸入車はVWがいい(以前ベントに乗ってました。)
16]

間の瀬(魔の瀬)はここからが本番か!急に傾斜が上がります!
ここまで上ってきてめがね坊主さんが高ケイデンスでヒルクライムをするのが分かったような気がします。
自分はトルク型で踏み込んで上る方ですが長距離には向きません。
ここを上っていると緩いのぼりを長時間上らないといけないので高ケイデンスで上るのが必然となるような気がします。
何度も言いますが「打倒!めがね坊主さん」なのでここはダンシングひたすら上り続けます。
14]

やっと頂上が見えました。
傾斜がきつくなってからは割とすぐでした('ω')
48]

滝の観音を抜けます。
通常であれば下りも漕ぐのですが、今回は60km超を走るので漕ぎません。
13]

下りを惰性で矢上を目指します。
56]


37]


この辺で曲がるのかな?
05]

ペンギン水族館方面はこっちでいいのかな?
53]

ペンギン🐧水族館を過ぎます。
48]

ここから大田尾方面に向かいます。
最初から上りです。
20年前学生だった頃 Kawasaki ZXR400R で攻めていたコースです。
今回は TREK5500 同じレーシーなBikeでも今回は人力!
単車に乗っていた頃はコーナーに命を賭けます!って感じでしたが今回は

「どこまで、のぼるんじゃ!」と悲痛の叫び。

情けないです(T_T)

04]


???日吉中学校付近は様変わりしてました。
20年前に通った時とは違って新しい橋ができてました。
この橋って本当に必要か?と思える交通量の少なさ。
自転車乗りにとってはありがたいですけどね。
40]

そして、飯香浦から北浦に向かう道ですが急に細くなりました。
24]

たしか、この辺りから転石に抜ける道があったような?
うろ覚えで茂木中学校方面に曲がります。
これがまずかった"(-""-)"
41]

どんどん舗装が悪くなり、これって大丈夫か?
58]

結局これ以上進めなくなり戻ることに(T_T)
やっぱり知らない道は行かないことです。
あとで調べたらこの道は行きどまりだったようです。
18]

気を取り直して茂木方面へ!
ここから上りに入ります。
この道は車両が多いと予想されたので避けたかったのですが道に迷ってしまったのでしかなく通ります。
27]

茂木から田上に抜ける道は意外と車両は少なく快適でした。
変な道にいって迷うよりも普通に国道を通った方が正解でした。
19]

田上に到着。
マロン京月(ケーキ店)はなくなってました。時の流れです。
52]

わが母校、長崎南高等学校をすぎ大浦方面へ!
04]

そして戸町を過ぎ女神大橋を目指します。
39]

女神大橋(ヴィーナスウィング)です。海を見ながら爽快に走りぬけます。
06]

女神大橋を抜け福田方面へ!
11]

福田で「動くぞ!!」というトラックに遭遇(笑)
12]

そして、福田サンセットマリーナ!
本日はここからが本番といってもいいくらい。
後半に入り脚も終わりかけにこの登りです。
10]

ゆっくりですが何とか福田霊苑を通り過ぎます。
06]

そして小江を抜け式見へ!
ここからが最後の試練 式見からあぐりの丘までの上り!!!!
ここまで走ってきて最後にヒルクライムです。
もう、10km/hも出せません。
56]

やっと上り切りあとは下るだけです。
14]

総評
距離的に65km程度と普通なのですがアップダウンの連続でかなりしんどいコースでした。
自分のような初心者には厳しいコースです。
しかし、「打倒!めがね坊主さん」に燃えるふっき~はこのコースの攻略を誓うのでした(笑)
 

このページのトップヘ