ふっき~です。
昨日、LONG RIDE をしようと連絡!
しかし、行先を決めていなかったらFUJIさんがコース決めますねとのこと。

FUJIさん提案のコース

西山ー古賀ー虚空蔵山ー伊木力ダム

ふっき~は東長崎には疎いのであまりピンときません。
ただ、「山」が入っているので上るのでしょう・・・

そして、連絡網でコースを確認するとなんと西山から卸団地方面に向かうとのこと?
あそこは結構な上りだったような?

しまった!FUJIさんは坂好きだった~( ゚Д゚)

そして、当日

AM8:00 準備をします。

車庫からBIKEを出してその他の道具を準備していると「ガシャン!!!!」
なんとTREK5500が横転!
左のブラケットがずれてしまいました。
おかげで、ブラケットを治したりしていると時間が来てしまい、あわてて出発。
本日はさらに運が悪いことに長崎大学の入学試験・・・道が渋滞してて前になかなか進めません。
長崎大学前を過ぎてからようやく渋滞が解消しスムーズに流れます。
何とか集合場所の歴史文化博物館前に遅刻せず到着。

しかし、慌てて出てきたので予備のチューブなどパンク修理セットを忘れてきてしまう。

歴史文化博物館前にはITOさんはすでに到着しており、ほどなくしてFUJIさんも到着。

FUJIさんにコースの説明を聞いてから出発! 

歴分前を出発し西山方面に向かいます。

FUJIさん→ITOさん→ふっき~の順でトレイン組みます。

西山をのぼり、ふっき~的には右折と思っていたら左折して国道の下をくぐります。

「へ~っこんな道があるんだ~」なんて思っていたら、いきなりとんでもない激坂!

フロントトリプルのインナー30Tは使わんでおこうと考えていたがスタートしていきなり使う羽目に・・・(後でSTRAVAで見ると最大18.6%の傾斜)

もうすでにFUJIさの罠にはまっています(笑)

しばらくの間は10%台の傾斜を上ります。まだ、始まったばかりなのにかなり脚を使います。あんまり無理をしないようにふっき~はITOさんと雑談をしながら上ります。
なんとか、脚もあまり使うことなく無難に上りきりました。
しかし、STRAVAでセグメントを見ると愕然としました。
なんとKOMはFUJIさんではないですか!
ここは、FUJIさんのホームグランドで私はアウェイだったのか!

そして、中尾ダムから矢上方面に向かいます。
矢上から虚空蔵山を目指します。

虚空蔵山入り口でITOさんとふっき~は賭ひきします。
ITOさん「いっていいですよ、FUJIさんを追ってください」
ふっき~「結構な上りなので」
などと戯れます。

しかし、ふっき~は我慢できず傾斜が上がったところでペダルを回します。
いっきにダンシングでFUJIさんに追いつきかわします。

ダンシングでそのまま差を広げます。

追ってこない?

つづら折れで追ってこないFUJIさんを発見。
もしかして、ペースを上げすぎなのか?
ふっき~は少し不安に駆られます。
少し、ペースを落として安全策に出ます。

と思っていると「あれっ?」ついちゃった。
STRAVAで確認すると距離2.5km  平均傾斜9% 
時間にして12分
思っていたよりも短かったのであっけなく終わってしまいました。





と強気で言っておこう(笑)



実は最大傾斜20%越えをダンシングで思いっきり上ったので脚が笑いそうです(苦笑)

しばらく待っていると二人も次々にやってきます。
FUJIさん +2分40秒
ITOさん +4分20秒
(正確に測れていなかったのでSTRAVAの比較で推測します。)
IMG_20170225_103030

IMG_20170225_103223

しかし、FUJIさんの選ぶコースはとんでもないな。傾斜 平均9% 最大20%超



その後しばらく休憩をして 山頂を目指そうということになりました
920mかと思っているととんでもない林道に・・・さらに倒木ありで先に進めなさそうでしたので諦めて引き返すことに。
そして、途中の展望台に上ることに
IMG_1587
IMG_20170225_111601
IMG_20170225_111609_1
 
なかなか景色もいいが寒い!

そして、下山

伊木力ダムに向かうことにします。
あまり舗装のよくない道を下ります。ふっき~は手がしびれてきます。

あ~、下りよりも上りが楽かも~なんて思っていると(さっきまではあれほど激坂にうんざりしていたのにふっき~はわがままです)

「この先工事中 全面通行止め 」

しかし、この道を通らなければ伊木力ダムへはいけないじゃん
「もしかしたら、自転車は通れるかも?」と甘い考えで突き進むことを決意。

しかし、今度は上り!しかも、明らかに先ほどの20%越えの坂よりもさらに激坂!

ありえん!

と思っているとFUJIさんにチェーントラブル
しかし、こんなところで止まるとビンディングをペダルに固定できる自信がないのでしばらく上って傾斜緩やかになるつづら折れの位置で停車し様子を伺います。
FUJIさんもなんとか外れたチェーンを治し自転車乗ろうとしますがやはり超激坂!
この坂は人間が自転車に乗ることを拒みます(笑)
FUJIさんもここは諦め自転車を押して上ります。やはり、人間は自然には勝てないのです。

そして、しばらく行くとさらに工事の看板が!60mほどの工事区間。
現場にいくと工事はしてません。
なんだ通れるじゃん。

安心して通るとそこは(/・ω・)/

見慣れた風景が???

見えてはならないはずの魔の瀬?(間の瀬)

工事区間の前にすでに道を間違えていたのでした。
残念なことに先ほどの激坂もすでに本来の道からは外れていたのでした(合掌)

もう後戻りする気力もないので間の瀬から長与方面に向かいます。
三根のファミマで補給を行い。伊木力ダムに向かうかどうかを検討します。
ふっき~は15時までに自宅に帰り着かなくてはいけないので迷った末、断念することにしました。
代わりにあぐりの丘にご招待しました。

散々、激坂を上ったのであぐりの丘がゆる坂に感じるだろうというふっき~の優しい配慮(鬼です)

そして、あぐりの丘クライムのスタート!
ふっき~が前を引きます。
ここはふっき~のホームグランド、負けるわけには行きません。
上り口の最大傾斜の場所をダンシングで一気にのぼりFUJIさんとITOさんの戦意をを削ぐことに成功! 
その後は追いついてい来る気配はないので余裕で逃げ切りを決めることに。 
(STRAVAで確認するとなんと2番目の自己記録?あれだけ脚が残っていなかったのに?)

その後、休憩しながら時間まで自転車の話・・・
FUJIさんに煙をやめるためにDURA ACEを勧めるふっき~(笑)
IMG_1597

 本日は「LONG RIDE」= 「激坂 × 激坂」ということを学びました(笑)
みなさん、お疲れさまでした。
今日も楽しゅうございました(^^♪

※あくまでもふっき~的な脚色ある目線でお伝えしました(笑)