R-LR Road Cycling

長崎の自転車LOVE♡な人あつまれ(^^♪

タグ:琴の尾岳

ふっき~です。

本日のお題

「クロスバイクって上れるの?」

クロスバイクといっても色々とあります。

①700Cのホイールのロードバイク寄りのもの
②26インチのホイールのMTB寄りのもの
③その他ルック車と呼ばれるのも

どちらもロードバイクの速さとMTBのタフさのいいとこどりといったものでしょうか?

ふっき~の場合はロードバイクに乗るのは準備が必要だったり、通勤には歩道が走れないなど面倒なことが多々あるので、 ついクロスバイクに乗ってしまうものです。

ちなみにふっき~はその日の気分に合わせて2台のクロスバイクを所持しています。

①Louis Garneau LGS-SIX
②Giant Escape RX3 

この2台はかなり性格が違います。 

Louis Garneau LGS-SIXはお嬢様バイクといったところでしょうか。とにかく軽いギヤ比と太いタイヤで安定感重視で見た目もおしゃれです。フロントサスもついているので段差も楽勝です。

Giant Escape RX3 はどちらかというとロードバイクに近づきたいけどクロスバイクといったとこでしょうか。軽いギヤ比にそこそこ細いタイヤです。

今回は、ある初心者の方が五家原に挑戦して上りきることができなかった。「皆さんの走行ログ見てると、どれだけスピード落ちても10kmを下回らないとか、どんな体力なんだと驚いてます。私が弱すぎるだけなのでしょうが。。。」とのこと。

果たしてそうかなと思って自分もクロスバイクで山を上ってみることにしました。
よりクロスバイク感のある「Louis Garneau LGS-SIX」を選択。
今回はこいつで五家原岳のスタート地点まで行くにはしんどいので琴の尾岳で勘弁してください。
自宅から本川内までは約9km、そして本川内から琴の尾頂上まで6kmです。まあ、五家原岳に比べると半分もないのですが近くの山でのぼれるのはここしかないので・・・
ちなみに標高は琴の尾岳451m、五家原岳1057mです。こちらも半分もないです。

参考程度にしかならないですですね(/・ω・)/

ちなみにふっき~のLGS-6は一部オリジナルから変更しています。
F:42-34-24 → 48-36-26
R:8s → 9s
タイヤ:26×1.95(ブロックタイヤ) → 26×1.5(スリックタイヤ)

とりあえず上ってみました。
自宅から本川内までは割と微妙な下りと平坦です。おおむね25km/hくらいの巡航速度です。ロードに比べると3~4km/h ほど落ちます。

そして、問題の上り!
琴の尾クライムB 6.1km 平均斜度6%
Time:26'55 Ave.Speed:13.8km/h Max.speed:21.6km
ちなみにスピードメータで確認したところ10%を超える傾斜のところは8~9km/hくらいでした。

IMG_20161130_093545

何とか上りきりました。ちなみにフロントはインナー26tは使いませんでした。リアが32tまであるので十分でした。
逆に26tを使うと失速してしまって逆につらい。

ロードと比べると遅いしキツイ!
なぜ、きついかというと車重があるのでおんなじパワーで上っていてもスピードが出ない。
おんなじパワーで上っているのに余計に時間がかかってしまう。
時間がかかると車速が落ちてきてさらに時間がかかるという悪循環です。

初心者にクロスバイクで五家原岳を上れますといったのを反省します。
よほど鍛えてなければクロスバイクで五家原岳を制覇というのはきついです。

罰としてふっき~にはそのうちLGS-6で五家原岳を上っていただきます(笑)

初心者さん安心してください。
五家原岳はクロスバイクで上れないで普通です。ちなみに10km/h以上のスピードで上り続けるなんて不可能です。ロードバイクに乗れば五家原岳なんて楽勝ですよとは言いませんが クロスバイクに比べるとずいぶんと楽なのは言うまでもありません。逆にいうとクロスバイクで五家原岳を上れるようになればロードバイクに乗った時には他のロードバイク乗りを圧倒する脚を手に入れることができるでしょう(^^♪

というわけで下山します。
以前、MTBの方が正規の道でなく山頂駐車場のほうから帰っていったのを思い出して、なんとなくいつもと違う道を帰ってみたくなった。
さすがにMTBではないので林道は無理なので思いついたのが琴の尾公民館前の脇道!
あれってどこにつながているんだろうといつも興味深々でした(^^♪
予想では百石公民館付近につながっているんかな~なんて考えていました。
道路はアスファルトで舗装されているし割と広い道だし・・・
IMG_20161130_094111 

甘かった
突然、アスファルトではなくコンクリートの林道になっています。
ずいぶんと進んできたので後戻りするのもどうかと思いそのまま突き進むことに・・・
IMG_20161130_094633
 
落石も多くかなりやばいです。
ロードバイクだとたぶん進めないでしょう。
さすがにブロックタイヤがほしいと思う道です。
ここまで、かなりの急坂を下ってきたのでもう、後戻りはできません。
こういう時はクロスバイクでよかったと思うのでした。
IMG_20161130_095623
 
海が見えました(^^♪
あれ!?見慣れた風景?
あそこに見えるのは薫助坂ではないか!
予想してたのと違ってかなり南寄りの道を通っていたようです。山の中はホントに方角が分かんなくなります。
危うく遭難するとこでした。ちなみに、ドコモの携帯の電波が届かないところがありました。
IMG_20161130_100447
 
さらに、進むとこんな看板が!
知らなかった。看板を作るならば国道に作ればいいのに(=゚ω゚)ノ
ちなみに右下にビューポイントの案内があるので行ってみます♪
IMG_20161130_100710
 
ビューポイントからの眺めです(^^♪
やはり、季節は冬・・・
IMG_20161130_101345
 
さらに先に進むとなんとハーティヒルズ前に出てきました。
ほっと一安心です。
たまには冒険も楽しいもんです。このコースは夏場にMTBとかでいくといいコースかもしれません。


Relive.cc
 

ふっき~です。

日曜日にペース走をした疲れから回復できない。
おじさんのふっき~です。

月曜日は自転車通勤で往復13kmのみ。ただし帰りはスイカ1個を背負って走りました(笑)

本日(火曜日)は琴の尾岳をゆる~く廻ろうかなと職場をでて準備をしていると

若者Aとく君がいるではないですか???

Aとく君「今日は自転車じゃないんですか?」

自分は原付で職場に来ていたが職場にはOLYNPICがあるので

ふっき~「今から走る?」

ふっき~「琴の尾を廻ろうか」「頂上までいく?」

と話をしてから反時計回りで琴の尾岳を目指します。

松ノ頭トンネルまではふっき~が引きます。

OLYMPICは重いが一人ではないので心は軽い(^^♪



途中から疲れも忘れて楽しんでました♪

Aとく君 ありがとう!

今日は不思議なことに走る前よりも走った後のほうが体が軽くて疲れが取れたような気がします。
メンタルって大事ですね。

そして、家に帰ると不在届が・・・

BlogPaint


 中身は次回へ(^_-)-☆

こんにちは ふっき~です。

明日は雨の予報なので本日はがんばって走っておこう!
というわけで仕事が終わったら職場からOLYNPIC OR700(スポルティフらしい)に乗り出発!

仕事帰りの練習メニューは3パターンに定着してます。
①琴の尾岳反時計回り(丸田経由でショートカットしてます)
②琴の尾岳 時計回り(丸田経由でショートカットしてます)
③琴の尾岳山頂まで(丸田経由、本川内経由)

本日は①の琴の尾岳反時計回り

仕事終わりなので若干疲労感ありゆっくりスタートする。

本川内ー松ノ頭トンネル クライム を頑張ってみる。

そして、本日は松ノ頭トンネルから大草まで下りを漕いで漕ぎまくる!
途中60km/hオーバーのスピードが出る。普段よりも若干速い。
しかし、ファミリーマートまで来た時には脚が棒になってました(T_T)

そして、伊木力クライムは失速"(-""-)"

しかし、次の
蟹坂クライムで挽回だ!といわんばかりにペダルにトルクをかけます。
上り始めてしばらくすると白いロードが前をゆっくり走っていました。彼はときどき見かける若者です。
今日も仕事中に走っているところ見かけたのでずいぶん前から走っているようです。

「右側をパスしま~す」と声をかけパスします。
彼はちょっとびっくりしてました。
すみません<m(__)m> 驚かせてしまって。

しかし、自分は
蟹坂クライム中!さらにペダルにトルクをかけます。
しばらくすると「カキ~ン」????

そうです。ギアチェンジする音が聞こえる?

恐る恐る、後ろを振り返ると追われていました(@_@)

逃げます。

しかし、相手は若者。
こっちは人間もBIKEも40代のお年寄りです。
すでに、年寄りの冷や水といわれてもおかしくないお年頃です(笑) 

必死で逃げましたが無駄な抵抗でした(苦笑)

そして、勲助坂で声をかけてもらました。

「ブログをやってる方でしょう?」
「そうです。」
ここでちょっとペースを落として話そうかと思ったらあっさりパスしていきました。

まって~(笑)

少し、話をしてみると学生さんのようでした。

なんかRUNをしていた頃を思い出した。
こんな気合いの入った走りを週一でやってたな~
自分が求めていたのはこんな気合いの入ったトレーニングだったんだと気づかせてもらいました。
これから、だれか週一で引っ張ってくれないかな~
自分を追い込むのが楽しすぎる。

やっぱMだな(笑)

※彼にとっては流してるような感じで余裕そうでした。

TS3N0017



ちなみに蟹坂クライムは自己ベストでした(*^^)v

1
ふっき~です。
今日は仕事が終わってから琴の岳を目指しました。
そこで待っていたのはパンク・・・

琴の岳山頂まで頑張って上ったところでUターンしようとすると落車しそうになる。
この時はここまで上ってきたので少し疲れてるのかなくらいに思っていた。
しか~し! 
山頂から下る一つ目のコーナーで車体をバンクさせると戻せない。

落車かっ! 

なんとか立て直す。

相当疲れているのかな?

さらに少し進んでヘアピンカーブでバンクさせると引き起こせない?

落車かっ!

何とか立て直す・・・しつこい(笑)

さすがに何かがおかしいとここで気づきます。

BIKEを降りて点検。

・・・

前輪がパンクしてました。

最悪です。借り物の職場のBIKEなので予備のチューブなんて持ち合わせていません( ;∀;)

しばらく、ボー然としてました。

でも、帰らないといけない・・・がっ!ここは山頂。帰路は10kmあります。
パンクした前輪でゆっくり走ります。
どんどん空気が抜けゴトゴトと前輪が音をててます。

琴の尾岳のダウンヒルは路面に溝が切ってあるのでパンクした前輪がとられます。
10km/hくらにスピードで下ってもハンドルを取られます。

後ろからは車が来るしペースは上げられないしハンドルは取られるしで恐怖のダウンヒルです。
通常なら2分ほどで下るところを8分くらいかけて下りました。 

職場につく頃には真っ暗になってました。

IMG_20160507_193224


みなさん、予備のチューブは必ず持参しましょう。 

ふっき~です。

本日は一人で練習会です。
8時スタートで琴の尾岳周回コース

最近、実家に置いておいたクロスバイクを持って帰れと言われ自宅にもってきた。
乗らないのももったいない。

実は自転車が3台になってしまってあまり乗る機会がないのである。
①ルイガノ LGS6 (もともと通勤で使用していた。)
②TREK 5500
③Giant escape RX3(実家に置きっぱなしだった)

escapeはタイヤも細く通勤には向かないし中途半端な存在です。

というわけで本日はescapeにて出動!

dsc_0190_25594717134_o


ペダルをビンディングに変えてます。
それ以外はすべて ノーマルです。

今回はレーパンを履いてます。
ビンディングにレーパン・・・クロスバイクなのに????

自分でも違和感があります。ロードバイクだと違和感ないのにクロスバイクだと変な感じです。

さらに普段はフラットペダルなのでビンディングだということをつい忘れてしまいます。

反時計回りで琴の尾岳を周回

途中ロードバイクに乗っている人とすれ違うがなんか変なんだろうか?
頭をぺこりと下げても返事はない。
やっぱりクロスバイクだとBIKEとしては見てもらえない。
「ママチャリと同じだろ ロードバイクと一緒にするなよ」みたいな雰囲気です。

※すべての人がそうではないです。ちゃんと挨拶してくださる方もたくさんいます。

おんなじ自転車なのにこうも待遇が違うESCAPEが不憫に思えてきました。
これから、一人で練習するときは乗ってあげようと思うのでした。

ロードバイクに比べてLGS6はかなり差が出ますがESCAPEはそんなに大きく差が出ないような気がします。
ロードバイクに勝とうとうは思いませんが練習で使って脚を鍛えるにはよさそうです。

本日の練習
 screenshot_20160403-125442_26175439976_o

このページのトップヘ