R-LR Road Cycling

長崎の自転車LOVE♡な人あつまれ(^^♪

タグ:伊王島

こんにちは ふっき~です。
久しぶりのRIDEです。

ちょうどツールドちゃんぽんに出たいというメンバーがいたのとコースマップが公開されていたので走ってみたいと意見が多く聞かれたので企画しました。

※ふっき~は事前にコースを走って予習しています。なんて仲間思いなんだろう(^^♪と自己満足です(笑)

AM 9:00県立美術館前に集合です。
しかし、ふっき~は2分ほど遅刻。すみませんm(__)m
今回は参加できなと私たちよりも前に伊王島まで行き帰り道のきたじさんもすでに到着していました。
20]
それでは美術館前を出発します。
50]
香焼まで13KMの標識
25]

32]
このトンネルは自転車走行不可なので国分町方面に迂回します。
14]
27]
約40分ほどで伊王島大橋に到着(^^♪
梅雨時期なのに空も海も輝いています☆
さらに湿度もなくホントにここは日本?って感じでサイクリング日和です。
17]
そして、第2集合場所に到着。
全員集合しました(^^♪
今回の参加者は
ふっき~
FUJIさん
TKHSさん
ふみちゃん
ITOさん
こーいちさん
の6人です。
39]
ツールドちゃんぽんのスタート地点に向かいます。
到着すると家族連れやカップルでそこそこにぎわってました。
そこへタイツの集団!異様な光景だったでしょう(笑)
33]
それではスタートです。
白い砂浜を後にします。
57]
伊王島内を時計回りに進みます。
01]
橋の下を通り島内を一周します。
29]
41]
スタートから15分ほど走ったでしょうか?
気持ちよく海岸を走っていたのですがいきなり地獄が待っています。
10%越えの上りです。スタート直後に脚を使わせるコース設定!開催者はたぶんサディストに違いありません(笑)
37]

54]
坂を過ぎると今度は舗装が悪く狭い道を進みます。
20]
途中で島内を散策しているグループとすれ違いました。
先導する人はロードバイクたぶん市の職員でしょう。
後続はママチャリでみなさんきつい坂を上らされてかなり文句を言われてました(笑)
50]
03]
10]
さあ、やっと下りです。
20]
しかし、振出しに戻る・・・
当然です。島を一周したのですから(/・ω・)/
41]
今度こそ橋を渡り伊王島を脱出します。
11]
時間的に早いですが途中に補給場所が限られるのでコンビニに寄ります。
ちなみに、このポイントを含めて一周する謎のポイントです。
エイドが設置されるのでしょうか?
14]
謎のポイントをあとに出発します。
15]
おっと!ここでふみちゃんにトラブルです。
フロントディレイラーのトラブルで止まってしまいました。
44]
しかし、優しいみんなは待っててくれました(^^♪
13]
そして、晴海台裏の狭い道を突き進みますこの辺りは狭いうえに車も通るのでかなり慎重に進みます。
しかも、結構なアップダウンで脚を使います。
たぶん、素直に国道を行った方が楽なような気がします。
そこはやはりゴニョゴニョ・・・
30]

42]
やっと国道に出ます。
09]
国道は道幅も広く交通量も割と少ないので結構快適に進めます。
18]

51]
海岸沿いはさらに気持ちいです(^^♪
08]
そして、数少ないコンビニで休憩を入れます。
52]
コンビニを後にします。
53]
しかし、直後に食事休憩の場所に到着。コンビニ休憩はいらなかったかもです。
07]
FUJIさんお得意のオフロード(笑)
15]
私は迂回します(笑)
本日のお昼は「nomon's cafe」
数十年も来ていないとこんなにも変わっていておしゃれなcafeまでできている。
浦島太郎とはまさにこのことです。
30]
軍艦島も見えます。
46]
中はおしゃれで決してタイツで入るような場所ではないでしょう(笑)
S_6256654943638
ふっき~はふわとろオムライスを大盛りで注文。
IMG_20170618_124251
昼食を終えて次は野母崎を目指します。
野母崎の権現山は今回の難所の一つです。
残念ながらビデオの電池切れで写真を撮れてませんでした。

権現山で難所というのに
「アタックしていいですか」と一言残してFUJIさんは飛び出します。セグメントが設定してあるようです。
ふっき~以下5名は後を追いません。
しかし、FUJIさんは後を追いかけてきてほしいのかそれほど離れません。
ちらちらと餌をまきます。
ついにふっき~が食いつきました(笑)
100mくらいでしょうかまだ追いつくとアタックします。
何とか追いつき頂上を目指します。
そして、頂上でこんな格好でみんなを待っていると「鬼コーチ」としてLINEで話題に(笑)
S_6256882070995
全員がゴールした後しばらく休憩して権現山を後にします。次は椛島を目指します。
脇岬付近の海岸線は走っていて快適です。
権現山までの苦痛が嘘のようにここまで晴れやかになります(^^♪
41]
12]
そして、椛島大橋に到着。
54]
椛島は通過するだけのようです。
灯台まで上らなかったので一安心です。
ここでUターンです。
16]

26]
次はさらに難所の旧亜熱帯植物園の坂を目指します。
権現山を上った後はまさに地獄のような坂です。
どんだけ上ればいいんでしょう。
ふみちゃんとは脇岬でお別れでした。植物園前を回避するそうです。
18]
ここで、またしてもFUJIさんとITOさんはアタック!
ふっき~は先ほどの権現山で脚を使い切っていたので遠慮しました。
しかし、FUJIさんには後ほど悲劇が待っていました。
26]

旧亜熱帯植物園前を通り過ぎます。風車までまだまだあります。
57]
やっと風車に到着。FUJIさんの勝ちだそうです。
24]

そして三和町に到着あと少しです。
FUJIさんの提案でアイスを食べることに。
ふっき~はラムレーズンを注文。
ふっき~はアイスはラムレーズンとこだわりがあります。と思っていたらFUJIさんもラムレーズンでした(笑)
ここのラムレーズンはアイスクリームではなくなんとジェラート?少しシャリシャリしていて不思議なラムレーズンでした。おいしゅうございました。
IMG_20170618_152909
次は野母崎サイクリングロードを通ります。
道が狭い!
一車線の道路を半分に?
サイクリングロードとしては不十分なような気がします。さらに、歩行者が多く微妙に危険です。
必ず、右側を通りますとか声掛けを行いゆっくりと通過していきました。
40]

51]
落ち葉も多く雨や雨上がりは非常に危険ですのでスピードは控えめに・・・
39]
動物も出ます。
写真では見えづらいですが狸が先導しています(笑)
55]
そして、みんなでゴール!
ちなみにFUJIさんの悲劇とはせっかく権現山と亜熱帯植物園前とアタックしたのにSTRAVAの走行記録がエラーで記録されていなかったそうです。
骨折り損のくたびれ儲けとまさにこのことですね。
ご愁傷様ですm(__)m
IMG_20170618_165440
S_6258076535915

◇◇ 感想 ◇◇
6時間以上かかってゴールしました。
本番ではこんなにゆっくり休憩をしないと思うので約4時間前後でしょう。
しかし、このコースはふっき~のような貧脚にはかなりの難コースです。
景色を楽しむとか雰囲気を味わうとかいうコースではなく苦行の類でした。
今回のツールドちゃんぽんのエキスパートコースは脚に自信のある方が参加するコースだと思います。
制限時間次第だと思いますが貧脚な方は最初の坂で脚を使い切ってしまうでしょう。
よく、コース図を確認してから申し込みましょう(^^♪


コース図(※2017/06/19現在 コースは変更になることがあります。ふっき~作ですので間違いあるかも。)
https://www.strava.com/routes/9082057

ふっき~の走行記録(STRAVA)
※スタート地点までの移動も含みます

こんにちは ふっき~です。
本日は二人で仲良く・・・最近はFUJIさんと二人というのが続きます。

二人ということでコースはFUJIさんにお任せ!

10:00に出島ワーフに集合してスタート!
本日は南下します。
茂木方面に向かい三和町を目指します。

まずは水辺の森公園から田上へ向かいます。
コースがわからないのでFUJIさんに引いてもらいます。
大浦から南町を通り田上へ上ります。結構きつい!

(心の声)
最初から上るな~ 椎の木町からまるい坂をのぼらんかった。助かった・・・

田上までは路面も荒く結構脚に来ます。
しかも、ふっき~は寒がりなので防寒対策をしています。
ヒートテック 上下 ウィンドブレーカー さらにネックウォーマー
気温は14℃!
さすがに暑い!
前を見るとFUJIさんは生足です。さすが若者は違う!!!

そして田上まで上ると今度は茂木に向かって下ります。
今度は寒い!

お年寄りなふっき~は暑さ寒さに弱いんです(笑)

そして、茂木につきました。思っていたよりも距離もなくあっさりついてしまった。
高校時代は学校から茂木まで足で走っていたのでもっと距離があったように感じたが自転車だとあっという間だった。こんなものなのかな?

茂木からは宮摺方面に向かいます。しばらくは平坦で快適(^^♪
海を満喫しながら進みます。

しかし、すぐに上りが待っています。
まあ、軽いジャブみたいな上りなので良しとします。

しばらくのぼるとトンネル工事中!
おおっこんなところにトンネルができるんだ・・・
しばらく進むとトンネル!ここにもトンネルができとる。

20年も通らなかったらかなり様変わりしていました。
結構細い道だったのが広くなっていたり

そして、千々に到着!小さいときにおやじによく連れてこられ泳いだ場所です。
昔はすごく遠く感じていたが割と近かった。
自分の中の世界地図が小さくなったのかそれともホントに地球が小さくなったのか不思議なもんです。

と感傷に浸っているとFUJIさんから
「この先セグメントがあります。距離は短かったと思います。」
「郵便局くらいがスタートです。」
といい終わると、停止 ???

(心の声)
自分を先に行かせて後から追う作戦か!よし、最初からアタックして引き離す作戦で行こう( ̄ー ̄)ニヤリ

郵便局前を過ぎてアタック開始

しばらくするとFUJIさんはついてこない?いや、引き離しすぎたか?
セグメントのゴール地点がわからん・・・どこでやめていいんだ?
まだ、のぼりが続く・・・脚があああああ!

しまった、FUJIさんはふっき~に脚を使わせる作戦だったか~!
まんまと罠にはまるふっき~でした(笑)


ふっき~「坂好きでしょ?」と質問
FUJIさん「好きですよ(^^♪」と返答

どうりで坂ばかりコース!

そして、何とか三和町に到着。
出島ワーフから25km

ふっき~「結構、短かったね」
FUJIさん「伊王島に行きますか?」
ふっき~「時間は大丈夫」
FUJIさん「大丈夫でしょ」

伊王島に向かうことに
衣笠公園前の交差点でなぜか左折???
ふっき~は前にでて「こっちでいいの?」
FUJIさん「こっちからもいけるんですよ」

そして、セブンイレブンで休憩
IMG_20161126_111918

しばらく、休憩してから伊王島に向かいます。
さすが、坂好きと言わしめるコース選択。
先ほどの道をまっすぐに行けば平坦コースだったのにあえてアップダウンの多いコースを選択しています。

そして、伊王島手前のトンネルでサイコンを見ると上りで48km/h???
サイコンの設定がおかしいのかバグなのかわかりませんが20km/hくらいしか出ていないはずなのにこのスピードです。GPSがロストしてスピードセンサーから拾っているデータがどうもおかしいようです。
このBrytonのサイコンは微妙に惜しいところがあります。
①高度計が毎回キャリブレーションしないと変な値を示す。自動にしてほしい。
②スピードセンサーのキャリブレーションをしてくれない。自分で設定する必要があります。

やっぱりBrytonはかゆいところに手が届きませんorz

気を取り直して伊王島を目指します。
着きました。安らぎ伊王島でゴールかと思ったらそのまま素通り?

FUJIさん「灯台まで行きましょうか」
ふっき~「いいですよ。ここから先は行ったことないんですよね」

ところが、さすが坂好きのFUJIさんです。
いきなり上りです( ;∀;)
灯台までは10%越えの上りです。
やっと灯台に到着、しかし、自転車通行禁止の看板
ここから先は歩きか・・・
IMG_20161126_120125-01


さすがにビンディングシューズであそこまでいくと帰りが大変そうだったので断念・・・
そして、帰路につくのでした。

そして、土井首の交差点からは道もわかるし、今までずっと引いてもらっていたのでふっき~が引くことにします。
セグメントでアタックしたりアップダウンの多いコースだったので脚には来ていますが何とかフラットでは30km/hほどで引けます。
そして、スタート地点の出島ワーフに到着

五島町付近でFUJIさんとお別れです。お疲れ様でした(@^^)/~~~

そして、ここからは一人旅、あと10kmほどの距離です。
国道は車が多いので裏道を行きます。ここで一つ失敗!
なんとなく走っていると道の尾で国道に出るつもりが曲がり損ねて虹ヶ丘方面に・・・

坂好きが伝染してしまったか~(笑)

ひーひーいいながら最後の上りをたんのするふっき~でした。

おしまい(^^♪

本日のコース


Relive.cc

このページのトップヘ