R-LR Road Cycling

長崎の自転車LOVE♡な人あつまれ(^^♪

タグ:五家原岳

こんにちは ふっき~です。

ふっき~は雨男と評判でしたが今回は晴れです。しか~し・・・11月とは思えない寒波到来です。12月下旬並みの気温です。やはり、ふっき~は悪天候を呼びます(笑)

本日の目的地は1000m級の五家原岳です!
先日、めがね坊主さんは一足先に上ってさらにあっさり1時間を切るという速さをふっき~に見せつけているのでした。※前回の記事をご参考ください。



AM9:00に歴史文化博物館前に集合の予定。

予定は未定といいますがふっき~は朝から用事ができて集合場所には行けず間の瀬経由で一人で五家原岳の入り口であるみのり会館前の集合場所に向かいます。
このとき、もう一人集合場所に間に合わず一人旅の人がでました。FUJIさんです。

AM9:05 ふっき~は自宅を出ます。全力で行けば間に合うが五家原は上れんなとジレンマに陥りながら間の瀬を越えます。古賀までは約50分で到着!まあまあの時間です。

歴分を9:00に出発したとすればここは9:40ごろには通るはず。ということは「みんなは先を行っているはず」と先を急ぎます。

みのり会館には10:30の集合予定!

間に合わない!いそげ!

ふっき~は10:40に10分遅れでみのり会館に到着。

すんません!

と思ったら、ぎんじくんとこーいちさんしかいない。現地集合組だけです。

しばらくして、遅れて出発したFUJIさんも到着?

ふっき~:「歴文集合組は?」
FUJIさん:「会いませんでしたよ・・・」

皆さんどこへ行ったんだろう?と話しているとしばらくしてから歴文集合組も到着しました。
みなさんはパン屋さんで休憩していたそうです。
さらにしばらくしてパン屋にサングラスを忘れたとかでKAZUKIくんとITOさんが到着。

全員集合しました。
今回は大所帯です

ふっき~ FUJIさん きたじさん ぎんじくん ITOさん KAZUKIくん こーいちさん MORIMORIくん ふなっしーちゃん SYOGOくん

総勢10名です。

IMG_20171119_114137

スタート前に走る順番を決めます。今回は10名中7名が山頂まで3名は白木峰までです。
ふっき~はふなっしーちゃんに白木峰まで1~2kmだよ近すぎるよ話してました。←嘘つきました(笑)走り出してすぐのところに白木峰まで4.?KMの看板・・・心の中ですんません!と謝るのでした。

スタートは2~3人づつでウェーブスタートです。
ITOさん MORIMORIくん こーいちさんがスタートします。
5分遅れできたじさん スタート
10分遅れでFUJIさん スタート
15分遅れでふっき~ ぎんじくん スタート

ふっき~が先行する形でぎんじくんとスタートするも上りに入った途端にあっという間にぎんじくんに置いて行かれます(T_T)

少しでも離されまいと必死で食い下がりますが酸欠状態になり口の中は血の味がします。
ヤバい!山頂までもたないかも?

白木峰までは見えていた背中も少年自然の家に着くころには見えなくなっていました。

背中が見えたと思ったら先行スタートしたこーいちくんが見えてきました。
少し行くとMORIMORIくんとFUJIさんとITOさんそしてきたじさんも見えてきました。

ぎんじくんはだいぶ前にかわしていったとの情報です。
う~ん、若者は先行逃げ切り型で後半が弱いはずと考えていたふっき~の予想は外れていました。
まず、我が子と同じくらいの高校生と張ろうというのが年寄りの冷や水というものです。反省しなくては(笑)

後半は一人旅です。前にも後ろにもだ~れも見えません。たまに車が通ります。
一人だとダレます。途中で脚が止まります。しかも、傾斜が上がります。

無線塔が見えました。やっと着いた~と一安心したが、急に斜度が上がります。ありえない!
斜度が高すぎるせいかつづらになっているので先が見えなくなりました。
やった!のぼった!とこころにゆるみが出たときにこの斜度15%?越えはありえん

何とか頂上に到着。結局ぎんじくんの背中は見えませんでした。
ぎんじくん曰くつづらで私の姿を確認したとか?ということは最後に見つかっていなければ追いついていいたかも?

line_1511064443791

IMG_5830


半端なくきつかったです。結果は帰るまでわかりませんがギリ1時間のようです。
ほどなくしてITOさん きたじさん MORIMORIくんが到着。
IMG_20171119_131513

IMG_20171119_131641

しばらく待っても誰も上ってきません。
FUJIさんからLINEに「ハンガーノックで止まってます。待ってないで降りてきていいですよ」
こーいちさんからLINEに「脚が攣った!」

助けるべくしてみんなで下山することに気温は3℃長居するのも危険です。
すると、すぐにこーいちさんが下から上ってくるではないですか。

ふっき~:「脚は大丈夫と?」
こーいちさん:「大丈夫みたいです。」
ふっき~:「この先、斜度がぐんと上がるけど大丈夫」
こーいちさん:「行きます!」

こーいちさんは男を魅せ上り続けるのでした。

そして、さらに下るとFUJIさんがみんなに囲まれています。
なんと下山するどころかハンガーノックで動けずとどまっていたそうです。
IMG_20171119_140507

みんなで持っているだけの食料を提供するのでした。
こういうこともあろうかとふっき~はPOWERGELと塩タブを持っているのでした♪

しばらくしてFUJIさんも何とか起き上がれたがホントに動けなかったそうな。
ハンガーノックは恐ろしいです。
その後も、震える脚でなんとか下山することができたみたいですが無理をせずこーいちさんに頼んで車で送ってもらうことに。
IMG_20171119_144126

IMG_5831

IMG_20171119_145926

IMG_5838


そして、帰路につくのでした。
FUJIさんコーヒーおごってくれてありがとう(^_-)-☆

帰ってから五家原クライムの結果を見ると嬉しいやら悔しいやらです。
何とか1時間切りには成功していたもののめがね坊主さんに負けてました(T_T)
いつかリベンジしてやるっす!



ふっき~です。

今日は仕事が休み。でも、朝6時に目が覚める。
お年寄りは朝が早いのです(笑) 

今日はポタリングにいくと決めていたので 、ZIP!をみながら準備をします。
AM8:00 外が暗くなってきましたと思ったら雨が・・・( ;∀;)

すぐにやむだろうと思っていましたがどんどんひどくなっていきます。
たぶんめがね坊主さんは通勤中に雨にやられたことが想像できます(=゚ω゚)ノ

9時過ぎになってようやく雨が止んだので準備を再開。
かなりの土砂降りだったので路面は完全にウェットです。

ロードバイクで行くと後でメンテナンスが大変なので諦めます。
まあ、ポタリングなのでゆっくり乗れるのがいいかも(^^♪
雨の後はパンクしやすいらしいので、今回は重装備です(笑)

DSCN0429

 どこへ行こう♪
何にも考えていなかった・・・
そうだ、TKHSさんが間の瀬を越えて多良見まで一周してたのでその逆を行こう!

自宅をでて長与経由で間の瀬へ向かいます。
「ポタリングだし」「ルイガノだし 」と思うとゆっくり走れます。ロードだと人目もあるのでゆっくりなりません。

そうこうするうちに純心大学入り口が見えてきます。
めがね坊主さんは毎日ここを上ってるのか・・・坂好きにはたまらん通勤コースだな(笑)

ルイガノでもゆっくり上ればワイドレシオのギヤなので楽々上れてしまいました。
途中6km/hとかかなり遅かった。

問題は下り・・・泥水をはねまくりです"(-""-)"

そして、東長崎から喜々津方面に向かいます。
意外と早く着きそうだったしポタリングなのになんもないのももったいない。

そうだ!

前回、初心者のTKHSさんに五家原岳はクロスバイクでも上れますよなんて簡単に言ってしまい、大変な思いをさせてしまったので、おしおきに五家原岳をクロスバイクで上りますといったのを思い出した。

それでは おしおきだべ~

そのまま、五家原岳を目指すことに
ここまでは泥はねを気にして脚をほとんど使ってないので何とかなるかな?
干拓の里方面から五家原岳を目指します。
RIMG0003

スタート地点は長田のみのり会館前
とりあえずここで休憩と水分補給をしておきます。

朝の天気と打って変わって青い空です。
さあ、スタートです!
※写真の日時はカメラの設定を忘れてました(´・ω・`)
56]


5分も経たないのに疲れてきました(苦笑)
シャッターの看板が気になります。直接シャッターに枠をかいてるっぽいです(@_@)
24]

青少年自然の家の立て札が見えます。
「これより3.4キロ」
18]

コスモス花宇宙館前です。
初日の出観望会!おおっ!ふるまいぜんざいあり!
初日の出RIDEで五家原ってのいいかも・・・いや無理(笑)
35]

約30分かけて白木峰高原まで上ってきました。
後どれくらいだろう時間的には半分も来てないような・・・
06]


青少年自然の家の立て札が見えます。
「これより1.6キロ」
さっきのところから約10分で1.8kmしか進んでないのか。
5分/km以上かかってる
17]


青少年自然の家の立て札が見えます。
「これより600メートル」メートルに表記が変わりました。
先の立て札から1kmを約5分かけて上ってきました。
41]

やっと「青少年自然の家」の入り口に到着
しかし、ここからが本番!
傾斜が徐々に上がってきます。
59]

「青少年自然の家」を過ぎるとがらりと雰囲気が変わります。
「ここから先は危険だぜ」とでも言わんばかりです。
13]

傾斜がきつくなります。
たぶん10%は超えてます。
19]

かやぜ方面への分かれ道ですまっすぐ上ります。
04]

なんだかさらに険しくなります。
路面に苔も生えており滑りやすい!
帰りはなおさら注意しなくては・・・
04]

37]

うぉ!傾斜がきつい!20%くらいあるんじゃねえか!
19]

57]

26]


50]

もう、ガードレールすらない・・・
42]

45]


スタートから約1時間15分
一つ目の電波塔が見えました。
なんか、人工物があるとほっとします。
25]

前回はここでゴールだとだまされたが今回はだまされません。
30]

県道はここで終わりだそうです。
16]

最後のつづら折れです!
29]

あと少し!
40]

さっきのが最後だと思っていたがもう一つありました。
20]

きつい!
40]

51]

見えた!ゴールだ!
06]

と思わせて左に曲がります(笑)
10]

こっちがホントのゴールです!
26]

DSC_0002

そして、ランチタイムです。
あんマーガリンとコーヒーサンド・・・うまっ ← ふっき~の大好物
DSC_0003
 
 この後、しばらくここにいましたが寒くなってきたので下山・・・
上るときは暑くてしょうがなかったのに下りは極寒地獄です。下りなのにスピード出したくても出せません(´・ω・`)

途中、紅葉を楽しみます。
BlogPaint


そして、家路につきます。間の瀬経由で・・・死にます

古賀のセブンイレブン前を右折します。
58]

紅葉で有名な迎仙閣前から上ります。
今回は脚がかなりつらいので近道します。 
28]

ここから右折して滝の観音へ向かいます。
08]

23]

近道したのであっという間に滝の観音
58]

間の瀬に入りました!
32]

見えてきました。
長崎のプチ ラルプ・デュエズ
01]

15]

バイパス入り口
44]

頂上に到着
今回は電動アシストのMTBはついてきていませんでした(笑)
16]

今回も脚が売り切れたので直進します。
27]
44]

ああっ・・・地味に脚に来ます。攣りそうです"(-""-)"
30]

家の前の上りです。ふぁいとーいっぱーつ!
46]

やっと、家につきました。なんと、ちょうど100km!(端数は切り捨てます)
朝9時30分で出発して15時48分毎到着です。約6時間20分ほどかかりました。
DSC_0011
 
クロスバイクでも五家原岳は上れるようです。
脚を使わないようにできるだけこんなスピードでいいのと思うようなスピードで上らないと最後まで上れません。
あんまり、真似をしないように(笑)
今回は写真多めでした。

Relive.cc


五家原岳ヒルクラム タイムラプス
 

ふっき~です。

本日のお題

「クロスバイクって上れるの?」

クロスバイクといっても色々とあります。

①700Cのホイールのロードバイク寄りのもの
②26インチのホイールのMTB寄りのもの
③その他ルック車と呼ばれるのも

どちらもロードバイクの速さとMTBのタフさのいいとこどりといったものでしょうか?

ふっき~の場合はロードバイクに乗るのは準備が必要だったり、通勤には歩道が走れないなど面倒なことが多々あるので、 ついクロスバイクに乗ってしまうものです。

ちなみにふっき~はその日の気分に合わせて2台のクロスバイクを所持しています。

①Louis Garneau LGS-SIX
②Giant Escape RX3 

この2台はかなり性格が違います。 

Louis Garneau LGS-SIXはお嬢様バイクといったところでしょうか。とにかく軽いギヤ比と太いタイヤで安定感重視で見た目もおしゃれです。フロントサスもついているので段差も楽勝です。

Giant Escape RX3 はどちらかというとロードバイクに近づきたいけどクロスバイクといったとこでしょうか。軽いギヤ比にそこそこ細いタイヤです。

今回は、ある初心者の方が五家原に挑戦して上りきることができなかった。「皆さんの走行ログ見てると、どれだけスピード落ちても10kmを下回らないとか、どんな体力なんだと驚いてます。私が弱すぎるだけなのでしょうが。。。」とのこと。

果たしてそうかなと思って自分もクロスバイクで山を上ってみることにしました。
よりクロスバイク感のある「Louis Garneau LGS-SIX」を選択。
今回はこいつで五家原岳のスタート地点まで行くにはしんどいので琴の尾岳で勘弁してください。
自宅から本川内までは約9km、そして本川内から琴の尾頂上まで6kmです。まあ、五家原岳に比べると半分もないのですが近くの山でのぼれるのはここしかないので・・・
ちなみに標高は琴の尾岳451m、五家原岳1057mです。こちらも半分もないです。

参考程度にしかならないですですね(/・ω・)/

ちなみにふっき~のLGS-6は一部オリジナルから変更しています。
F:42-34-24 → 48-36-26
R:8s → 9s
タイヤ:26×1.95(ブロックタイヤ) → 26×1.5(スリックタイヤ)

とりあえず上ってみました。
自宅から本川内までは割と微妙な下りと平坦です。おおむね25km/hくらいの巡航速度です。ロードに比べると3~4km/h ほど落ちます。

そして、問題の上り!
琴の尾クライムB 6.1km 平均斜度6%
Time:26'55 Ave.Speed:13.8km/h Max.speed:21.6km
ちなみにスピードメータで確認したところ10%を超える傾斜のところは8~9km/hくらいでした。

IMG_20161130_093545

何とか上りきりました。ちなみにフロントはインナー26tは使いませんでした。リアが32tまであるので十分でした。
逆に26tを使うと失速してしまって逆につらい。

ロードと比べると遅いしキツイ!
なぜ、きついかというと車重があるのでおんなじパワーで上っていてもスピードが出ない。
おんなじパワーで上っているのに余計に時間がかかってしまう。
時間がかかると車速が落ちてきてさらに時間がかかるという悪循環です。

初心者にクロスバイクで五家原岳を上れますといったのを反省します。
よほど鍛えてなければクロスバイクで五家原岳を制覇というのはきついです。

罰としてふっき~にはそのうちLGS-6で五家原岳を上っていただきます(笑)

初心者さん安心してください。
五家原岳はクロスバイクで上れないで普通です。ちなみに10km/h以上のスピードで上り続けるなんて不可能です。ロードバイクに乗れば五家原岳なんて楽勝ですよとは言いませんが クロスバイクに比べるとずいぶんと楽なのは言うまでもありません。逆にいうとクロスバイクで五家原岳を上れるようになればロードバイクに乗った時には他のロードバイク乗りを圧倒する脚を手に入れることができるでしょう(^^♪

というわけで下山します。
以前、MTBの方が正規の道でなく山頂駐車場のほうから帰っていったのを思い出して、なんとなくいつもと違う道を帰ってみたくなった。
さすがにMTBではないので林道は無理なので思いついたのが琴の尾公民館前の脇道!
あれってどこにつながているんだろうといつも興味深々でした(^^♪
予想では百石公民館付近につながっているんかな~なんて考えていました。
道路はアスファルトで舗装されているし割と広い道だし・・・
IMG_20161130_094111 

甘かった
突然、アスファルトではなくコンクリートの林道になっています。
ずいぶんと進んできたので後戻りするのもどうかと思いそのまま突き進むことに・・・
IMG_20161130_094633
 
落石も多くかなりやばいです。
ロードバイクだとたぶん進めないでしょう。
さすがにブロックタイヤがほしいと思う道です。
ここまで、かなりの急坂を下ってきたのでもう、後戻りはできません。
こういう時はクロスバイクでよかったと思うのでした。
IMG_20161130_095623
 
海が見えました(^^♪
あれ!?見慣れた風景?
あそこに見えるのは薫助坂ではないか!
予想してたのと違ってかなり南寄りの道を通っていたようです。山の中はホントに方角が分かんなくなります。
危うく遭難するとこでした。ちなみに、ドコモの携帯の電波が届かないところがありました。
IMG_20161130_100447
 
さらに、進むとこんな看板が!
知らなかった。看板を作るならば国道に作ればいいのに(=゚ω゚)ノ
ちなみに右下にビューポイントの案内があるので行ってみます♪
IMG_20161130_100710
 
ビューポイントからの眺めです(^^♪
やはり、季節は冬・・・
IMG_20161130_101345
 
さらに先に進むとなんとハーティヒルズ前に出てきました。
ほっと一安心です。
たまには冒険も楽しいもんです。このコースは夏場にMTBとかでいくといいコースかもしれません。


Relive.cc
 

ふっき~です。

先週の土曜日に五家原岳を上ったはずなのに間の瀬でクロスバイクに敗北して失意のあまり書くのを忘れてました(笑)

一週間遅れの五家原岳登頂記録です♪

AM8:00自宅を出発!
リード100に乗って島原に向かいます!

なぜって?

リード100を廃車にするかどうかを迷っているのですが、とりあえず実家は土地が余っているので倉庫に置かせてもらうことに・・・
そこで、実家に帰った時にescapeを置いてきたのです。
そして、リード100で島原の実家に行き、escapeで自宅に帰るという計画です。

先日、冗談でLINEで五家原に立ち寄りますと連絡したところFUJIさんが五家原まで応援に来るとの連絡あり!
しまった!五家原に上らんといかんくなった~ (笑)
というわけで、実家から五家原岳を経由して自宅に帰ることになりました。

AM9:40に実家に到着!
CIMG4415

30分ほどまったりと休憩して

AM10:10ごろ実家を出発!

まずは堤防道路を目指します。一度、自転車で渡ってみたかったんですよね(^^♪

堤防道路に到着!

今回のBIKEはescape
スペックはコンポとハンドルとペダル以外はすべてノーマル!+スタンド(純正)
激重のホイールと28Cのタイヤです。
フロント:50-34 リア:12-30
ボトル2本
DSCN0423


おおっ!目指すべく五家原岳が見えるではないか(; ・`д・´)
DSCN0424

堤防道路も終了です。結構長かった!
しかも、車がすごい勢いだしトラック多いので走りずらい(´・ω・`)
DSCN0426

 そして、肥前長田駅前の交差点に到着。
五家原に上る前に休憩と補給をします。
ここでLINEを確認。FUJIさんはすでにローソンに到着の模様。
LINEに返信→五家原岳に向かう交差点付近にいます!
すぐに、ローソンから出てくるFUJIさんを発見!手を振ります。
気づいてくれました(^^♪
そして、合流・・・しばらく休憩してからスタートすることに♪

すみませんm(__)m ここからは必死だったので写真ありません。

長田郵便局前をスタート

ふっき~が引いていきます。
しかし、本日はescapeなだけでなく服装も原付で実家まで向かった後なのでレーパンもはかず上はウィンドブレーカーというRIDEする服装ではない。動きにくい(/・ω・)/

白木峰に到着する前に後ろからFUJIさんに追い詰められています。

ふっき~はFUJIさんに「先に行って待っててください」と言って先行させます。
前にでたFUJIさんはどんどん先に行きます。

FUJIさん曰く白木峰を過ぎたところからが本番です。

確かに白木峰までは普段から琴の尾岳をホームにしているので楽勝です(^^♪
しかし、白木峰を過ぎると自然の家付近でかなりの傾斜です。
すぐに、傾斜は緩やかになったのでホッと一息。
FUJIさんからの情報ではこのくらい序の口だそうです。

ラストはかなりの傾斜らしい。

途中、FUJIさんが失速してきたのでふっき~が先行します。
先行してしばらくしてから、傾斜がきつくなってきたのでリアをローに入れたところホイール側にチェーンが脱落( ;∀;)
足をついてしまいました(;´д`)トホホ このときペダルを踏み外してしまい危うく脚が攣るところでした。
かなり脚にきていることを実感。やばいかも?

脱落したチェーンをはめているとFUJIさんに抜かれてしまいました。
チェーンがはまったところで気を取り直して上ることに
FUJIさんに追いつきました。追いついてすぐのところで苔むした路面で滑ります(;^_^A
その後、どんどん頂上にむかって上りますが脚がかなりヤバいことになっています。
とにかく上にいくほど傾斜が上がっていきます。15%を超える区間も!

そして、やっと電波塔が見えました(^^♪
やっと、ゴールだ!と思ったら・・・さらに続きがあります。しかも、傾斜がさらに上がります。
ゴールと思ってうれしくてペースを上げたとこだったのでかなりのダメージです。

どんだけ行けばゴールに着くんじゃ~と叫びたい気持ちを抑えながら
しかも、攣りそうな脚をだましだまし上ってやっとゴールに!

ホッとしました・・・しかし、この脚で自宅まで帰り着くのか?少々不安になります。
帰りはどの道を選択するか。悩みます

①琴の尾岳経由
②間の瀬経由
③矢上経由

しばらく、悩んでいるとFUJIさん到着。お疲れ様でした。
DSCN0427

そして、しばらく休憩してから帰路につくのでした。
脚が残っていないので帰りはゆっくり行きましょうとお互いに確認します(^^♪

五家原岳の下りは苔むしていて滑ります。かなり気を使いながら下りました。

長田のローソンで補給と休憩をします。

そして、究極の選択!

ピンポン!!!!!
②の間の瀬経由

で帰ることにしました。
①だとFUJIさんに負担をかけそうだし、だらだらと上るよりも一気に上りが終わったほうが楽だろうという考えです。

そして、二人で矢上を目指します。
ふっき~が引きます。というよりもFUJIさんを先行させるて爆速で行かれてはいけないので・・・
途中、FUJIさんに引きましょうかといわれるがついていけないと判断し大丈夫ですよとやんわりお断り(笑)

そして、滝の観音入り口でお別れ。FUJIさんお疲れ様でした(@^^)/~~~
ここからは、一人で間の瀬へ向かいます。
大丈夫かオレ!

とにかく、警戒しながらゆっくりとのぼります。
脚が攣りそうです。そこをだましだまし上ります。
そして、上りきったところで写真を撮ろうと思って後ろからの車を確認した時に愕然としました。
内容は前の記事を参照してください。

前の記事

写真を撮るタイミングを逃してしまい。絶望のなか山頂から下ります。
この時の気持ちは負け犬と逃亡状態です。

疲労と絶望が入り混じった状態で家路までが非常に遠く感じます。
なんとか自宅に到着することができました。

ホントになんて日だったんだろう。
五家原岳を制覇したことよりも間の瀬でクロスバイクに完敗したことの大きかった一日でしたw

Relive.cc


bryton
http://www.brytonsport.com/mapTrackView?id=9827287

Strava
 

このページのトップヘ