R-LR Road Cycling

長崎の自転車LOVE♡な人あつまれ(^^♪

タグ:ライト

ふっき~です。

先日、ジェントスのライトを購入したばかりですが・・・
200lmでは暗くてロードバイクでは危険ということが判明

そこで、もう一灯追加することに
アマゾンでぽちりました。

ジェントスの同じものを買うのも何なのでちょっと冒険してみることにしました。
聞いたこともない中華製のメーカーで電池も見たことないものです。



注文から二日で届きました。
PB211599

アマゾンの箱を開けると商品が出てきました。
お値段はタイムセールで¥1,903(送料込み)でした。
中華製に2千円もかけるのかと後でちょっとだけ後悔 

う~ん・・・

しょぼい箱に入っています。
開けてみました。
DSCF0297


先日、ジェントスのライトを買った後なので作りのちゃちさが際立ちます。
本体・充電器・ライトホルダー・ストラップなどすべての作りがしょぼいです。

説明書すら入っていませんでした。

DSCF0299

電池をセットしようとすると本体に+と-の向きが書いていない。
LEDなので逆向きだとつかんだろうと考えとりあえず+側を奥に入れてみます。

光りました。

明日、晴れたら仕事の帰りに試してみます(^^♪
 

ふっき~です。

最近まで、夜に自転車に乗るなんて思ってもいなかった。
練習したいんです。

今までは通勤用のクロスバイクにはとりあえずついてればOKみたいなものを付けてました。

【CATEYE】キャットアイLEDライト HL-EL210 シルバーB-87  (防犯グッズ、自転車ライト、照明)
【CATEYE】キャットアイLEDライト HL-EL210 シルバーB-87  (防犯グッズ、自転車ライト、照明)

はっきり言ってここに自転車いますとアピールする程度のライトでほとんど夜間走行には適しません。
調べてみると約140カンデラだそうです。

カンデラって何?・・・わかりません。

今回はロードバイクで使えそうなライトを探してみました。
普通に探すとキャットアイのVOLTシリーズでしょう。

しかし、ブログのネタとしては面白くない。
いろいろ探してみると最近は充電式が主流らしい。

というわけで乾電池式でVOLTではないものを探すとジェントスに行きつきました。


こいつを購入しました。
自分の使い方としては電池交換ができたほうがいいです。 ちなみにエネループが公式に対応になっています。

 ネットで注文→3日でつきました。
IMG_20161103_202127

IMG_20161103_202256

 やっぱ専用のマウントがついているのがGoodです(^_^)v

早速、テストしてみました。
ここからは写真がありません。

テストは通勤のついでに琴の尾岳を周回してきました。
17:40に職場をスタート!
スピードが出ないようにルイガノちゃんで行きます。

まだ、空はほんのり明るいです。

そして、松の頭トンネルまでの上り!
明るさ的にはヒルクライムには十分な明るさ。

トンネルを過ぎてダウンヒル!
全く明るさが足りない。
30km/h以上のスピードでは目線が遠くになるのでとてもじゃないが明るさが足りず減速せざるおう得ませんでした。

そして、伊木力クライムに入ります。
結構暗くなってきました。
ヒルクライムには十分な明るさです。

かに坂クライムでは途中に竹藪があります。さすがにここまで暗いと光量が足らないようなきがします。

堂崎を過ぎて喜道庵までくると街灯ぼちぼち設置されています。

街灯があればそこそこ走れます。

結論としてはロードバイクで使うには不十分だということがわかりました。
200ルーメンでは足らないようです。
素直にVOLT400以上を買うべきだと思いました。

しかし、怖がりのふっき~は暗さよりも一人で暗闇の中を走るのとっても怖かったのでした。
お化けが出ないかドキドキしながらのライドでした。

でも、収穫はありました。
満永~喜道庵までは街灯もあるの十分に走れる!しかも、お化けを気にしなくてよさそうなくらいの交通量!
やっぱ交通量は重要(笑)

追記
ちなみに今回eneloop lite(950mA)を使用したら1時間しか電池が持ちませんでした。
やっぱ、eneloop(1900mA)は白いやつを使わないと無理そうです。
IMG_20161107_202827

 ちなみに、ルイガノちゃんで琴の尾岳周回すると1時間4分かかりました。
しかも、疲れた。リュックをからっていたのも原因かも。 

このページのトップヘ