R-LR Road Cycling

長崎の自転車LOVE♡な人あつまれ(^^♪

タグ:ヒルクライム

こんにちは ふっき~です。

ふっき~は雨男と評判でしたが今回は晴れです。しか~し・・・11月とは思えない寒波到来です。12月下旬並みの気温です。やはり、ふっき~は悪天候を呼びます(笑)

本日の目的地は1000m級の五家原岳です!
先日、めがね坊主さんは一足先に上ってさらにあっさり1時間を切るという速さをふっき~に見せつけているのでした。※前回の記事をご参考ください。



AM9:00に歴史文化博物館前に集合の予定。

予定は未定といいますがふっき~は朝から用事ができて集合場所には行けず間の瀬経由で一人で五家原岳の入り口であるみのり会館前の集合場所に向かいます。
このとき、もう一人集合場所に間に合わず一人旅の人がでました。FUJIさんです。

AM9:05 ふっき~は自宅を出ます。全力で行けば間に合うが五家原は上れんなとジレンマに陥りながら間の瀬を越えます。古賀までは約50分で到着!まあまあの時間です。

歴分を9:00に出発したとすればここは9:40ごろには通るはず。ということは「みんなは先を行っているはず」と先を急ぎます。

みのり会館には10:30の集合予定!

間に合わない!いそげ!

ふっき~は10:40に10分遅れでみのり会館に到着。

すんません!

と思ったら、ぎんじくんとこーいちさんしかいない。現地集合組だけです。

しばらくして、遅れて出発したFUJIさんも到着?

ふっき~:「歴文集合組は?」
FUJIさん:「会いませんでしたよ・・・」

皆さんどこへ行ったんだろう?と話しているとしばらくしてから歴文集合組も到着しました。
みなさんはパン屋さんで休憩していたそうです。
さらにしばらくしてパン屋にサングラスを忘れたとかでKAZUKIくんとITOさんが到着。

全員集合しました。
今回は大所帯です

ふっき~ FUJIさん きたじさん ぎんじくん ITOさん KAZUKIくん こーいちさん MORIMORIくん ふなっしーちゃん SYOGOくん

総勢10名です。

IMG_20171119_114137

スタート前に走る順番を決めます。今回は10名中7名が山頂まで3名は白木峰までです。
ふっき~はふなっしーちゃんに白木峰まで1~2kmだよ近すぎるよ話してました。←嘘つきました(笑)走り出してすぐのところに白木峰まで4.?KMの看板・・・心の中ですんません!と謝るのでした。

スタートは2~3人づつでウェーブスタートです。
ITOさん MORIMORIくん こーいちさんがスタートします。
5分遅れできたじさん スタート
10分遅れでFUJIさん スタート
15分遅れでふっき~ ぎんじくん スタート

ふっき~が先行する形でぎんじくんとスタートするも上りに入った途端にあっという間にぎんじくんに置いて行かれます(T_T)

少しでも離されまいと必死で食い下がりますが酸欠状態になり口の中は血の味がします。
ヤバい!山頂までもたないかも?

白木峰までは見えていた背中も少年自然の家に着くころには見えなくなっていました。

背中が見えたと思ったら先行スタートしたこーいちくんが見えてきました。
少し行くとMORIMORIくんとFUJIさんとITOさんそしてきたじさんも見えてきました。

ぎんじくんはだいぶ前にかわしていったとの情報です。
う~ん、若者は先行逃げ切り型で後半が弱いはずと考えていたふっき~の予想は外れていました。
まず、我が子と同じくらいの高校生と張ろうというのが年寄りの冷や水というものです。反省しなくては(笑)

後半は一人旅です。前にも後ろにもだ~れも見えません。たまに車が通ります。
一人だとダレます。途中で脚が止まります。しかも、傾斜が上がります。

無線塔が見えました。やっと着いた~と一安心したが、急に斜度が上がります。ありえない!
斜度が高すぎるせいかつづらになっているので先が見えなくなりました。
やった!のぼった!とこころにゆるみが出たときにこの斜度15%?越えはありえん

何とか頂上に到着。結局ぎんじくんの背中は見えませんでした。
ぎんじくん曰くつづらで私の姿を確認したとか?ということは最後に見つかっていなければ追いついていいたかも?

line_1511064443791

IMG_5830


半端なくきつかったです。結果は帰るまでわかりませんがギリ1時間のようです。
ほどなくしてITOさん きたじさん MORIMORIくんが到着。
IMG_20171119_131513

IMG_20171119_131641

しばらく待っても誰も上ってきません。
FUJIさんからLINEに「ハンガーノックで止まってます。待ってないで降りてきていいですよ」
こーいちさんからLINEに「脚が攣った!」

助けるべくしてみんなで下山することに気温は3℃長居するのも危険です。
すると、すぐにこーいちさんが下から上ってくるではないですか。

ふっき~:「脚は大丈夫と?」
こーいちさん:「大丈夫みたいです。」
ふっき~:「この先、斜度がぐんと上がるけど大丈夫」
こーいちさん:「行きます!」

こーいちさんは男を魅せ上り続けるのでした。

そして、さらに下るとFUJIさんがみんなに囲まれています。
なんと下山するどころかハンガーノックで動けずとどまっていたそうです。
IMG_20171119_140507

みんなで持っているだけの食料を提供するのでした。
こういうこともあろうかとふっき~はPOWERGELと塩タブを持っているのでした♪

しばらくしてFUJIさんも何とか起き上がれたがホントに動けなかったそうな。
ハンガーノックは恐ろしいです。
その後も、震える脚でなんとか下山することができたみたいですが無理をせずこーいちさんに頼んで車で送ってもらうことに。
IMG_20171119_144126

IMG_5831

IMG_20171119_145926

IMG_5838


そして、帰路につくのでした。
FUJIさんコーヒーおごってくれてありがとう(^_-)-☆

帰ってから五家原クライムの結果を見ると嬉しいやら悔しいやらです。
何とか1時間切りには成功していたもののめがね坊主さんに負けてました(T_T)
いつかリベンジしてやるっす!



こんにちは ふっき~です。
 
久しぶりに TREK5500に乗りました。というか今年になって初めて・・・?

最近はescapeを指定されたりとなんか乗る機会がなかった。久しぶりに乗ると違和感すら覚える。
ロードバイクとクロスバイクではポジションがかなり違うんだなあとあらためて思うのでした。

というわけで本日はAとく君と二人でインターバルトレーニングをすることに
はじめは間の瀬にという案もあったが先日の雪でもしかしたら凍結している可能性もあるということであぐりの丘に決定。

10:00に北陽公園に待ち合わせ
ふっき~は自宅そばなので10時なってから出発するのでした。
とういのも待ち合わせ場所が近すぎたので寝坊してしまいぎりぎりの時間となってしまったのである。
ホイールを山登り用に換えようと思っていたが時間がなかったのでそのままロングライド用のホイールで参加するに羽目に・・・Aとく君は速すぎるの出来るだけ軽くしたかった。

北陽公園に行くとすでにAとく君は到着している。

早速、あぐりの丘への登り口に向かいます。

一本目はコースを知ってもらうために
ふっき~:「ゆっくり、上るね」
Aとく君:「お願いします」

と一本目開始

ふっき~は口ではああ言ったが実は全開で上ります(笑)

しかし、Aとく君は余裕でついてきます。恐るべし!

そして、あぐりの丘に到着!

一応、コースの説明と注意する場所の促しを行って一本目を終了。
※あぐりの丘ヒルクライム


ちなみにとんねるがあるのでサイコンの設定でGPSではなくセンサー優先にしていたらスピードがとんでもないことに!!!
bryton Rider330とガーミンのスピード/ケイデンスセンサーは相性が悪いようです。
キャットアイのセンサーは問題ないのにガーミンのセンサーはスピードが2倍になってしまうようです。
しょうがないのでGPS優先にします。

二本目はAとく君を先に行くように促すがいかない・・・と思っていたら少し遅らしてスタートしたにも関わらずすごい勢いで迫ってきます。追いついてたと思ったら霊園前をすごい勢いで上っていきます。まるで、カンツェラーラかパンターニ のような勢いです。

ふっき~は「待って~」叫びたいところですが斜度12%の坂ではゼーゼー状態で声も出ません(苦笑)
あっけなく置いていかれます。
まさに圧巻の速さでした。 

そして、二本目終わって下山したところでITOさんが車で出現!
(すみません老眼のため裸眼では顔が見えませんでしたm(__)m)

そして、三本目! ふっき~先行で少しハンデをもらいスタート!
後ろから追いつかれるのをドキドキしながら逃げます!
ハンデ戦で負けるのはかなりの屈辱です。
頑張って回しますがさすがに3本目ともなると脚に来ています。
しかし、Aとく君の姿は見えません。
何とか逃げ切り成功でした(^^♪

そして4本目!
ふっき~はまたしてもズルしてAとく君が下りきる前にスタート

式見ハイツに到着またしてもふっき~逃げ切りかと思ったがAとく君は来ません。
しばらく、待ってみます。待ってると雪が降ってきました。

もしかして機材トラブル?
あまりここにいると体が冷えるので下山することに

下山するとスタート地点でAとく君は「膝が痛くなりました」とのこと

本日は5本の予定でしたがここで終了。

雪は写っていないですね・・・
P2121745

本日のタイム
ふっき~:12'44 - 12'44 - 12'48 - 13'44
Aとく君:12'46 - 12'08 - 12'21 

タイムから見てやっぱAとく君は速い!
お疲れさまでした。膝は早く治してね(^_-)-☆ 

ふっき~です

今日はブログを書く予定ではなかったのですが考えていたよりも違いがあったので書いてみます。

先日、琴の尾岳で職場の「OLYMPIC OR700 」にてパンクを経験しました。
本日、自宅に持ち帰りパンク修理・・・とても古いチューブが入っていて一度パンク修理をしたのですが別の場所がさらにパンクというアクシデント。仕方なくチューブ交換しました。

そして、タイヤも大変なことになってました。
 
P5151410
 
P5151413

溝はまだ残っていましたがビードがボロボロです。さすがにやばいかな?

というわけでTREKで使っている。サーファスのセカを外してつけてみました。
どっちもあんまり変わんないグレードの安物タイヤなので特に気にもしてなかったので写真も撮ってませんでした。
付け加えるとリムテープも40年交換されていないのでスポーク部分の穴でへこみまくりでした。
リムテープなんて持ってないのでとりあえず100均の粘着力が弱いビニールテープで代用。

そして、職場に戻すためにとりあえずジャージに着替えて(昨日頑張ったので今日は走るつもりはない。 )、ヘルメットもサングラスもかけず出発。

んっ?いつもと違うんじゃね? タイヤを交換したので当たり前です。
何となく、速く走れる気がしてきた。

ジャージ・Tシャツ・スニーカー・ヘルメットなし
近所のおっさんがちょっと運動しようかな、みたいな格好です。
しかも、40年前のクロモリでダブルレバーで2×6速のロードバイク
たぶん、こんな格好のおっさんにヒルクライムで負けたらへこむでしょうね(笑)

まあ、ヒルクライムならスピードでないしいいか(^^♪
琴の尾岳に向かいます。
おおっ!ぐいぐい上る感じがします。あくまでも感じです・・・

新しいタイヤは転がりが全然よくなるんですね。知りませんでした。
さらに、グリップが心なしかよくなったような気がします。ブレーキがよく効きます。 

ここまで、タイヤ交換で違いを感じたのは初めてです。自分の感覚もレベルアップしてるってことか?

ちなみに家に帰ってセグメント見てみると
琴の尾B Climb
ガーミン:22分29秒
ストラバ:28分41秒 (休憩時間まで入ったのかな?)

ガーミンを見る限りではプライベートベストでした。


 
タイヤ交換は
グリップの回復
転がりの回復
などあるようです。山が残っていても古いタイヤは交換し方がいいようです。 

ふっき~です。
待ちに待った ヒルクライム大会 in 雲仙
いよいよ開催です(^.^)

といっても3人で山登りしただけです(笑)

IMG_0648

AM 8:00 準備を終えて自宅を出発!

待ってろよ 雲仙! 


IMG_0650


AM 9:40 百花台公園第8駐車場に到着

BIKEを組み立てて集合時間を待ちます。

AM10:00 全員集合!

メガネ坊主さんはフルアルテグラにアップグレードしたがノーマルクランクのためヒルクライム対応できるか!

ウッチーさんは新兵器のBIANCHI NIRONEを投入!しかし、久しぶりの参加のため体力に不安あり!

ふっき~は普段は鉄下駄のWHR-500にさらにワイヤービードの重いタイヤだが本日はWHR-7700 +PRO3で軽量化!

BlogPaint



AM10:30 いよいよスタートです。

本日の参加者は3人
めがね坊主さん、ウッチーさん ふっき~ (私)
以下敬称略でお願いします。

スタート直後はメガネ坊主が飛び出します!どんどん加速しすぐに点となってしまいました。
ウッチ―は体力に不安があるためゆっくりとスタート!マイペースで上ります。
ふっきーはメガネ坊主を追いかけますがどんどん離されます。まだまだ身体が温まっていない。 

今回は吹越トンネルまでを第一ポイントとして仁田峠循環道路入口までゆっくり移動
そして、仁田峠を第2ポイントとして予定。
※仁田峠の料金所の係員からミヤマ霧島が見ごろで車両が多く危険といわれタイムアタックは中止してゆっくりと上ることになりました。

スナップショット 5 (2016-05-14 20-04)


そして、スタートから約5km地点でめがね坊主が見えた!
ここからふっき~は一気にアタックをかけます!

スナップショット 4 (2016-05-14 20-03)

約6km地点で並びます。しばらく並走して前に出ます。

BlogPaint


そして、ここでふっき~は「雲仙まで9kmあるのか~!」と叫ぶ!
実は吹越トンネルまでなので残り3kmです。
めがね坊主の戦意を削ぐ作戦!(心理作戦です。)

ごめんね(笑)

ここで戦意喪失しためがね坊主を置き去りにします。

スナップショット 3 (2016-05-14 20-02)


そして第一ポイントの吹越トンネル!
ふっき~悲願の「打倒!めがね坊主」を達成しました。

今回のふっき~の秘密兵器は軽量化! 

WHR-7700 +PRO3で軽量化と先に書きましたが、本当の軽量化はダイエット!
なんとピーク時から9kg減、BIKE1台分くらい軽量化してました。

自分がゴールしてすぐにめがね坊主がゴール!
そして、ウッチ―も無事ゴール!

しばらく、休憩をして仁田峠に向かうことにします。
仁田峠の料金所にて今日は交通量が多く危険ということが判明。
タイムアタックは中止!ゆっくり、安全に上ることに 

RIMG0017


そして、3人無事に仁田峠に到着!
お天気もいいし風が気持ちいいし花もきれいです(^.^) 

IMG_0653

気持ちよく下って百花台公園に到着。
みんな無事に帰ってきました。 

みなさんお疲れさまでした。
※多分にふっき~的妄想の入った回想録でした(笑)

百花台公園 - 吹越トンネル のセグメントはこちら 



吹越トンネルまで4倍速!(時間が長いので短縮してます。)速度の調整をしてください。
 


 

開催日:平成26年5月14日(雨天時は5月28日に延期)
スタート時間:10:00集合 10:30スタート
スタート地点:百花台公園「であいの広場駐車場」
ゴール地点:仁田峠
計測:ガーミンコネクトまたはSTRAVAなど(検討中)

スタート地点はここです(^^♪
DSCF0259


コース図は以下を参考にしてください。

このページのトップヘ