R-LR Road Cycling

長崎の自転車LOVE♡な人あつまれ(^^♪

カテゴリ:坂バカ♡ > 活動記録

めがね坊主です。

大村湾ZEKKEIライドまで、およそ一か月となりました。

ZEKKEIトレもボチボチしているところです。
「ZEKKEIトレ~大村湾グリーンロード~報告」
 http://r-lr.blog.jp/archives/25178877.html

さて、先日のトレの際、グリーンロードより上にある野岳湖に行ってみようかなぁと
悩んでいたところ、R-LRのメンバーより「鉢巻山のシャクナゲがきれい」との情報が・・・。

めがね坊主はシャクナゲには興味はないのですが、けっこうな斜度とのこと。
(※グーグル先生のストビューでは見れません)
R-LR坂バカ連合としては、「行くしかあるまい」と行ってみることにしました。

グリーンロードより上は斜度が一段と上がりますね。
※今日のインナーローは36T×28Tでした

しばらく登ると、「鉢巻山展望所」の看板があるので、そこを左折。すると、すぐに次の看板とピザの旗があります。

ここからが、けっこうな斜度でした。
平均勾配は、15%前後でしょうか。(10%以下の場所は、ほぼありませぬ)
距離は1km弱です。死ぬ気でダンシングするしかありませんでした。
道は狭く(グーグルストビューがないのも判ります。だって、車行ったらダメでしょ!!ぐらいの狭さ)、時々、車が降りてきた時は青ざめます(ToT)

なんだかんだで、
DSC_0121
到着~!!(満足なり)

興味はないけど、シャクナゲを一枚パシャリ
DSC_0124

それと、なんだかわからない「愛」と「誓い」のオブジェをパシャリ
DSC_0123

さぁ、後は帰るだけ・・・。けど、足は終わってま~す。それでは、また(^_^)/

鉢巻山走行ログ



めがね坊主です。
11/5(日)開催の大村湾ZEKKEIライドのコースを(一部)試走しました

▼今回のコースはコチラ


さて、グリーンロードを初めて走行しましたが、なかなかの難所となりそうです。
野岳入口からグリーンロード入口までの登りは平均斜度7~8%程度のようです。琴の尾岳を登れるなら問題なくクリアするでしょう。ただ、頑張り過ぎると足が終ってしまいそうなので注意が必要ですね。

グリーンロードに入ってからは、アップダウンの連続となります。※平均斜度は参考になりません。

しかも、短いアップダウンではなく、割と長めのアップダウンも多く、下りの勢いのまま登りきるには難しいと思います。グリーンロード後もライドは続くので、無理は禁物です。
めがね坊主も、今日は登りは全てインナーに落として走りました。
※ちなみに、今日のインナーローは36T×25Tのギアでした。
 当日は、34T×25Tまたは36T×28Tに変更予定です。

予想通り、最難関となりそうなグリーンロード。
タイムロスを少しでも少なく出来るよう、チームメンバーと協力して乗り切りたいです(^_^)

めがね坊主です。

久々に時間がたっぷり取れたので、湾一(LSDトレ)を行いました。
今回は、平均25km/h前後でじっくりゆっくりライドです。

今週末には島原一周ライドがあるので、ゆっくり休みますzzzz



前日の通勤ライドと一緒になってますね。実際は130km程度です(^O^)

お久しぶりのふっき~です。

本日は崎戸町までのポタリング 

滑石の徳洲会前に8時集合
ふっき~ FUJIさん ふみちゃんの3人
本日はおじさん組です(笑) 

まずは中継地点であるポートホールン長崎まで走ります。
ふっき~の見事な時間配分にて脚を使わずしかも時間通りにポートホールンを目指します。
AM9:30に到着予定がなんとAM9:32に到着
素晴らしいペース配分です(自画自賛)

そして、ここでITOさんと合流します。
IMG_20170423_093736
 
ここから4人で走ります。
しかし、ふみちゃんは午後からテニスがしたいと大串でお別れ。お疲れさまでした。
そして、大串からは3人で崎戸町を目指します。

崎戸町まではできる限りアップダウンを避けてゆったり走ります。
小迎交差点から崎戸町方面へ下ります。
そして西海中学校を通り大島大橋を目指します。
ほんとにこのあたりの海岸沿いは車も少なく走りやすい。しかも、海はマリンブルーで美しい!
景色最高!路面も割ときれいで走りやすい。
ITOさんなんかスプリンター張りの最高速アタックをする有様です(笑)
そして、大島大橋に到着!
IMG_20170423_104707
 
大島大橋を過ぎて寺島上陸と思ったらすぐに大島に到着
ファミマで休憩します。
寺島 → 大島 → 蠣浦島 → 御床島
崎戸町って4つの島からなっていたんですね。私は一つの島だと今まで思ってました(反省)
蠣浦島 → 御床島の順に33度線展望台を目指します。

33度線展望台に到着!
若干のアップダウンはありましたが海はきれいだし、走りやすいし、もう最高です!
IMG_20170423_121225

IMG_20170423_120320
そして、帰路につくのでした。
ポートホールン長崎までは楽しかったのもありますが思たよりも楽でした。
そして、ITO号のサポートカーにFUJIさんとふっき~は便乗させていただき家路につくのでした。
残り30㎞を車で楽々移動で気分的にうんざり気分から解放されて帰り道もニコニコでした♪

ちなみに、ポートホールン長崎は外国の方々に占拠されており駐車場が使いにくくなっていました。
次回から、西海方面で集合する際は別の場所を考えています。
候補は
①バイオパーク駐車場
②西海の丘公園(https://goo.gl/maps/fu8raKKpSsK2)

ふっき~です。

今回はR-LRの坂バカども一堂に集まり坂を楽しむという、苦しくも楽しいイベントを開催するために結成する。
しかし、会長のめがね坊主さんは諸事情により参加できず。残念である。

AM9:00
集合場所の昭和町ローソン
ふっき~がついた時にはすでにITOさんとFUJIさんは到着していました。
58]

ほどなくして全員集合!
本日の結成式には
ふっき~・FUJIさん・ITOさん・U太郎さん・Aとく君の5名が集結!!!!

ふっき~が本日の趣旨を説明・・・説明不要でした。

 58]

いざ、出発します。昭和町から川平方面に向かいます。
49]
04]

そして、坂!第一弾 「峠の坂」
距離
0.9km
平均勾配
9%
最低高度
92m
最高高度
180m
高度差
88m
クライムカテゴリー
4

まず、前菜ののサラダ程度に上ります。
スタート位置につきます♪
50]

 先ずはITOさんが先行します!
09]
いきなり差が広がります!!!
ITOさんの先行逃げ切りかと思われたその時!!!
右側からAとく君が出ます!!
43]
47]

と思ったら一気にITOさんとの間を詰めます。
すげ!この間約15秒!!!
57]
そこへこっそりと忍び寄るふっき~(忍)
05]

20]
まあ、Aとく君が手を抜いてふっき~に花を持たせてくれたところでしょう(笑)
37]

そして、ここからが本番!いわゆるメイン料理①
西山から矢上へと抜ける山越えルート
セグメント名は「西山CLIMB」
距離
4.7km
平均勾配
5%
最低高度
65m
最高高度
325m
高度差
259m
クライムカテゴリー
3


スタート位置につきます。
ここはFUJIさんのホームコースなのでポールポジションはFUJIさんです。
43]

02]
27]
FUJIさんはスタートから猛然とダッシュ!
42]
そこへAとく君も追撃開始!
00]
あっという間に小さくなります。
07]
14]

33]
Aとく君はあっという間にFUJIさんを捉えたようです。
43]
しばし、作戦でしょうか?FUJIさんの出方をうかがっているようです。
50]
56]
というのもつかの間であっという間に引き離しにかかるようです。
09]
ふっき~もAとく君を追おうとするが奮戦むなしくどんどんと差が開きます。
あっという間に豆粒のように小さくなってしまいました。
18]
もう姿かたちありません・・・
26]
14]
そして西山クライムのゴール地点
45]
Aとく君発見!
Aとく君が「たのしい!」連呼していました。
よっぽどヒルクライムが気に入ったのでしょう。
これで君も立派な「坂バカ同好会」の会員です(笑)
49]

集合場所の中尾ダム直売所に向かいます。
発破作業?こえ~
45]
集合場所に到着
みんなが集合するのを待ちます。
次々に集まります。
02]
50]
06]
峠を下り切ったファミマで休憩を補給を行います。
15]
00]
37]
そして本日の最終イベントともいうべき間の瀬へ向かいます。
06]
26]
32]

坂 第3弾!メイン料理②
セグメント名は「間の瀬クライム」

距離
3.7km
平均勾配
6%
最低高度
95m
最高高度
324m
高度差
229m
クライムカテゴリー
3

さあ、滝の観音入り口です。
ここからがスタート!
56]
セグメントに突入するや否や間髪入れずAとく君は飛び出します。
00]
ふっき~も遅れまいとするが時すでに遅し・・・
08]
見えなくなってしまいました。
24]
つづら折れで見えるかと思ったがここでも確認できずorz
56]
一人旅で必死に上ります。
11]
34]
やっとゴールが見えました。
53]
Aとく君はすでに休憩モードです。
悔しいぞ!
58]
そして、みんなが集まるのを待ちます。
13]
FUJIさんがゴールした後なかなか帰ってきません?
なんとITOさんとU太郎さんが接触したとのことでした。
今回は大事には至りませんでした。
車間距離には気を付けましょう。
29]

みんながおなか一杯になったところで
本日のデザート的クライム
セグメント名「けやき台クライム」
距離
1.1km
平均勾配
9%
最低高度
-12m
最高高度
87m
高度差
100m
クライムカテゴリー
4

ここまでは私とAとく君が先行する形で上ったので、みんなAとく君の鬼神のごときクライムを見ていない。そこで、最後にふっき~がスタート順を決めることに
FUJIさん→U太郎さん→ITOさん→Aとく君→ふっき~の順にスタート
15]
19]
23]
32]
さあ、ここからがスタートです。T字路で車をやり過ごしたので前とは少し差があります。
後ろからAとく君のヒルクライムを堪能しましょう(^^♪
36]
54]
油断するとあっという間に見えなくなります( ;∀;)
03]
すでに前の二人に追いついたようです。
FUJIさんは逃げ切れるのか?
13]
23]
28]
31]
36]
逃げ切れるはずもなくFUJIさんはAとく君につかまっていました。
41]
 あっさりとかわしていったようです。
45]
20秒後にはこの差です。
53]
見えません(T_T)
05]
14]
そして、みんなもゴール(*^^)v
30]
41]
しばし、女の都の峠で本日の坂バカ同好会の会議を行うのでした。
単なる世間話ですけど(笑)
51]

そして先ほどの坂が最後と思わせておいてプチクライムが待っています。
ここは距離が短すぎてセグメントは作れませんでした。
00]
一番元気だったのはなんと!ITOさんでした(*^^)v
09]
でも、坂バカ会員になりたてのホープAとく君は逃げを許しません(笑)
12]
二人とも行っちゃいました(笑)
17]
27]
そして、最後に浦上水源地のファミリーマートで解散し、それぞれ家路につくのでした。
と思わせてU太郎さんは一人県民の森へと向かうのです。
これだけ上ってもまだ上り足りない。
前人未到の激坂を求める新たなる坂バカ♡の誕生でした。
11]
18]

本日の坂バカ同好会の議事録
峠の坂 西山 間の瀬 けやき台
Aとく君 4'59 17'00 12'22 4'21
ふっき~ 4'56 17'40 13'56 4'52
FUJIさん 5'23 20'55 15'58 5'39
ITOさん 5'56 21'46 39'10 5'32
U太郎さん 6'00 21'23 39'07 6'24

Aとく君は西山とけやき台はKOMです。
めがね坊主さんやっつけちゃってください(笑)

みなさんお疲れさまでした。
本日の坂バカ同好会の活動でほんとに皆さんの坂を愛する心が伝わってきました。
美しき坂バカの世界に足を踏み入れてしまいました(笑)

本日のルート
 

このページのトップヘ