R-LR Road Cycling

長崎の自転車LOVE♡な人あつまれ(^^♪

カテゴリ:機材 > 整備

めがね坊主です。

先日の練習会の際、後輪ホイールのフレ(ガタ)が判明し、玉当たりの調整に挑戦しました。
http://r-lr.blog.jp/archives/9965651.html

メンバーの話によると、玉当たり調整は、ダブルナット方式等、ホイールやメーカーによって色々あるようです。

めがね坊主のホイールは、「シマノRS81-C35」です。
このホイールは、「デジタルアジャストシステム」というタイプであり、アーレンキー2本のみ(専用工具不要)で調整出来る素人バンザイのホイールらしいです。
※詳しくは、他サイトを参照して下され。

早速、めがね坊主も挑戦した結果、
P1040928
無事バラすことが出来ました。

玉当たりの調整もつまみを回すだけと非常に簡単でした。
さすが、世界のシマノですね(●^o^●)


さて、通勤中にアルテチェーンが切れてしまい、絶望感のめがね坊主であります(゜_゜)

このところ、R-LRのホームグランド周辺をタイムアタックし過ぎて、チェーンに負荷をかけすぎたせいなのか、またはセッティング不足は分かりませんが、いずれにしても、チェーンがないと自転車は走らないのです。

しばらくは、クロスバイク(エスケープRX3)で通勤しました。

以前、ふっき~様より、「やっぱチェーンはデュラエースが良いよ」との悪魔の囁きがあり、めがね坊主も、『次のチェーンはデュラにしよう』と決めていたので、早速、購入しました。

SHIMANO(シマノ)シマノ CN-HG901 11S 116L ICNHG90111116




送付先は、いつものように職場にしていたら、都合よく、本日の仕事中に到着!!
早速交換せねば。

【作業1】 チェーンを適切な長さにカットする。
42

上がアルテチェーン。下が新たなデュラチェーンですね。
アルテチェーンは、コネクタピンのところで切れていました。(ピンが外れた?折れた?)

ともあれ、チェーンの長さは、カセットの歯数によって調整する必要がありますが、今回は、アルテチェーンの長さに合わせてカットすることにしました。

56

チェーンカッターでカット後、まずまずです。

【作業2】 チェーンを通す。
05

まずは、フロントディレラー側に通し、インナーの内側に落とします。
そして、カセットを回し、ガイドプーリー、テンションプーリーに通します。

チェーン交換は初めてなので、脂がベトベト付きました^_^;

36

よし!OK!!

【作業3】 チェーンを繋ぐ
13

このコネクタピンでチェーンの両端を繋ぎます。

50

チェーンカッターでピンを押し込んだら、飛び出た部分をカット。

48

完成!!!

後は、ギアチェンジの調整をして、終了ですね。
実走しながら調整するということで、そろそろ仕事に戻らねば。

こんにちは ふっき~です。

ここのところお天気もいいのにサボっています。
というか家族サービスのため自転車乗れません。

ちょっと時間を見つけてホイールの整備をしてみます。

本日はSHIMANO WH-7700をばらしてみたいと思います。
DSCF0292
 
まずはハブスパナ2本でハブを分解します。
初めて分解します。たぶん構造はWH-R500とそんなに変わんないだろうと思っています。

清掃用にフィルタークリーナー 潤滑用にウレアグリースを用意しました。
ちなみにどちらもAZ製です。

P7251464


分解してみると構造はWH-R500と同じカップアンドコーンでした。
以前、OLYMPICのハブをバラシタときはグリースが固まっていてさらにロックナットは閉まっておらず手で回るというとんでもない状態だったのですが今回はグリースもほとんど汚れていないきれいな状態でした。

中に入っていたグリースは少し緑っぽかったのでたぶんDURA ACEグリースあたりかな?
DURAグリースもあるのですが今回はAZのウレアグリースにしてみました。
性能的にはウレアグリースのほうがいいはずですがホームセンターで400gで¥500程度と格安でした。

P7251462


ばらして部品はフィルタークリーナーで洗浄し水洗いします。きれいに油分がなくなります。

P7251461

ハブ内も古いグリースをきれいにふき取ります。

P7251460

本当はフリーも外したかったのですが手持ちの工具では外れませんでした。
8mmのヘキサレンチよりも大きなものが必要です。たぶん10mmくらいではないでしょうか?
今回はあきらめます。
ちなみにオイルガンは100均の調味料入れです(笑)

P7251463

最後に部品を元に戻して玉あたり調整をするだけです。
しかし、その玉あたり調整は???って感じでした。

WH-R500ではガタガタ→ニュルニュル→ゴリゴリという感じの感触があったのですが
WH-7700はクルクルとナットを回していくとピタっと止まってそれ以上回らないというか調整できない。
前輪も後輪も同じでした。

簡単といえば簡単なんですけど調整していい感じになったという達成感がない。というかこれでいいのかと疑問さえわいてくる。 

作業時間は30分程度だったのでついでにカセットも分解洗浄しておきました。

おしまい(@^^)/~~~ 

ふっき~です。

先日、届いた国際小包の中身です(^^♪

SHIMANO 105 5700 

なぜ、今更5700?
実は5800を物色していたのですが手持ちのホイールが11速に対応していないことが判明(ノд・。) グスン

そこで、5700を物色したのですが値段はほぼ同じ・・・
コンポをすべてアルテグラに交換しためがね坊主さんに相談したところ
5700のコンポを譲っていただけることに(^_^)ニコニコ
しかし、一部105ではなくティアグラということでした。

--- 105 ---
STI
キャリパーブレーキ
BB(6800&5800)
フロントディレイラー
リアディレイラー

--- ティアグラ ---
フロントチェーンリング&クランク
リヤスプロケ

最初はブレーキなどは6500アルテグラをそのまま使用と思っていたのですがSTIの引き量が変更になっており対応しないということでコンポすべてを譲っていただきました。

そして、足りない部品などを注文していたのです。
Wiggleで購入(現在、円高でお安くなっています(^_-)-☆)
RIMG0004

チェーン:アルテグラ10s
チェーンリング:105 50-34T(コンパクトクランク)
プーリー セット:105
BB:SM-BB9000
リアスプロケ:105(11-25T)
ホイールスペーサー:9s→10s
ブラケットカバー:105

あまり意味はないかもしれませんがドライブトレイン系はすべて新品にしました。
スプロケはフロントをコンパクトクランクにしたので11-25Tを選択しました。
ちなみにOLYMPICは52-42T 14-24Tなのでフロントが34Tだったらリアは25Tで十分だろうという予想で注文したのですが、よく考えたら少し無謀かもTREKでは30×23Tなのでギヤ比は34×28Tが必要です。 

コンポの使い道ですがTREK5500のアルテグラ6500が劣化してきてるのでこちらを交換予定です。
6500から5700と2世代もあがっているので同じくらいの性能を発揮してくれること願っています。
組みつけはしばらく秋くらいになると思います。
しばらくはコンポをいじる気はしません。フロントのチェーンリング&クランクは変えるかもしれませんが今は走れなくなると困るのでオフシーズンになってからいじろうと思います。

それと、余ったパーツはESCAPEをドロップハンドルにでもしようかと策略中。
実はこちらがメインかも(笑)

こうご期待(^_-)-☆ 

めがね坊主です。
梅雨と仕事の為、自転車に乗れず、ストレスが溜まりまくりです(怒)

さて、先日より検討を続けたタイヤについて、ついに購入しました。
http://r-lr.blog.jp/archives/7702490.html参照

40

コンチネンタルグランプリ4000SⅡ(23C)となりました。
(タイヤレバーがサービスでついていました)

早速交換です。
このタイヤは、向きがあるらしく、「⇒」にそって取り付ける必要があります。
31
(見えます?)

まずは、口ゴムから慎重に、取りつけます。
22

完了です(^O^)
43

前後輪無事終了しました。
36
(写真がボケボケです)

せっかくなので、フレームも掃除しましょう。
58

汚れが・・・
07

普段、拭きづらいところ丹念に掃除します。
13

続いて、スプロケとチェーンです。
ちなみに私は、5-56(または灯油)とパーツクリーナー(OKホーム)で洗浄します。
05

きれいになりました。
00

そして、チェーンです。
20
汚い・・・・

ここで秘密兵器、歯ブラシです。(ネットを見て作りました)
33

終了です(^o^) ※違いが分かります?
35

後は、注油(ワコーズのチェーンルブかメンテルーブ)と全体の仕上げ磨きをします。
およそ2~3時間程の作業時間でした。

このページのトップヘ