R-LR Road Cycling

長崎の自転車LOVE♡な人あつまれ(^^♪

カテゴリ:機材 > 整備

ふっき~です。

天気予報では本日は台風12号が接近のため雨とのことでしたが雨は降らず・・・
いつ雨が降ってもおかしくないので車庫内で整備をすることに・・・

来週末は諫早ミニトライアスロン大会で助っ人として桜町JCのチームで出走予定!
コンポをアルテグラから105に換えていたので調整&整備を

WH-R500+ティアグラ・12-30T+サーファス・セカ23C
     ↓
WH-7700+105・11-25T+PANA・Closer Plus25C
に変更

ブレーキ位置やリアのディレラー調整が必要となりました。
以前の9速の時はホイールやリアスプロケを換えても調整はいらなかったのですが今回は若干調整が必要でした。やっぱりスプロケはティアグラと105では互換性がいまいち?

ついでにペダルとクランクも交換しました。

クランクはティアグラグレードに近い型番不明のものから105に変更。手に持っただけでも 重さが違います。軽量化したみたいです(^^♪

さらにペダルも交換しました。

ペダルはLOOKのDELTAは塗装がはがれボロボロだったのですがクリートの予備があったので使い続けていました。さすがにボロボロだったのでレースの時だけでもと思いLOOKのKEO easyへ換えました。
CIMG4394

コンポはすべて105なのになぜペダルだけLOOK?と思われる方もいるでしょう!
その答えは
CIMG4398

LOOKのペダルは一番安いKEO EASYでもおフランス製なのです。
たぶんSHIMANOのSPD SLが性能的に有利なのでしょうが気分的におフランス製に憧れてLOOKにしています。SPD SLは使ったことがないのでわかりませんがたぶん使っちゃうとLOOKには戻れないんでしょうね(笑)

before
P8051491
 
after
CIMG4397

ちなみにリアスプロケを12-30T→11-25Tにしたので坂を登れる不安だったのですが軽量化のおかげか何とか10%程度の登坂が可能なようです。
ただし、ロングライドで登坂があるコースは無理そうです。そのときは貧脚なので素直に12-30T交換します(苦笑)

こんにちは ふっき~です。 

最近、TREK5500のコンポを10s化で罠にはまってました。
これです。
img_20160901
 
スプロケを交換したことのない方や10Sではない方にはなじみのない部品だと思います。
10Sスペーサーです。
これは何かというと8~9速対応のShimanoボスフリーに10Sのスプロケを装着するためのスペーサーです。 
これがなぜ必要かというと
8sと9sのスプロケの厚さはおんなじなので必要ありません。
10sはなんと8・9sのスプロケよりも1mm薄いのです。そこでこのスペーサーが必要になります。
ちなみに11sは8・9sよりも厚くなりますのでスペーサーでは対応できないので11s対応のボスフリーが必要になります。

とここまでの話は普通にネットで調べるといくらでも出てきます。

私がにはまったのはtiagra CS-4600です。

実はこのスプロケは10Sなのに8・9Sと同じ厚さなのです。
よって10Sスペーサーをはめてはいけなかったのです。
わざわざ、別途購入して装着したのに本来は入れてはいけないものだったようです。

これを外すとホイール側に1mmほどスプロケがずれるのでRDの調整をやり直しです"(-""-)"
と思いましたが何度かやってるとなれるものです。
①シフトワイヤーを外してHi側を調整 
②シフトワイヤーを取り付け
③Lo側に変速する。
④RDのHi側の調整ねじをいっぱいに緩めRDのワイヤー調整ねじでHi側のDR位置を調整。
⑤RDのHi側の調整ねじを調整
なんと10分で終了 !一回できれいに決まりました。運がよかった(*^^)v

さらに10Sの互換性を調べると
①チェーン
HG-Xなるものが存在。MTB用。
※これはロードでも普通に使えるみたい。しかし、新Tiagra 10ではこれしか使えない。 
②シフター
デュラ・アルテ・105と MTBは互換性なし。
さらに新Tiagraも互換性がなくなったとのこと。
③リアスプロケ
ロードもMTBもTiagraも使えるようです。

ということは現在のシフターが壊れたら代替えはないということらしい(T_T)
9速まではロードもMTBもFDとブレーキを除き互換性が高くてよかった。さらにFDやRDは9s・8sの互換性もありステップアップ可能でした。
10速からは古いものは切り捨てていくという体制に変わったようです。 

それにしても、10sは種類が多すぎる上に互換性があったりなかったり、さらにtiagraのスプロケのように特殊なものまで存在、年老いた頭ではついていけません。もう少し整理してほしいものです。 

めがね坊主です。

先日の練習会の際、後輪ホイールのフレ(ガタ)が判明し、玉当たりの調整に挑戦しました。
http://r-lr.blog.jp/archives/9965651.html

メンバーの話によると、玉当たり調整は、ダブルナット方式等、ホイールやメーカーによって色々あるようです。

めがね坊主のホイールは、「シマノRS81-C35」です。
このホイールは、「デジタルアジャストシステム」というタイプであり、アーレンキー2本のみ(専用工具不要)で調整出来る素人バンザイのホイールらしいです。
※詳しくは、他サイトを参照して下され。

早速、めがね坊主も挑戦した結果、
P1040928
無事バラすことが出来ました。

玉当たりの調整もつまみを回すだけと非常に簡単でした。
さすが、世界のシマノですね(●^o^●)


さて、通勤中にアルテチェーンが切れてしまい、絶望感のめがね坊主であります(゜_゜)

このところ、R-LRのホームグランド周辺をタイムアタックし過ぎて、チェーンに負荷をかけすぎたせいなのか、またはセッティング不足は分かりませんが、いずれにしても、チェーンがないと自転車は走らないのです。

しばらくは、クロスバイク(エスケープRX3)で通勤しました。

以前、ふっき~様より、「やっぱチェーンはデュラエースが良いよ」との悪魔の囁きがあり、めがね坊主も、『次のチェーンはデュラにしよう』と決めていたので、早速、購入しました。

SHIMANO(シマノ)シマノ CN-HG901 11S 116L ICNHG90111116




送付先は、いつものように職場にしていたら、都合よく、本日の仕事中に到着!!
早速交換せねば。

【作業1】 チェーンを適切な長さにカットする。
42

上がアルテチェーン。下が新たなデュラチェーンですね。
アルテチェーンは、コネクタピンのところで切れていました。(ピンが外れた?折れた?)

ともあれ、チェーンの長さは、カセットの歯数によって調整する必要がありますが、今回は、アルテチェーンの長さに合わせてカットすることにしました。

56

チェーンカッターでカット後、まずまずです。

【作業2】 チェーンを通す。
05

まずは、フロントディレラー側に通し、インナーの内側に落とします。
そして、カセットを回し、ガイドプーリー、テンションプーリーに通します。

チェーン交換は初めてなので、脂がベトベト付きました^_^;

36

よし!OK!!

【作業3】 チェーンを繋ぐ
13

このコネクタピンでチェーンの両端を繋ぎます。

50

チェーンカッターでピンを押し込んだら、飛び出た部分をカット。

48

完成!!!

後は、ギアチェンジの調整をして、終了ですね。
実走しながら調整するということで、そろそろ仕事に戻らねば。

こんにちは ふっき~です。

ここのところお天気もいいのにサボっています。
というか家族サービスのため自転車乗れません。

ちょっと時間を見つけてホイールの整備をしてみます。

本日はSHIMANO WH-7700をばらしてみたいと思います。
DSCF0292
 
まずはハブスパナ2本でハブを分解します。
初めて分解します。たぶん構造はWH-R500とそんなに変わんないだろうと思っています。

清掃用にフィルタークリーナー 潤滑用にウレアグリースを用意しました。
ちなみにどちらもAZ製です。

P7251464


分解してみると構造はWH-R500と同じカップアンドコーンでした。
以前、OLYMPICのハブをバラシタときはグリースが固まっていてさらにロックナットは閉まっておらず手で回るというとんでもない状態だったのですが今回はグリースもほとんど汚れていないきれいな状態でした。

中に入っていたグリースは少し緑っぽかったのでたぶんDURA ACEグリースあたりかな?
DURAグリースもあるのですが今回はAZのウレアグリースにしてみました。
性能的にはウレアグリースのほうがいいはずですがホームセンターで400gで¥500程度と格安でした。

P7251462


ばらして部品はフィルタークリーナーで洗浄し水洗いします。きれいに油分がなくなります。

P7251461

ハブ内も古いグリースをきれいにふき取ります。

P7251460

本当はフリーも外したかったのですが手持ちの工具では外れませんでした。
8mmのヘキサレンチよりも大きなものが必要です。たぶん10mmくらいではないでしょうか?
今回はあきらめます。
ちなみにオイルガンは100均の調味料入れです(笑)

P7251463

最後に部品を元に戻して玉あたり調整をするだけです。
しかし、その玉あたり調整は???って感じでした。

WH-R500ではガタガタ→ニュルニュル→ゴリゴリという感じの感触があったのですが
WH-7700はクルクルとナットを回していくとピタっと止まってそれ以上回らないというか調整できない。
前輪も後輪も同じでした。

簡単といえば簡単なんですけど調整していい感じになったという達成感がない。というかこれでいいのかと疑問さえわいてくる。 

作業時間は30分程度だったのでついでにカセットも分解洗浄しておきました。

おしまい(@^^)/~~~ 

このページのトップヘ