R-LR Road Cycling

長崎の自転車LOVE♡な人あつまれ(^^♪

カテゴリ:コース > トレーニングコース

めがね坊主です。
大分のエンデューロも終了したので、これからは大村湾Zekkeiライドに向けたトレーニングを開始しました。

今日はZekkei獲得標高を想定したヒルクイム練です。Zekkeiは公式HPにあるように、結構な獲得標高になります。(※たしか、2000m程だったと思う。)
そこで、今日は「バテずにヒルクライム」をテーマにライドします。



▼稲佐山
DSC_0308

▼琴の尾岳
DSC_0309

タイムは伸びなかったものの、安定して走ることが出来ています(^_^)
まずまずでしょうか。
次は、ロング練かなぁ・・・。

ふっき~です。

先日、わっきーくんに紹介してもらった「伊木力ダム」周回コース!
早速、梅雨の晴れ間に走ってきました。
普段から琴の尾岳を庭としているふっき~にとって「灯台下暗し」とはこのことです。
こんなところがあるなんてぜんぜん知らなかった。 

TS3N0091

一周約1.5kmで完全なフラットではありませんが周回コースで車も人もまったくいなかったのでノンストップで走れました。路面も結構きれいで荒れた場所がなかったので走りやすかったです。

「仕事帰りにちょっと寄るには最適です。」といいたいところですがこの場所にたどり着くまでにかなり脚を使ってしまうのが難点です。さらに、帰りの脚を残しておかないと大変なことになりそうです。
しかし、駐車場も完備されているので週末に車で移動&補給等を準備して練習するには最適な場所かもしれません。

今日のトレーニングでは
周回数:7周
TIME:20'41
DIST:11.4km
AVSP:32.3km/h
MAXSP:38.4km/h
おおむねフラットでアベレージ32.3km/hとは貧脚です(苦笑)
せめて、35.0km/hまでは鍛えなくては! 

ふっき~です。

今日は朝から雨・・・午後からは曇り
路面がぬれていたのであまり乗り気ではありません。
だって、雨の日はパンクしやすいって言うし何よりBIKEが汚れるではないですか!

でも、トレーニングをしないのもどうかいうことで、ドMなふっき~さんとしては走ることに(笑)

選んだBIKEはルイガノちゃん
ルイガノ LGS-SIXは通勤用のクロスバイクでヒルクライムやロングライドはできません。
服装も普通にユニクロスポーツのジョガーパンツ&フルジップパーカーというポタリング仕様
そうです。近場で済ませようという魂胆です(笑)

ちなみにルイガノちゃんのスペックは
LGS-SIX 2008
FRONT DERAILLEUR  SHIMANO ACERA
REAR DERAILLEUR   SHIMANO ACERA
CRANK SET SHIMANO FC-M191 42/34/24T
FREE WHEEL   SHIMANO CS-HG40 11-32T 8 SPEED
TIRE   Panaracer HI-Road 26x1.50"
WEIGHT  13.9kg 以上
※デフォルトとは微妙に異なります。
そのほかにライト、テールランプ、チェーンロックなど装備


コースはなんとなく式見方面へ行こうかな~ みたいな感じ~

まずは、あぐりの丘まで上ります。
あぐりの丘から戻って式見方面に向かうはずがなぜか道を間違え畝刈方面へ
畝刈から式見方面に向かって当初のコースの逆回りをすればよかったのですが今回は畝刈から滑石峠までの坂を上りたかったので急遽コース変更!
どこまで行くか迷った末、樫山へ向かうことへ

実は樫山って行ったことなかったでちょっとだけドキドキします(^◇^)

新漁港前を爽快に進みます。
このルイガノちゃんで35km/hオーバーで平地を進みます。
今まではルイガノちゃんは25km/hくらいが巡航だったので最近のトレーニングの成果がかなり出てるのでは・・・
後で理由を知ることになります・・・

そして、三重漁港を過ぎ樫山方面へ
このとき、軽自動車にクラクションを鳴らされました。
このドライバーは高齢の方だったみたいですがなぜか追い越した先でもクラクションを鳴らしてました。
いつでもどこでもクラクションを鳴らす人なのかな?

気を取り直して樫山方面に・・・

樫山のバス停まで行くと急に道路が細くなります。
さらに路面のコンディションも悪くなります。
ロードバイクやESCAPEのような細いタイヤで来なくてよかったと、ホッとしました。

そして、いけるところまでいこうと突き進むと最後は有料駐車場?そばには年配の奥様が座ってました。
この先は人がやっと通れる道幅になりました。
奥様にこの道って自転車は通れますか?と尋ねると。この先階段だからここに自転車を置いていったらいいと教えてくれました。
しかし、いけるところまで行こうと思って坂道を下ります。
がっ!傾斜が半端なくブレーキをかけるとスリップする。
あきらめて自転車を降りて進むことに(フラットペダルなのでランニングシューズでよかった)
途中から階段になったので抱えて降りることに

やっと着きました
TS3N0023


そして、帰路につくことに
そうです。階段をBIKE抱えて上ります。このときはTREKだと軽いのに後悔します。

往路で見つけた不思議な建物(^^♪
TS3N0024

先ほど新魚市前を爽快に進んだと書きましたが復路で謎が解けました。
お分かりの方もいると思いますが、そうです。追い風だったんです!
当然、復路は向かい風になります。25km/hしか出ません。当たり前ですね。

そして、本日のメインの畝刈から滑石峠までを上ります。
ルイガノちゃんはフロントサス付きなのでダンシングすると力が逃げます(´・ω・`)
さらにこの上りではルイガノちゃんは悲鳴を上げます。

チェーンからきしむ音が・・・

そういえば今回のチェーンルブはFINISH LINEのDRY

油切れのようです。こいつは週一くらいの頻度で注油しないとすぐにチェーンが悲鳴を上げるんですよね。
家に着いたらちゃんと注油しときました。

意外と通勤用のルイガノちゃんでも楽しめました(^^♪

くだらない記事に付き合ってくださった方・・・暇なんですね。
嘘です(^_-)-☆ ほんとにありがとうございました。

本日のコース


こんにちは ふっき~です。

明日は雨の予報なので本日はがんばって走っておこう!
というわけで仕事が終わったら職場からOLYNPIC OR700(スポルティフらしい)に乗り出発!

仕事帰りの練習メニューは3パターンに定着してます。
①琴の尾岳反時計回り(丸田経由でショートカットしてます)
②琴の尾岳 時計回り(丸田経由でショートカットしてます)
③琴の尾岳山頂まで(丸田経由、本川内経由)

本日は①の琴の尾岳反時計回り

仕事終わりなので若干疲労感ありゆっくりスタートする。

本川内ー松ノ頭トンネル クライム を頑張ってみる。

そして、本日は松ノ頭トンネルから大草まで下りを漕いで漕ぎまくる!
途中60km/hオーバーのスピードが出る。普段よりも若干速い。
しかし、ファミリーマートまで来た時には脚が棒になってました(T_T)

そして、伊木力クライムは失速"(-""-)"

しかし、次の
蟹坂クライムで挽回だ!といわんばかりにペダルにトルクをかけます。
上り始めてしばらくすると白いロードが前をゆっくり走っていました。彼はときどき見かける若者です。
今日も仕事中に走っているところ見かけたのでずいぶん前から走っているようです。

「右側をパスしま~す」と声をかけパスします。
彼はちょっとびっくりしてました。
すみません<m(__)m> 驚かせてしまって。

しかし、自分は
蟹坂クライム中!さらにペダルにトルクをかけます。
しばらくすると「カキ~ン」????

そうです。ギアチェンジする音が聞こえる?

恐る恐る、後ろを振り返ると追われていました(@_@)

逃げます。

しかし、相手は若者。
こっちは人間もBIKEも40代のお年寄りです。
すでに、年寄りの冷や水といわれてもおかしくないお年頃です(笑) 

必死で逃げましたが無駄な抵抗でした(苦笑)

そして、勲助坂で声をかけてもらました。

「ブログをやってる方でしょう?」
「そうです。」
ここでちょっとペースを落として話そうかと思ったらあっさりパスしていきました。

まって~(笑)

少し、話をしてみると学生さんのようでした。

なんかRUNをしていた頃を思い出した。
こんな気合いの入った走りを週一でやってたな~
自分が求めていたのはこんな気合いの入ったトレーニングだったんだと気づかせてもらいました。
これから、だれか週一で引っ張ってくれないかな~
自分を追い込むのが楽しすぎる。

やっぱMだな(笑)

※彼にとっては流してるような感じで余裕そうでした。

TS3N0017



ちなみに蟹坂クライムは自己ベストでした(*^^)v

ふっき~です。

新しいコースを開拓すべく挑戦に挑戦を重ねているふっき~です。
打倒「めがね坊主さん」に燃えているので妥協は許されません!!!
昨日は疲れ果ててかけなかったので1日遅れでの更新です。
今回はめがね坊主 さん通勤コースをトレースしながら海辺を満喫するというコースです。

滑石を出発!
このあたりは車両も多いのでゆっくりと走ります。
49]

高田
ここから車両も少なくなるのでペースを上げていきます!
16]

さあ!ここからが本番です。
長与から東長崎に進路を向けます!
05]

しばらく上った後下って純心大学方面に向かいます。
このあたりは傾斜も緩やかですが今日は60km超を走る予定なので最初からハイペースで行くと大変なことになりそうなのでここは自重します。
12]

しばらく上っていると後ろからクラクションを鳴らされました(T_T)
なぜかクラクションを鳴らすのいつもはプジョーです。
プジョーに乗ってる人は気が短いのかな?
そんなに急いでいるんだったらバイパスを通ればいいのにと心の中で叫びます。
ちなみ、クラクションやベルはむやみに鳴らしていけないという道路交通法があります。
なんだかプジョーって嫌いな車になりました。
輸入車はVWがいい(以前ベントに乗ってました。)
16]

間の瀬(魔の瀬)はここからが本番か!急に傾斜が上がります!
ここまで上ってきてめがね坊主さんが高ケイデンスでヒルクライムをするのが分かったような気がします。
自分はトルク型で踏み込んで上る方ですが長距離には向きません。
ここを上っていると緩いのぼりを長時間上らないといけないので高ケイデンスで上るのが必然となるような気がします。
何度も言いますが「打倒!めがね坊主さん」なのでここはダンシングひたすら上り続けます。
14]

やっと頂上が見えました。
傾斜がきつくなってからは割とすぐでした('ω')
48]

滝の観音を抜けます。
通常であれば下りも漕ぐのですが、今回は60km超を走るので漕ぎません。
13]

下りを惰性で矢上を目指します。
56]


37]


この辺で曲がるのかな?
05]

ペンギン水族館方面はこっちでいいのかな?
53]

ペンギン🐧水族館を過ぎます。
48]

ここから大田尾方面に向かいます。
最初から上りです。
20年前学生だった頃 Kawasaki ZXR400R で攻めていたコースです。
今回は TREK5500 同じレーシーなBikeでも今回は人力!
単車に乗っていた頃はコーナーに命を賭けます!って感じでしたが今回は

「どこまで、のぼるんじゃ!」と悲痛の叫び。

情けないです(T_T)

04]


???日吉中学校付近は様変わりしてました。
20年前に通った時とは違って新しい橋ができてました。
この橋って本当に必要か?と思える交通量の少なさ。
自転車乗りにとってはありがたいですけどね。
40]

そして、飯香浦から北浦に向かう道ですが急に細くなりました。
24]

たしか、この辺りから転石に抜ける道があったような?
うろ覚えで茂木中学校方面に曲がります。
これがまずかった"(-""-)"
41]

どんどん舗装が悪くなり、これって大丈夫か?
58]

結局これ以上進めなくなり戻ることに(T_T)
やっぱり知らない道は行かないことです。
あとで調べたらこの道は行きどまりだったようです。
18]

気を取り直して茂木方面へ!
ここから上りに入ります。
この道は車両が多いと予想されたので避けたかったのですが道に迷ってしまったのでしかなく通ります。
27]

茂木から田上に抜ける道は意外と車両は少なく快適でした。
変な道にいって迷うよりも普通に国道を通った方が正解でした。
19]

田上に到着。
マロン京月(ケーキ店)はなくなってました。時の流れです。
52]

わが母校、長崎南高等学校をすぎ大浦方面へ!
04]

そして戸町を過ぎ女神大橋を目指します。
39]

女神大橋(ヴィーナスウィング)です。海を見ながら爽快に走りぬけます。
06]

女神大橋を抜け福田方面へ!
11]

福田で「動くぞ!!」というトラックに遭遇(笑)
12]

そして、福田サンセットマリーナ!
本日はここからが本番といってもいいくらい。
後半に入り脚も終わりかけにこの登りです。
10]

ゆっくりですが何とか福田霊苑を通り過ぎます。
06]

そして小江を抜け式見へ!
ここからが最後の試練 式見からあぐりの丘までの上り!!!!
ここまで走ってきて最後にヒルクライムです。
もう、10km/hも出せません。
56]

やっと上り切りあとは下るだけです。
14]

総評
距離的に65km程度と普通なのですがアップダウンの連続でかなりしんどいコースでした。
自分のような初心者には厳しいコースです。
しかし、「打倒!めがね坊主さん」に燃えるふっき~はこのコースの攻略を誓うのでした(笑)
 

このページのトップヘ