R-LR Road Cycling

長崎の自転車LOVE♡な人あつまれ(^^♪

カテゴリ: コース

最近、更新をサボっていためがね坊主です。
今回はタイトルの通り、「琴の岳Bクライム20分切り」に挑戦しました。

その前に、愛機FOILのインナーギアをバロックギア(非真円ギア)に変更してから2か月程経ちました。

▼バロックギア34T±3
DSC_0601

▼真円ギアと重ねると・・・
DSC_0603

▼赤がオシャレ
DSC_0604

これまではイマイチ効果が分からなかったので、試しに琴の岳に挑戦というわけです。


結果、20分ジャスト。1秒足りず....。タイムは更新出来たので効果はあるようです。

ちなみに、ほぼ、同じセグメントの「琴の尾ヒルクラ」では20分を切ることが出来ました!(^^)!

 

めがね坊主です。
大分のエンデューロも終了したので、これからは大村湾Zekkeiライドに向けたトレーニングを開始しました。

今日はZekkei獲得標高を想定したヒルクイム練です。Zekkeiは公式HPにあるように、結構な獲得標高になります。(※たしか、2000m程だったと思う。)
そこで、今日は「バテずにヒルクライム」をテーマにライドします。



▼稲佐山
DSC_0308

▼琴の尾岳
DSC_0309

タイムは伸びなかったものの、安定して走ることが出来ています(^_^)
まずまずでしょうか。
次は、ロング練かなぁ・・・。

ふっき~です。

今回は久しぶりにロングライドです。
といっても80kmくらいの距離です。

コースは
滑石口→琴海→
ポートホールン長崎→ちゃんぽんベーシックコースの一部→形上→琴海→光風台

8:30 ふっき~とめがね坊主さんと滑石口に集合
8:50 K上さんとU上さんとは近海のセブンイレブンで合流予定

ふっき~は今回はなんとESCAPE RX3で参戦(結構無謀な選択でした。)
朝起きてからリヤのスプロケを12-23Tから12-25Tに変更して自宅を出発。

滑石口に到着してからタイヤに空気を入れていないことに気が付く"(-""-)"
ロングライドでは致命的なので携帯ポンプで入れてみることに汗だくになりながら何とか70PSIまで確保。
黒タイツで自転車に空気を入れる不審人物、周囲の人たちからは珍しものを見られているようでした(笑) 

そうこうしているうちにめがね坊主さんが到着
出発します。

そして、セブンイレブンまで軽く流して到着
すでにK上さんもU上さんも到着していました。

さあ、出発です。
20160827_01

ポートホールン長崎までは道幅も狭く交通量も多い道路ですので二人組で列を組んで進んでいきました。
とにかくトラックが怖い!横を通る際に風圧でハンドルがとられます。
20160827_02
 
ポートホールン長崎の駐車場に到着ここからが本日のメインです(^_-)-☆
20160827_04

四本堂公園を目指します。
 20160827_05

地味に上り坂があります。まだスタートしたばかりなのでみなさん余裕あります。
20160827_08

若者二人が登坂を突っ走っていきました(笑)
20160827_09

四本堂公園に到着
20160827_11

ゴールと書いてありますがスタート直後です( ´艸`)
20160827_13

しばらくここで自転車談義、なんとK上さんのBIKEのクランクは楕円ということが発覚!
ふっき~はまさかフロントギヤに楕円があるなんて初めて知る事実であった!
この後、ふっき~は楕円のギヤが気になってK上さんが走っているときにクランクを見つめすぎて目が回るのでした(@_@)
20160827_14

再スタートです。木漏れ日のなか気持ちよく走ります。
この日は連日の猛暑と打って変わって比較的涼しく、気持ちよく走れます。
20160827_16

田園風景の間を気持ちよく駆け抜けます。
まさに風になったような気持ちよさです(^^♪
20160827_17

フラットなコースを気持ちよく進むとバイオパーク前に到着
ここでK上さんにトラブル発生、リヤホイールのクイックの締め付けが不十分で振れていたそうです。
「乗車前に必ずクイックの点検をしましょう」とアオバちゃんがいっていたような・・・
20160827_20

ここから先はまた地味に登りです。
めがね坊主さんのカッコイイおしりを見せつけられる回数が増えてきます(^◇^)
20160827_21

ツールド・ちゃんぽんのエイド&折り返し地点です。ここから折り返して戻ります。
20160827_22

今登ってきたところ折り返すのですぐに下りが待っています♪
20160827_23

というのもつかの間、すぐに登りも待ってます。
相変わらず若者二人は速い!
20160827_24

運命の分かれ道?
どっちだっけ?
一度走ったことのあるめがね坊主さんもうろ覚え。
とりあえず左に行こう!ちなみに右側に見える建物は「元亀の里」です。
20160827_25

さすが「登坂の貴公子」めがね坊主さん!
激坂に鼻が利きます。
20160827_26

実はこの激坂は間違った道でした(笑)
この辺りで引き返します。
20160827_27

20160827_28

先ほどの運命の分かれ道のところで自販機があったのでここで休憩と補給を行います。
20160827_29

20160827_34

30分ほど休憩して再スタートします。
20160827_35

20160827_36

10分も進んでいないのにすぐに上り坂
ほんと半島を走っているイメージないです。
スタート前のイメージは海岸付近を海を見ながら優雅に走る。
これを期待していたのに山ばっかり・・・
海を見てないです。
20160827_37

少し平坦になりました。
20160827_38

でも、やっぱり登りです(笑)
20160827_39

やっと海が見えました。
20160827_40

でも、やっぱり登りです。
ここまで来ると笑いしか出ません(苦笑)
20160827_41

ここで、ちょっとだけふっき~的なポイントを発見しました。
世間ではポ○モンGOがはやりスマホでポ○モンをゲットするのが流行ってますが、ふっき~は以前からこの工事現場で柵を支えているキャラをゲットしているのです。
いままで「男の人」「女の人」「なでしこジャパン」「あひる」など様々なものをゲットしてきましたが今回初めて「鹿」をゲットしました。かなりレアだと思います(笑)
20160827_42

後で地図を見て気づいたのですが今まで半島と思っていたのは間違いでした。
このあたりからが尾戸半島のようでした。
どうも海がないし山ばっかりと思っていたら山を走っていたのでした(笑)
20160827_43

と思ったのも間違いでした。半島のはずなのにまた登坂です。
海はなくなりました(苦笑)
20160827_44

下ると海
20160827_45

登ると山
20160827_46

山ばっかりじゃん!
20160827_47

ここで尾戸小学校の看板ここから本来ならペニンシュラのほうに向かいますが今回は帰路につくことにしました。
20160827_48

ツールド・ちゃんぽんのコースから外れ形上に向かいます。
この辺りからはアップダウンがなくホッと一息です。
20160827_49

そして、形上の三叉路に到着ここからは交通量が増えてきます。
20160827_50

ローソンでしばし休憩をしてから帰路につきます。
写真はありませんが、U上さんのご友人のI田さんがいらっしゃいました。
次回はコラッテックでご参加ください(^^♪
20160827_51

そして、琴海のセブンイレブンに到着。
U上さんのご子息登場!
S5で大村湾一周を果たした勇者ですΣ(・□・;)

ここでめがね坊主さんのリアホイールが振れていることが発覚!
しかも、振れているというよりも、ロックナットがしっかりとしまっていない?
急遽U上さんのお宅で工具を借りることに
しかし、構造がわからず今回は断念し自宅でゆっくりと分解することでお願いします・・・
20160827_52

ここでU上さんとはお別れの予定でしたがさすが若い!滑石峠までお付き合いすることに
20160827_53

途中、危険なバスが・・・
対向車はいないのにクラクションを何度もならし迫ってきます。
ふっき~はへたくそなので危うく落車するところでした((+_+))
20160827_54
20160827_55

そして、今回は畝刈から新道を行くことに
20160827_56

U上さんがアタックΣ(・□・;)
20160827_57

ふっき~もU上さんに続きましたが見えなくなりました。
さらにめがね坊主さんもアタックしてきましたΣ(・□・;)
20160827_58

二人は遠い世界に行ってしまいました。
20160827_59

ここでバッテリー切れです。

ホントに最後の最後までアタックしたりと楽しい一日でした(^^♪
今回はロードバイクではなくクロスバイクのESCAPE RX3(改ドロップハンドル)で走りましたがとにかくBIKEが重くて坂道がつらい!もっとフラットなコースを想像していたのでホントにきつかった。さらに最後の滑石峠までアタックはトドメでした。
このメンバーで走るときはクロスバイクは二度と乗らないと心の中で叫ぶのでした(笑)

みなさんお疲れ様でした。
ちょっと道を間違えたりとトラブル等もありましたがたのしいRIDEをありがとうございました。

コース紹介

 

ふっき~です。

先日、わっきーくんに紹介してもらった「伊木力ダム」周回コース!
早速、梅雨の晴れ間に走ってきました。
普段から琴の尾岳を庭としているふっき~にとって「灯台下暗し」とはこのことです。
こんなところがあるなんてぜんぜん知らなかった。 

TS3N0091

一周約1.5kmで完全なフラットではありませんが周回コースで車も人もまったくいなかったのでノンストップで走れました。路面も結構きれいで荒れた場所がなかったので走りやすかったです。

「仕事帰りにちょっと寄るには最適です。」といいたいところですがこの場所にたどり着くまでにかなり脚を使ってしまうのが難点です。さらに、帰りの脚を残しておかないと大変なことになりそうです。
しかし、駐車場も完備されているので週末に車で移動&補給等を準備して練習するには最適な場所かもしれません。

今日のトレーニングでは
周回数:7周
TIME:20'41
DIST:11.4km
AVSP:32.3km/h
MAXSP:38.4km/h
おおむねフラットでアベレージ32.3km/hとは貧脚です(苦笑)
せめて、35.0km/hまでは鍛えなくては! 

ふっき~です。

今日は朝から雨・・・午後からは曇り
路面がぬれていたのであまり乗り気ではありません。
だって、雨の日はパンクしやすいって言うし何よりBIKEが汚れるではないですか!

でも、トレーニングをしないのもどうかいうことで、ドMなふっき~さんとしては走ることに(笑)

選んだBIKEはルイガノちゃん
ルイガノ LGS-SIXは通勤用のクロスバイクでヒルクライムやロングライドはできません。
服装も普通にユニクロスポーツのジョガーパンツ&フルジップパーカーというポタリング仕様
そうです。近場で済ませようという魂胆です(笑)

ちなみにルイガノちゃんのスペックは
LGS-SIX 2008
FRONT DERAILLEUR  SHIMANO ACERA
REAR DERAILLEUR   SHIMANO ACERA
CRANK SET SHIMANO FC-M191 42/34/24T
FREE WHEEL   SHIMANO CS-HG40 11-32T 8 SPEED
TIRE   Panaracer HI-Road 26x1.50"
WEIGHT  13.9kg 以上
※デフォルトとは微妙に異なります。
そのほかにライト、テールランプ、チェーンロックなど装備


コースはなんとなく式見方面へ行こうかな~ みたいな感じ~

まずは、あぐりの丘まで上ります。
あぐりの丘から戻って式見方面に向かうはずがなぜか道を間違え畝刈方面へ
畝刈から式見方面に向かって当初のコースの逆回りをすればよかったのですが今回は畝刈から滑石峠までの坂を上りたかったので急遽コース変更!
どこまで行くか迷った末、樫山へ向かうことへ

実は樫山って行ったことなかったでちょっとだけドキドキします(^◇^)

新漁港前を爽快に進みます。
このルイガノちゃんで35km/hオーバーで平地を進みます。
今まではルイガノちゃんは25km/hくらいが巡航だったので最近のトレーニングの成果がかなり出てるのでは・・・
後で理由を知ることになります・・・

そして、三重漁港を過ぎ樫山方面へ
このとき、軽自動車にクラクションを鳴らされました。
このドライバーは高齢の方だったみたいですがなぜか追い越した先でもクラクションを鳴らしてました。
いつでもどこでもクラクションを鳴らす人なのかな?

気を取り直して樫山方面に・・・

樫山のバス停まで行くと急に道路が細くなります。
さらに路面のコンディションも悪くなります。
ロードバイクやESCAPEのような細いタイヤで来なくてよかったと、ホッとしました。

そして、いけるところまでいこうと突き進むと最後は有料駐車場?そばには年配の奥様が座ってました。
この先は人がやっと通れる道幅になりました。
奥様にこの道って自転車は通れますか?と尋ねると。この先階段だからここに自転車を置いていったらいいと教えてくれました。
しかし、いけるところまで行こうと思って坂道を下ります。
がっ!傾斜が半端なくブレーキをかけるとスリップする。
あきらめて自転車を降りて進むことに(フラットペダルなのでランニングシューズでよかった)
途中から階段になったので抱えて降りることに

やっと着きました
TS3N0023


そして、帰路につくことに
そうです。階段をBIKE抱えて上ります。このときはTREKだと軽いのに後悔します。

往路で見つけた不思議な建物(^^♪
TS3N0024

先ほど新魚市前を爽快に進んだと書きましたが復路で謎が解けました。
お分かりの方もいると思いますが、そうです。追い風だったんです!
当然、復路は向かい風になります。25km/hしか出ません。当たり前ですね。

そして、本日のメインの畝刈から滑石峠までを上ります。
ルイガノちゃんはフロントサス付きなのでダンシングすると力が逃げます(´・ω・`)
さらにこの上りではルイガノちゃんは悲鳴を上げます。

チェーンからきしむ音が・・・

そういえば今回のチェーンルブはFINISH LINEのDRY

油切れのようです。こいつは週一くらいの頻度で注油しないとすぐにチェーンが悲鳴を上げるんですよね。
家に着いたらちゃんと注油しときました。

意外と通勤用のルイガノちゃんでも楽しめました(^^♪

くだらない記事に付き合ってくださった方・・・暇なんですね。
嘘です(^_-)-☆ ほんとにありがとうございました。

本日のコース


このページのトップヘ