R-LR Road Cycling

長崎の自転車LOVE♡な人あつまれ(^^♪

カテゴリ:個人記事 > めがね坊主

連休中は子守りのためライド出来そうにないので、本日ロングライドを実施。
コースは、かなり久しぶりの野母崎一周。天気は曇りだけど、微風で気温もあまり高くなく、ゆっくり走るにはベストコンディション。

ところどころ、先日の雨の影響か山側から水が路面に流れてきてたので注意が必要。

▼野母崎頂上の風車たち
DSC_1200
▼女神大橋
DSC_1202

本日のコース

 

芒塚インターからのヒルクライム
芒塚クライム①
左側が芒塚インター 右側がヒルクライム入口(日見峠TT)

芒塚クライム②
登り口の勾配が一番キツイ(10%前後か)
芒塚クライム③
バイパスの上、旧日見トンネルの上を登っていく。道も狭い。
芒塚クライム④
写真右下から左上のように、細かなつづら折りが続くが、勾配は5%程度。
芒塚クライム⑤
登頂後の下りは、道も狭く、路面もコケがある。一つ間違うと、大ケガするので、攻めてはダメ。

矢の平から女神大橋を通過後、木鉢へ向かう。

芒塚クライム⑥
女神大橋から下ってきたところ。木鉢トンネルを通過すると最短だが、トンネルが長く、交通量も多い。
芒塚クライム⑦
みなと坂へ。ここも登り口が一番キツイ。みなと坂は、抜けてしまうまで、ずっと登り。
芒塚クライム⑧
前回は、左に曲がって稲佐山へ。今回は直進する。
芒塚クライム⑨
つづら折りの下り。道は二車線あるが、交通量は多い。
芒塚クライム⑩
飽の浦へ到着。右側が飽の浦トンネル。左側が旭大橋。

今回のコース

めがね坊主は、2014年頃からロードバイクに乗っています。(最初はクロスバイクからだった)
その時に購入したSPD-SLシューズ(マビック)やヘルメット(イグニオ)を今も使用しています。これまでの落車等によりヘルメットにはヒビや傷があり、シューズも一部破損しています。

10万もらったので、この際、新調することにしました。
我が家の財務大臣(妻)の決裁も頂くことができました!(^^)!

今回は、日本の経済のため、すべてJAPAN製にします。

1.シューズ
【SALE】シマノ RC7(SH-RC701) ブラック ワイドタイプ SPD-SL シューズ BOA
【SALE】シマノ RC7(SH-RC701) ブラック ワイドタイプ SPD-SL シューズ BOA
シューズ幅が「ノーマル」と「ワイド」がありますが、欧米人と違い、日本人は足が横広なので、ワイドがオススメとの記事がありました。よって、僕も「ワイドタイプ」を購入しました。
旧シューズのマビックと同じサイズですが、確かに横にゆとりを感じます。人それぞれの好みにもよりますが、僕は気に入りました。ダイアルで締め付けも調整できるので、まったく問題なしです。
DSC_1183

DSC_1184
ついでにクリートも購入。こちらは、シマノの黄色です。(一番緩いヤツ。膝にやさしい)

2.ヘルメット
OGKカブト フレアー コクー ヘルメット
OGKカブト フレアー コクー ヘルメット

侍の国生まれとしては、やはり「兜(カブト)」ですね。
DSC_1186
ほんとに軽い。

3.インナーキャップ
DSC_1185
クリス・フルームのクラウチングスタイル By パンダ

最近、五厘刈しためがね坊主です。
マイバイクの点検をサボっているうちにタイヤがかなり劣化していました。

▼コンチネンタルグランプリ(現行の2世代前)
DSC_1173
アマゾンで前後5000円ぐらい。通勤に最適。
今回は、ノーパンクで8000km程使用出来ました。

めがね坊主的には、コンチネンタルグランプリシリーズは、クリンチャー最強と思っています。

で、今回は、コンチネンタルグランプリ現行モデルにしました。




で、早速試走と。

長崎市はコロナが徐々に広がっているので、恒例の湾一で



梅雨の為、なかなか実走が難しくなっていますが、本日6/20(土)は久々に晴れました。
というわけで、めがね坊主も少し長めの実走をしました。

本日の門限(17:00)を考えると、50~60km程度が限界でしょうか。
となると、茂木経由から三和町あたりが妥当のようです。
このルートであれば、昼食をしっかり食べれば、水分に注意すれば、補給食の心配はありません。

気温もそれほど高くなく、ほどよく風もあり、ゆっくり走るにはちょうど良い天候でした。

しかし・・・、


左内ももが攣りそうになりました(+o+)
なぜ?


あ!!仕事で草刈りをがんばったことを失念していました。かなり汗をかいたことを・・・・。

こうなると、ピンチです。門限を守らないと、二度と乗らせてもらえなくなる・・・。

まずは、完全に攣ってしまう前に回復走に努めます。
まずは水分補給ですが、このコースは三和町まで行かないとお店がありません。三和までは30kmはありそうです。となると、めがね坊主の場合は、ケイデンスは70程度、ギアは少し高めにして、息切れがない程度で走ります。

このペースで1時間ちょっと走ると、無事乗り越えることが出来ました。門限も守れました(^。^)

 

このページのトップヘ