R-LR Road Cycling

長崎の自転車LOVE♡な人あつまれ(^^♪

カテゴリ:個人記事 > めがね坊主

めがね坊主です。
大分のエンデューロも終了したので、これからは大村湾Zekkeiライドに向けたトレーニングを開始しました。

今日はZekkei獲得標高を想定したヒルクイム練です。Zekkeiは公式HPにあるように、結構な獲得標高になります。(※たしか、2000m程だったと思う。)
そこで、今日は「バテずにヒルクライム」をテーマにライドします。



▼稲佐山
DSC_0308

▼琴の尾岳
DSC_0309

タイムは伸びなかったものの、安定して走ることが出来ています(^_^)
まずまずでしょうか。
次は、ロング練かなぁ・・・。

めがね坊主です。
久々に野母崎ライドを決行しました。
(※裏野母一です)

▼コースです

今日は、比較的風があったため、思ったよりも「暑さ」を感じませんでした。
しかし、油断したためか、野母崎の風車がある頂上手前で、右ふくらはぎが痙攣してしまいます。
補給ミスのようです(+o+)

頂上通過後は、LSDに切り替えます。(それでも地獄です)
無事、帰宅することが出来ましたが、この時期の「暑さ」にやられっぱなしです(*_*)


こんにちは、めがね坊主です。
久しぶりの記事です。ここのところ通勤ライドばかりなので、ネタがありません^_^;

そこで、今回は、三本ローラーについて書きます。
導入編と初級編はこちらから
 三本ローラー~導入編~
 三本ローラー~初級編~

トレーニングの結果、ローラー中でも「ダンシング」と「手放し」は出来るようになりました。

▼2時間ローラー達成。初級クリア(^-^)


さて、ローラーの達人は、とんでもないケイデンスで回せるそうです。
僕もそうなりたいので、ハイケイデンストレーニングを導入しました。

▼ケイデンス120 30分(アップ:5分 ケイデンス120:30分 ダウン:10分)


30分であれば、ケイデンス120は達成出来ますが・・・、
何かのサイトで、「ケイデンス120を1時間維持出来ること」がレーサーとしての基礎能力だそうです(マジでか?)
ということで、中級の目標は『ケイデンス120を1時間』とします。

達成出来たら報告します。それではまた(^^ゞ


 

こんにちは、めがね坊主です。

本日、前回、夜ライドは気持ちいいぞで出来なかった「LSD」を行うことにしました。

▼コースは、久々の「島一」です


朝8:00にスタートし、平均25km/hほどで一定ペースで走ることにします。
LSDが目的なので、
 ①セグメントはすべて無視する
 ②無理はしない
 ③50kmごとに休憩と補給を行う

100km地点までは予定通りでした。疲れもありません。
島原は、思ったよりも風がなく、快調に進みました(^_^)

150kmを過ぎたあたりから、足がタレ始め、諫早に入ると、風がヤバイことに(+o+)
16:00、何とか帰宅出来ましたが、LSDになったかどうか・・・・・。

めがね坊主です。
初めての夜ロングライドを行ったので、その報告です。

5/5(土)子供の日、子供らとは日中に遊びまくった結果、夕方から時間が空きました。
コースは恒例の湾一。普段とは逆の時計周りのライドです。16時発なので、帰宅は夜でした。

16時出発
今回は、LSDを行うつもりだったので、ペースは上げません。
※但し、マイブームのアウター縛りは行います(^-^)

テンションが上がっているためか、体調のためか、今日のめがね坊主は絶好調のようです。
良いタイムを刻みます。強度もそれほど上げていないので、疲れもあまりありません。

ハウステンボスを通過後、バテない程度にセグメントを頑張ってみます。

アタック1 JA長崎西海宮➡元祖天空房・山水までの登り 国道205号

 第2位をゲット(^O^)/

アタック2 大村湾グリーンロード 東彼杵側➡大村側

第5位をゲット(^O^)/ ※アウター縛りではここが限界です

アタック3 鈴田峠 大村側➡諫早側

第7位をゲット

ここで若干足にキたので、ペースを落とし、回復に努めます。

せっかくなので、R-LR内でブームになっている旭大橋スプリントをアタックすることにしました
ところが、東長崎を通過したところで、ややハンガーノック状態に・・・(ToT)
日見峠を何とかクリアし、即、補給。

少し、休憩すると回復しました(^-^)

最後のアタック 旭大橋➡稲佐橋ショートスプリント

第5位ゲット!! ※苦手なスプリントにしては、まずまずの好成績(^-^)
R-LRの諸君!ターゲットタイムを作ったぞ。抜けるものなら抜いてみろ!!
※ゴメン。嘘ですm(__)m

22時30分、帰宅。
よく考えるとLSDになっていなかったものの、とても気持ちいい夜ライドだった
それではまた






このページのトップヘ