R-LR Road Cycling

長崎の自転車LOVE♡な人あつまれ(^^♪

カテゴリ:個人記事 > めがね坊主

今日は、FOILのシェイクダウンがてら、伊王島チャレンジを行いました。
FOILが完成してから、三本ローラーや短時間の実走はしているものの、本格的な実走は初めてとなります。(楽しみ・・・)

▼伊王島チャレンジの結果はこのとおり

▼FOILと燈台
DSC_0526

▼FOILと燈台とめがね坊主(悲しいぐらい写りが悪い)
DSC_0528


FOILのインプレ
①フレームは硬い(ような気がする)
 エントリーグレードのマドンと比べてですが・・。
 但し、ガチガチでもないので、身体の負担は大きくない。
②エアロロードの位置づけだけど、平地が速くなるわけではない。
 反面、登りもソツなくこなす。万能型ということか・・・。

課題・・・
 まだまだ、ポジションがしっくりこない。
 もっと乗り込まないとダメだね

ギア比をどうするか?
 マドン➡F:52×36T R:12-25T
 FOIL   ➡F:50×34T R:11-28T

今日ぐらいのコースであれば、コンパクトクランクに28Tは不要だが、11Tは必要。
正直、よっぽどのヒルクライムでもなければ、ミッドコンパクトでも28Tはいらないような気がする。

もし、セッティングを変えるなら、
①F:52×38Tにして、R:11-28Tのまま。
②F:50×34Tのまま、R:11-25Tまたは11-23Tにする。
③マドンと同じにする。
 ※これが一番万能だけど、違う組み合わせも試してみたい。

もっと乗り込んでからどうするか決めることにします
それではまた(^^ゞ

めがね坊主のFoilに不足していた「ペダル」と「サイコンセンサー」を
ようやくインストールしました(^-^)

ペダルは、シマノPD-R7000(現行105)となりました。
アルテにするか、本当に悩みました(-_-;)

▼こいつです
シマノ(SHIMANO) 105 PD-R7000 SPD-SLペダル EPDR7000
シマノ(SHIMANO)







サイコンセンサーは、サイコン本体が古いガーミンエッジなので、ANT+対応で
探すことにしました。

▼で、コイツに決定
トピーク デュオバンド スピード&ケイデンス センサー YCC02500

トピーク






ブルートゥースにも対応しているため、スマホとペアリングすると、トピークの専用アプリ(PanoBike+)でスマホをサイコンとしても使用出来るらしいです。
※さらに、そのアプリは、ストラバとも連動しているらしい。スバラシイ!!

フラットペダルからビンディングペダルへ・・・・
DSC_0503

オッケー

センサーを取り付け・・・・
ネットでは「虫」に見えると、やや不評の意見も・・・。僕は気になりませんが(^◇^)
DSC_0502

ガーミンとのペアリングはANT+で設定。
僕のガーミンは3台まで登録出来るので、1号機マドンと2号機Foilのそれぞれのセンサーを登録。

スマホにアプリをダウンロードしてから、ペアリング開始。
しかし、このペアリングがうまくいきません。

「PINコードまたはパスコードが正しくないので接続できません」と表示。
意味がわかりません。説明書にもパスワード的なものはなし。

ネットで検索・・・・

『ブルートゥースは、位置情報が無効になっていると、うまくペアリング出来ませんよ』との情報が・・・。

まじでか!!
確かにOFFにしてるけど、ペアリングに関係ないだろ!!

とりあえず位置情報をONにすると・・・・



ペアリング出来ました^_^;

次回の更新は、Foilのインプレとなりそうです。

その3の続き

さて、FOILの組み立ても最終段階となりました。

まずは、両ブレーキのワイヤーを張ります。
ここは特に問題なしです。

次にFディレイラーにワイヤーを張ります。
シフトレバーをインナーにして、しっかりワイヤーを引いて固定。
チェーンをかけてないので、変速テストは後回し。

そして、Rディレイラーの調整です。

▼H側のリミット調整
DSC_0479
▼L側のリミット確認
DSC_0480
う~ん。たぶんOK?(正直ようわからん)

とりあえず、チェーンをかけて変速テストします。
フロントの変速は一発で決まりました^_^

しかし、リアの変速がなかなかうまくいきません。
ロー側に動かないので、ワイヤーテンションが低いということでしょうか?
何度もワイヤーを引っぱって固定を繰り返すが、やっぱり変速がイマイチ。

格闘すること、1時間・・・。
ワイヤーを思いっきり引いて固定すると・・・・
ようやくうまく変速するようになりました!(^^)!
※こんなに強く引かないといけないとは思ってなかった

▼そして完成
DSC_0481

というわけで、シェイクダウンと行きたいところですが・・・・
実は、ビンディングペダルがありませ~ん(*_*)
▼とりあえずはフラペで。ダサッ(笑)
DSC_0484
▼1号機と❤
DSC_0482

不足しているもの
 ①Foil用ペダル
  ※PD-6800(前アルテ)またはPD-R7000(現行105)を検討中
 ②サイコン用センサー
  サイコンは、Madoneのガーミンを兼用予定。

これにて、めがね坊主の新しい『翼』シリーズは終了ですm(__)m

 めがね坊主の新しい『翼』~その1~
 めがね坊主の新しい『翼』~その2~
 めがね坊主の新しい『翼』~その3~

その2からの続き

今後のメンテのことを考え、フレーム内にワイヤーライナーを
挿入することにしました。
まずは、細い針金を使用し、ブレーキとシフトワイヤーの動線を
確認します。

そして、いよいよワイヤーライナーの挿入です。

▼今回使用したライナー
DSC_0472
少し手間取りました^_^;

そして・・・、
▼フロントブレーキワイヤーOK
DSC_0474
▼リアブレーキワイヤーOK
DSC_0475
▼フロントシフトワイヤーOK
DSC_0478
▼リアシフトワイヤーOK
DSC_0477

ワイヤーライナー含め、すべてのワイヤーを通すことが出来ました!(^^)!

残りは、ブレーキとディレイラーの調整だけとなりました。

その4に続く・・・

その1からの続き

それでは、フォイルの組み立てます。

1.フロントフォークとハンドルを仮組する
 これはあっさり終了しました(^-^)

2.ブレーキキャリパーを交換する
 58系105をアルテグラに変更します。

 ▼左がフロント、右がリア
 DSC_0468
 ダイレクトマウント式は初めて見ました。(※2点止めなのかぁ)

 フロント終了
 DSC_0471
 左の固定がやや面倒。手で持っていないとブレーキが開き、工具が入らない。
 
 リアはBB下に装着するタイプです(すぐ汚れるらしい・・・)
 シマノの場合、BR-6810RがBB下用で、BR-6810RSがシートステイ用です。
 ちなみに、4桁の数字の下2桁が00はキャリパー式で、10がダイレクトマウント式
 のようです。

 リアは難なく終了
 DSC_0469

 
3.ブレーキ及びシフトワイヤーを通す
 ケーブル内包型は難しいとは聞いていましたが、ほんとに難しいです。
 中古のワイヤーで試しましたが、見事にほつれました(^_^;)
 今回、送られてきた時点でワイヤーはすべて抜かれており、ケーブル
 ライナーなどもありませんでした。
 どうやって通していたの?

 今後のことも踏まえ、この際、ライナーも挿入することにしました。
 
 その3へ続く・・・

このページのトップヘ