R-LR Road Cycling

長崎の自転車LOVE♡な人あつまれ(^^♪

カテゴリ: 個人記事

交通事故備忘録も三回目となった。

今回からは三回に分けて、「お金」のことについて書こうと思う。ややいやらしい話になるが、交通事故の補償(お金)については、多くのサイクリストが気になることではないだろうか。

事故について

 

まずは、おさらいとして、

①過失割合は1(僕):9(相手)

②加害者は任意保険(東京海上)への加入者である。

③僕の診断名は、頸椎捻挫・腰部打撲傷・右肩関節捻挫・左肘関節打撲傷・右膝関節部擦過傷であり、頸部痛、腰部痛、両肩関節痛、頭痛が症状としてある

 ※主症状としては、よくある「むちうち」である。

 

賠償額の計算(請求)計算方法としては、「自賠責基準<任意保険基準<弁護士基準」と金額が大きくなる。加入保険等で弁護士特約が付帯されているのであれば、弁護士に依頼することで高額な賠償金を受けることが出来るかもしれないが、僕にはなく、自賠責保険の補償上限額の120万円を超えることはまずないため自賠責基準での計算となる。

 

ちなみに、軽傷であることから、警察からは、物損事故で処理するか、人身事故で処理するかは、僕に委ねられた。一応、知人の弁護士に相談したところ、どちらにしても僕への補償が変わることはないとのことであったので、物損で処理した。そして、弁護士を雇い、弁護士基準で賠償額を上げても、弁護士費用の方が高くつくとのことであった。

 

さて、本題の賠償金についてであるが、

1.物損補償 2.人身補償 3.その他の補償

の3つに分け、今回は「物損補償」について書いてみようと思う。

 

1.物損補償

 ①自転車本体の修理費
  ▼自転車の写真
 DSC_1366
 ▼左レバー
 DSC_1360
 DSC_1361
 ▼リアステー
 DSC_1363
 ▼フロントフォーク
 DSC_1364

 写真を見てわかる通り、明らかな破損は、左のレバーだけであり、フレーム自体の損傷はないように見える。しかし、購入店で見積もりを依頼したところ、修理費は28万との回答であった。交通事故で自転車が破損した場合は、フレームの全損として処理するようである。今後、何かあった場合に責任がとれないからである。ここで、問題となるのは、自転車の時価額の判断である。ロードバイクは高額であるとはいえ、所詮は自転車である。法的にはママチャリと同じく、35年経過すると、無価値となることもあるらしい。つまり、賠償額は0円と判断されることもあるのだ。しかし、今回、保険会社からは、22万円の提示を受け、二つ返事で了承した。

 ②その他の修理費等
  1)ヘルメット
   DSC_1251
   スレ傷あり。わかります?

  2)めがね
   DSC_1257
  3)ジャージ上
   DSC_1241
   軽いほつれです

  4)ジャージ下
   DSC_1244
   縫い目が少し裂けています
  5)シューズ
   DSC_1246
   DSC_1247
   ダイヤルとソールに傷
  
6)グローブ
   DSC_1239
   人差し指の破れ

  
7)ライト

 DSC_1236
   DSC_1235

 どの写真を見ても、どこが破損しているのか分かりづらいと思う。実際、使用上は何の問題もない。それでも、保険会社からは、傷ついたものは全て申請してほしいとのことであった。購入した時の領収書の提出も求められたが、そんなものを保管しているはずがない。最近、楽天で購入したヘルメットとシューズは楽天のサイトから印刷できたが、他は自己申告で提出した。一応、現在の購入価格をネット等で細かく調べて併せて提出した。この点は、こちらの保険会社からも良い判断であったとの見解であった。

 結果、8万円の補償額が提示され、これも即了承した。

 

 よって、「自転車本体(22万)+その他(8万)=30万円」が物損分の金額となり、過失割合の1割を引いた「27万円」が賠償されることとなった。

 とういうわけで、マドンの修理は一旦保留とします。(※新車購入時よりも修理費が高い・・・)

 ▼2号機【SCOTT/FOIL】を通勤に使用します
 DSC_1368

明けてもあまりおめでたくない、めがね坊主です。

先日の交通事故以降、自転車は休眠中です。

身体の調子はだいぶ戻ったものの、本調子ではないことや家族の説得など、もうしばらくは自転車は控えることになりそうです(-_-;)

事故についてはコチラ

さて、事故について、過失割合が決定しました。
予想通り、1(僕):9(相手)となりました。

相手の物損分については、相手の車の修理費が約7万だったので、僕の負担分は7千円となりますが、個人賠償責任保険から支払われる為、自己負担分はなし。

こちらの物損分は、約30万となりました。
自転車分が約22万、その他分が約8万と判断されたようです。
ちなみに、その他の分とは、
①ヘルメット
②めがね
③ジャージ上
④ジャージ下
⑤シューズ
⑥グローブ
⑦ライト
で申請していました。正直、どのように判定されるかは謎ですが、補償額としては十分であったと思います。
うち、過失割合1割分を除く、約27万が支払われました。2014年当時の購入額と同程度だったので、まずは満足しています。

▼カタログより
DSC_1288

▼納車直後
DSC_0059

※治療が継続中のため、慰謝料や治療費については、まだ決定していません。

11月某日 『めがね坊主は車に跳ねられる』
仕事が終わり、いつものように自転車で帰宅。
会社を出発後まもなく、車に跳ねられる。

▼事故の様子
事故現場
国道への左折のため停車している車の前を通過しようとしたところ、国道の車がきれた為か、停車していた車が突如発進。正面にいた僕の右側を跳ねる。
僕は跳ねられた衝撃で、左側の車道へ転倒する。幸い、車道に車はいなかった為、大事故は免れる。

車の運転手が、すぐに警察と救急車を手配。15分程で事故現場に到着する。
僕に大きな怪我はなく、意識もハッキリしていた為、救急車は使用せず。

【事故検証の結果】 車側にドライブレコーダーが装備されていたため動画と共に検証
 ①自転車は本来、車道を走るもの。歩道を走っても罰則等はないが、大いに反省する必要あり。
  ※僕の速度は10~15km/h程度。車は発進直後のため速度はそれほど出ていない様子。
 ②車側は、右側しか見ていなかった為、注意不足を指摘される。
 ③ヘルメット及びライトの装着について確認される。
 ④自転車は軽車両であり、歩道は走行禁止ではなく、速度も出過ぎていないことから、
  事故割合は9(車):1(僕)前後になる可能性が高い。
  ※僕は歩行者ではないため、10(車):0(僕)になることはないらしい。

【Point】
 ①相手がきちんとした人だった。
  事故連絡や任意保険にもしっかり加入していた。
 ②ヘルメットやライトの装着の有無が過失割合に影響するのだろうか?
 ③めがね坊主は、自転車単独の保険には加入していないが、Co-pe共済の「個人賠償責任保険」
  に加入している。
  「個人賠償責任保険とは」
   ・子供用の生命保険のオプション。月170円。賠償限度1億円まで。
   ・子どもの保険であるが、家族の事故の面倒も見てくれる。
   ・相手の損害を賠償するものである為、自身の怪我についての保障はなし。
   ・自身の物損の保障はないが、交渉窓口にはなってくれる。
 ④人身事故にするか、物損事故にするかは僕に委ねられる。
  ※弁護士などに相談してみたところ、どちらで事故処理したとしても、僕への保障に
   影響することはないとのこと。
  ※相手もきちんとしていたので、物損事故で処理する。ちなみに、人身事故にした
   場合は、後日、裁判所への出頭や相手側に罰金が科せられるらしい。

事故検証が終わり次第、妻に僕と自転車を回収してもらい、病院受診する。

病院到着頃に首と両膝に痛み
レントゲンの結果、頚椎捻挫(むちうち)と両膝の打撲の診断を受ける。

翌日、腰にも痛みが出現。
再受診した結果、腰椎捻挫の診断を受ける。

治療は、痛み止めとリハビリ通院(牽引・電気治療・マッサージ等)

【治療費について】
 自賠責保険の範囲(補償上限120万円)であれば、過失割合に関係なく、僕の治療費は全額保障してくれる。

自転車等の破損については、現在、交渉中につき後日アップ予定。

めがね坊主です

僕の毎日の通勤ルートにあのトトロが現れました。

▼トトロ
DSC_1223
身長160cm 体重200kg らしい

▼ねこバス停「かんのんさまうえ」 ※滝の観音近くだけに(長崎市平間町) 
DSC_1224

▼ネコバスを待っている模様
DSC_1226






後日・・・・

▼サツキとメイも現れた(笑)
DSC_1231

▼あの名シーン
DSC_1232

▼まだ、ネコバスはまだ来ない
DSC_1233




P.S めがね坊主は、自転車で帰宅中に交通事故に遭いました。
幸い、僕に大きなケガはありませんでしたが、自転車は一部破損し、修理までしばらくかかりそうです。もしかすると、もう戻って来ないかもしれません(悲)

また逢う日までお達者で・・・

連休中は子守りのためライド出来そうにないので、本日ロングライドを実施。
コースは、かなり久しぶりの野母崎一周。天気は曇りだけど、微風で気温もあまり高くなく、ゆっくり走るにはベストコンディション。

ところどころ、先日の雨の影響か山側から水が路面に流れてきてたので注意が必要。

▼野母崎頂上の風車たち
DSC_1200
▼女神大橋
DSC_1202

本日のコース

 

このページのトップヘ