R-LR Road Cycling

長崎の自転車LOVE♡な人あつまれ(^^♪

カテゴリ: 活動記録

本日は、久々にロングライドを行いました。
行き先は「野母崎一周(野母一)」です。

今日は、風は強かったですが、ライドには絶好の天気も気温で楽しく走ることが出来ました。
前回は、途中足がつってしまい、いまいちタイムが伸びませんでしたが、今日はまずまずのタイムが出ました(^_^)

▼コースはコチラ

どうも、めがね坊主です。
ここ三日間、ヒルクライム練を実施したので、その報告です。

▼一日目


▼二日目


▼三日目


仕事帰りに行っているので、コースはいつもと変わらないですね
何がヒルクライム練になっているのかというと、「アウター縛り(インナー禁止)」で走ってます。
(※ローギアは25T)
なので、平均ケイデンスは70を切ります。間の瀬等の勾配10%台になると、50すら切ります。
SFRトレに近いので、足が悲鳴を上げます。

結果、速度も落ちてるので、効率は悪いです(当たり前ですが)
無理に速度を上げようとすると、膝や腰を壊しそうなので、ゆっくりじっくり踏むと何とかなりました。
興味がある方は、ぜひお試しあれ。(1km未満の距離から始めましょうね

こんにちは。めがね坊主です。
このところの雪続きで久々の更新となります。
なまった身体にムチを打つため、今日は「めがね坊主の行ってみようシリーズ」をしました。

本日の行き先は、めがね坊主初の「権現山」です。


▼とりあえず撮っときました
DSC_0172


権現山の勾配は後半が10%前後程度で極端な坂はありませんが、なまった身体には結構辛かったですね(+o+)
何より、海風が強く、ところどころ強風に襲われました。(めがね坊主は風が苦手です)
次行くときは、もう少し気候が良い時にします。それではまた。

こんにちは ふっき~です。

ふっき~は雨男と評判でしたが今回は晴れです。しか~し・・・11月とは思えない寒波到来です。12月下旬並みの気温です。やはり、ふっき~は悪天候を呼びます(笑)

本日の目的地は1000m級の五家原岳です!
先日、めがね坊主さんは一足先に上ってさらにあっさり1時間を切るという速さをふっき~に見せつけているのでした。※前回の記事をご参考ください。



AM9:00に歴史文化博物館前に集合の予定。

予定は未定といいますがふっき~は朝から用事ができて集合場所には行けず間の瀬経由で一人で五家原岳の入り口であるみのり会館前の集合場所に向かいます。
このとき、もう一人集合場所に間に合わず一人旅の人がでました。FUJIさんです。

AM9:05 ふっき~は自宅を出ます。全力で行けば間に合うが五家原は上れんなとジレンマに陥りながら間の瀬を越えます。古賀までは約50分で到着!まあまあの時間です。

歴分を9:00に出発したとすればここは9:40ごろには通るはず。ということは「みんなは先を行っているはず」と先を急ぎます。

みのり会館には10:30の集合予定!

間に合わない!いそげ!

ふっき~は10:40に10分遅れでみのり会館に到着。

すんません!

と思ったら、ぎんじくんとこーいちさんしかいない。現地集合組だけです。

しばらくして、遅れて出発したFUJIさんも到着?

ふっき~:「歴文集合組は?」
FUJIさん:「会いませんでしたよ・・・」

皆さんどこへ行ったんだろう?と話しているとしばらくしてから歴文集合組も到着しました。
みなさんはパン屋さんで休憩していたそうです。
さらにしばらくしてパン屋にサングラスを忘れたとかでKAZUKIくんとITOさんが到着。

全員集合しました。
今回は大所帯です

ふっき~ FUJIさん きたじさん ぎんじくん ITOさん KAZUKIくん こーいちさん MORIMORIくん ふなっしーちゃん SYOGOくん

総勢10名です。

IMG_20171119_114137

スタート前に走る順番を決めます。今回は10名中7名が山頂まで3名は白木峰までです。
ふっき~はふなっしーちゃんに白木峰まで1~2kmだよ近すぎるよ話してました。←嘘つきました(笑)走り出してすぐのところに白木峰まで4.?KMの看板・・・心の中ですんません!と謝るのでした。

スタートは2~3人づつでウェーブスタートです。
ITOさん MORIMORIくん こーいちさんがスタートします。
5分遅れできたじさん スタート
10分遅れでFUJIさん スタート
15分遅れでふっき~ ぎんじくん スタート

ふっき~が先行する形でぎんじくんとスタートするも上りに入った途端にあっという間にぎんじくんに置いて行かれます(T_T)

少しでも離されまいと必死で食い下がりますが酸欠状態になり口の中は血の味がします。
ヤバい!山頂までもたないかも?

白木峰までは見えていた背中も少年自然の家に着くころには見えなくなっていました。

背中が見えたと思ったら先行スタートしたこーいちくんが見えてきました。
少し行くとMORIMORIくんとFUJIさんとITOさんそしてきたじさんも見えてきました。

ぎんじくんはだいぶ前にかわしていったとの情報です。
う~ん、若者は先行逃げ切り型で後半が弱いはずと考えていたふっき~の予想は外れていました。
まず、我が子と同じくらいの高校生と張ろうというのが年寄りの冷や水というものです。反省しなくては(笑)

後半は一人旅です。前にも後ろにもだ~れも見えません。たまに車が通ります。
一人だとダレます。途中で脚が止まります。しかも、傾斜が上がります。

無線塔が見えました。やっと着いた~と一安心したが、急に斜度が上がります。ありえない!
斜度が高すぎるせいかつづらになっているので先が見えなくなりました。
やった!のぼった!とこころにゆるみが出たときにこの斜度15%?越えはありえん

何とか頂上に到着。結局ぎんじくんの背中は見えませんでした。
ぎんじくん曰くつづらで私の姿を確認したとか?ということは最後に見つかっていなければ追いついていいたかも?

line_1511064443791

IMG_5830


半端なくきつかったです。結果は帰るまでわかりませんがギリ1時間のようです。
ほどなくしてITOさん きたじさん MORIMORIくんが到着。
IMG_20171119_131513

IMG_20171119_131641

しばらく待っても誰も上ってきません。
FUJIさんからLINEに「ハンガーノックで止まってます。待ってないで降りてきていいですよ」
こーいちさんからLINEに「脚が攣った!」

助けるべくしてみんなで下山することに気温は3℃長居するのも危険です。
すると、すぐにこーいちさんが下から上ってくるではないですか。

ふっき~:「脚は大丈夫と?」
こーいちさん:「大丈夫みたいです。」
ふっき~:「この先、斜度がぐんと上がるけど大丈夫」
こーいちさん:「行きます!」

こーいちさんは男を魅せ上り続けるのでした。

そして、さらに下るとFUJIさんがみんなに囲まれています。
なんと下山するどころかハンガーノックで動けずとどまっていたそうです。
IMG_20171119_140507

みんなで持っているだけの食料を提供するのでした。
こういうこともあろうかとふっき~はPOWERGELと塩タブを持っているのでした♪

しばらくしてFUJIさんも何とか起き上がれたがホントに動けなかったそうな。
ハンガーノックは恐ろしいです。
その後も、震える脚でなんとか下山することができたみたいですが無理をせずこーいちさんに頼んで車で送ってもらうことに。
IMG_20171119_144126

IMG_5831

IMG_20171119_145926

IMG_5838


そして、帰路につくのでした。
FUJIさんコーヒーおごってくれてありがとう(^_-)-☆

帰ってから五家原クライムの結果を見ると嬉しいやら悔しいやらです。
何とか1時間切りには成功していたもののめがね坊主さんに負けてました(T_T)
いつかリベンジしてやるっす!



こんにちは ふっき~です。

先日から長崎県中を賑わせていた大村湾ZEKKEIライドも終了しました。
私、ふっき~はR-LRのメンバーとは異なりスタッフとして参加しました。

元々エントリーはしていたのですが「情報を得たりできるのではないか?」「今後のつながりを作っておくことも大事」などとチームのためにあえて心を鬼にしてスタッフとして走ることにしました。

実際、チームをまとめてスタートできるように配慮してもらったり、コース情報を得ることができて有意義となりました。

それではスタッフの視点から書いていきたいと思います。

AM5:40 自宅を出る。しかし、携帯電話を忘れて自宅に帰る(笑)
AM6:00 自宅を再出発・・・
AM6:25 会場に到着 すでにR-LRのメンバーは到着してました。

みんなと合流して話をするときたじさんとめがね坊主さんは自走で会場入りしてました。今から160kmを走る人たちとは思えません!

スタート前にスタッフの説明を聞いて黄色のスタッフビブスを受け取り準備完了。

スタート10分前にスタート位置に並びます。
スタートの看板が反対向いてる?
PB050149

ふっき~ときたじさんはスタッフなのでR-LRのみんなとは一緒に走れません。

でも、スタート前はびあんきちゃんが写真を撮ってくれるというのでみんなの元へ
ところがトラブル発生!
なんとFUJIさんのリアディレイラーが動かない?
そこできたじさんが登場!
メカニックスタッフをすぐに紹介して治してもらえることになりました。
なんとワイヤーが切れていたそうです。ここでもスタッフとしての本領を発揮することに!
FUJIさんもスタートに間に合うことができました。
ふっき~ときたじさんはR-LRのみんなを見送ります。

ちょっと寂しい気分になりました

そうこうしているうち自分のスタートの順番が来ました。5人グループの中に入ります。
5人のうち3名は飛び出していきました。2名はゆっくりスタート。

どっちにつけばいいのやら・・・迷います。
最初は後方の2人についていましたが2人もばらけてしまいました。

やはりスタート直後の上り坂がの斜度が半端ないところでふるいに掛けられるだろうか?

仕方がないので前方を追うことにしました。
PB050152

ところがしばらく行くと信号待ちで停車していました。
どんどんとたまっていきます。先行したきたじさんにも追いついてしまう事態に
PB050153

長与のエイドに到着

ここでスタッフもエイド食をもらえるか聞いてみるとぜんぜんOKとのこと(^^♪
ぜんぶいただきました。
PB050155

でも、しょっぱなからあまり食べれないので角煮まんと時津まんじゅうだけいただき残りはぽっけへ

長与のエイドからはきたじさんよりも先に出発することに

出発しようとすると島原さん(仮称)に「一緒にいいですか?」と声を掛けられました。
ふっき~は「いいですよ」と快く返事をします。
琴の尾周回はホームコースなので地元の地の利で島原さんにコースの説明をしながら走ります。
聞けば島原で走っていて上りが得意のこと
前半なので抑えて走っていますがきちんと後ろついてきてくれます。
途中、数人が加わり5名のトレインができました。
喜々津のエイドまで島原さんと話をしながら楽しく走ることができました。

見ず知らずの方と一緒に話をしながら走れるのはチームで走っているとなかなか味わえない楽しさです。R-LRのみんなと会えないさみしさを紛らわせます(笑)

そして、喜々津のエイドではR-LRのみんなと会えました。きたじさんも早々に合流。
少し話をしましたがR-LRのみんなは先に着いていたのでふっき~ときたじさんをおいて出発します。

そして、ふっき~も出発!きたじさんは時間をおいて出発するとのこと。
ところが踏切に引っかかってしまいきたじさんとは合流(笑)
踏切では地元の方を交えて交流会です。
どこば走っとね → 大村湾を一周ですよ! → 西海のとこも通っとね → おいは西海にすんどっとばい
などと盛り上がりました(^^♪

そして、踏切で集団となったのでここから三浦半島をふっき~は引いて走ります。
やっぱ、スタッフだと引く羽目になります(苦笑)

気持ちよく走れる程度のスピードで引きますが上りで脱落する人が多かったので上りは少しペースを落として走ります。
大村市役所まで快調に5名くらいのトレインで到着!

ここでも、またきたじさんと合流

いなほ焼き うまっ! かまぼこ うまっ! おいしいものがいっぱい!
PB050160

大村市役所からは地獄のグリーンロードが待っています。

とその前に大村市役所から空港に向かう道は歩道(自転車用)を進みます。歩行者もいるためスピードも出せず前の人とも団子状態にそして空港道路に入ってから車道へ

車道に入ってからは前を走っていたスタッフからスタッフが重なるのはまずいので前を行っていいですよと言われるが自分の脚では役不足なので先を行っていただきました。←(これが後で裏目に出ます)

前を行くスタッフは速っ!あっという間に見えなくなりました。

そして、3名ほどでトレインを組んでいきます。ここはふっき~は引くことはなく後ろを走ります。
しばらく行くとファミリーマート前の交差点に到着。しかし、信号待ちで前を走っていたスタッフと被ります。ふっき~は信号を1回パスすることに・・・
ここからはとんでもない上りでした。信号を1回パスしたにも関わらずすぐに前を走っていた人たちに追いついてしまいました。斜度が20%近くある上りです。ふっき~は34T×30Tなので楽々上っていたのでした。
前を走るスタッフに追いつくのも何なので少しペースを落とします。

グリーンロードの入るところでキャノンデールさん(仮称)と合流。のぼりが苦手だというので引いてあげることにします。佐世保の方でしたお話をしながらきついのを紛らわせながら走ります。
途中で新幹線のトンネル工事が見えるポイントでふっき~は必要ありませんでしたがキャノンデールさんは水分補給が必要そうだったのでエイドに寄り道します。
そして、川棚のエイドに到着。
PB050162

R-LRのみんなはすでに到着していました。
ほどなくしてきたじさんも到着。
ここで大事件が発生!

スタッフにはお弁当(釜めし)がないとのこと・・・足りなくなったそうです。
私の前のスタッフまではあったそうなのであの時先行しておけばと悔やまれるのでした(´;ω;`)

しかし、160kmの距離でお昼ナシはつらい・・・

R-LRのみんなを見送ってからふっき~もしばらくしてから出発。
4名のトレインができてました。
ここでは長大生くん(仮称)と一緒に話をしながら走ります。長大の自転車部の部員とのこと普通の運動用ジャージを着ていたので走りにくくないか聞いたところ自転車用のジャージのほうが走りにくいとの返事でした・・・
長大生くんとしばらく走っていると前方に伴走スタッフと見たことあるジャージ!
TKHSさんが脚が攣ったとのことで止まっていました。ここはスタッフに任せて声だけかけてスルーしました。後ろを見ているとTKHSさんも再スタートしたみたいだったので安心しました。

そうこうしているうちにハウステンボスに到着
前方からめがね坊主さんが来るではないですか。TKHSさんを心配して戻ってきたようです。
TKHSさんもほどなく合流して一緒にエイドに向かいます。

エイドで待ち受けていたのレッドブルガールです。
PB050166

写真撮ってもらっちゃいました(^^♪
ハウステンボスエイドはエイドの中でも最高でした!
レッドブルガールとのツーショットとステーキサンド!楽しすぎ!うますぎ!最高でした!
さらにこの位置でレッドブルをいただけるのは疲れた体に活を入れられます。いいタイミングです。
05-3

みんなで記念写真をとりました。残念ながらきたじさんはこのときに限って追いついてない。残念!
PB050172

R-LRのみんなを見送ります。
このときTKHSは脚が攣っていたのでついていけないとのことでふっき~が引き受けることにみんなより少しペースを落として走ります。
PB050179

ここで、ラレーさん(仮称)が一緒に走ります。お先にどうぞと声をかけたのですがちょうどいいペースなのでといわれるので一緒に走ることにしました。ラレーさんは福岡から参加とのことでした。ハウステンボスから針尾まではアップダウンが多いのでTKHSさんを心配していましたがその後は脚が攣ることもなくポートホールン長崎まで走りきりました。
PB050182

途中で数名を抜き去るほどの回復ぶりです(驚)


PB050184

ポートホールン長崎のエイドではラムネをいただきました。
ここで、問題発生!なんとここにきて時間がぎりぎりとの情報が・・・R-LRのみんなは出発してしまいました。
ふっき~とTKHSさんとラレーさんも少ししてから出発します。
出発してすぐにめがね坊主さんとFUJIさんに追いつきました。
というのは・・・
07-1

こんなことになっていました。
めがね坊主さんのタイヤが両輪ともパンクだそうです。
TKHSさんとラレーさんは先に行ってもらってふっき~はスタッフなので修理を手伝うことにします。

さらに悪いことに予備のチューブも2本とも穴が開いていたらしく交換したのに空気が入りません。事務局に連絡を入れるがなかなか連絡がない。
そこに、きたじさん登場!救世主です!
1本はパッチを当てて復活、1本はきたじさんが新品のチューブを提供してくれました。値札が付いていたのは内緒(笑)
何とか事なきを得たのですが大幅に時間をロスすることになりました。時間ギリギリだというのに・・・びあんきちゃんは回収されたとの連絡が
ここからは、4人でトレインを組んで踏みまくります。パンクしたお詫びとばかりにめがね坊主さんが引きます。
しまった!!!!
07-3
07-6

07-8

アップダウンのきついところでめがね坊主さんに引かせたらあか~ん!
平地にはいってからはふっき~が代って引きます。
たぶん、全行程の中で一番心拍数が上がったことでしょう(笑)
そして、無事時間内にゴールすることができました。
スタッフとしての参加でしたがゴールは嬉しいものです。

07-9
ゴール後はみんなで大村寿司とトン汁で乾杯です(^^♪

08-1


皆さんお疲れさまでした。
一緒に走ってくださった皆様ありがとうございました。
スタッフとしての参加でしたのでたくさんの参加者の方とお話しできて楽しく過ごすことができました。
また、事前に手信号などの交通ルールを再確認する良い機会を頂いたと思っています。

第1回の開催にもかわらずスタッフの配置も適切でコースに迷うこともなく安心して走れる本当に良い大会でした。また、エイドでも様々なご当地ものがいただける楽しさもあり。
そして、今大会のタイトルでもあるZEKKEIはお天気にも恵まれ最高のロケーションで見ることができました。
来年も参加決定の良い大会です。スタッフ目線といいつつホントに楽しいでしまいました。申し訳ないです(笑)それだけ良い大会だったということです。

それではみなさん来年もお会いしましょう(@^^)/~~~

このページのトップヘ