R-LR Road Cycling

長崎の自転車LOVE♡な人あつまれ(^^♪

カテゴリ: 機材

めがね坊主が「スミスのバロックギア」を装着してから半年ほど経ちました。
そこで、今回はその考察です。

試験コース:古賀町クライム
試験マシン:FOIL(バロックギア34T±3×11-23T)
      Madone(36T×12-25T)

バロックギアの詳しい説明については、公式サイトを参照してもらうとして、簡単に言うと、「足の力が入りやすいところでは、34+3T(37T)のギアになり、上死点下死点では34-3(31T)になるよ。」とのことでしょうか。

ローギアのギア比で比較した場合、
「34T×23T>36T×25T」となります。つまり、FOILの方がペダルが重くなるということになります。更に、FOILはバロックギアなので、一時的に足への負荷は高くなることになります。

R1.5.23とR1.5.24のタイムは比較してみます。ちなみに体調の差はほぼありません。

▼R1.5.23FOIL

▼R1.5.24Madone

結果として、Madoneの方が良いタイムが出ました。

めがね坊主の場合、勾配が緩いところでは速度が上がるが、10%以上となると、23Tでは脚力不足になるようです。バロックギアでは、インナーが最大が37Tとなる為、なおさら脚力不足になると思われます。

つまり、バロックギアは、「ツボにはまると、気持ちいいが、ギアを間違うと足が終る。」といったところでしょうか。

バロックギアを使用する場合、スプロケの選択は慎重に考えましょう。
ちなみに長与のムラセ自転車でバロックギアの試乗車がありますよ。

めがね坊主です
FOILのポジション調整後、初のロングライドです。

今回のコースは、「裏・野母一」です。獲得標高が1000mを超えるコースです。
アップダウンも激しいので、ポジンションの確認にはもってこいです。

▼こんなコース

しかし、今日は風が強かったです。まじ死んだ・・・(*_*)

ポジンションは、まだ調整の余地はあるものの、股ズレなどもなし。まずまずです。

それではまた・・・。


 

めがね坊主です。
今回は、愛機FOILの調整についてです。

▼これですね
DSC_0595
組み立て後、ローラーや実走を繰り返してきましたが、どうにもポジジョンが合っていないようです。
めがね坊主の症状としては、『走行後、全身がこわばる』、『股ズレが著明』といったところです。つまり、ライディング姿勢が悪いということでしょう。

原因としては、
①サドルの設置位置(高さ・前後・角度など)
②そもそもサドルが合わない
DSC_0597
SCOTTなのにGIANTのサドル(苦笑)
②レーパンの問題
が挙げられるでしょうか。

今回は①の調整を行い様子を見ることとします。

普段使用しているMadoneと比べて、座った位置からハンドルが遠いようです。なので、姿勢が前のめりになり、股や上半身に余計な力が入ると思われます。

1.サドル高を下げてみる。目盛がついているので調整もしやすい。
DSC_0596
高さを下げると、微妙に前にいきますね。

2.サドルの前後位置を調整する。
DSC_0598
今回はかなり前にくるようにしました。角度は水平で。

こんなかんじになりました
DSC_0594

通勤ライドで調整を繰り返します。(※mm単位の調整になりました)

結果、「ある程度」調整は出来たと思われます。
後は、慣れの問題か、更なる調整が必要となるのか検証を進めてみます。

ふっき~です。

あまりにも久しぶりの更新です。
BIKEを新しくしたので新旧の乗り比べをしてみました。

『TREK 5500』
パーツを交換しながら乗り続けている。
1992年のモデルだったと思うので26年前にもなるのか・・・
RIMG0010

スペック
コンポ:105 5700 (10S)
フロント:50-34
リア:11-25
ホイール:WH-7700
タイヤ:LIFE LINE 25C(wiggleの激安品!)
重量:約9kg

『Bianchi FENICE』
NEW BIKEです。
貧乏なふっき~はフレームを型落ちで買ってコンポはほぼ中古なのでアルテグラ6800とR8000のミックスです。カラーリングが憧れのパンターニです。
でも、このバイクはアルミ製なんですよね。
RIMG0011

スペック
コンポ:アルテグラ(6800とR8000のミックス)
    インナーチェーンリングのみQringsに変更
フロント:50-34(インナーQrings)
リア:11-28
ホイール:SCIROCCO 35mm
タイヤ:ミシュラン リチオン2 23C
重量:約8kg

『Bianchi SEMPRE PRO』
娘のBIKEです。BBがBB30を使っているせいかシマノよりスムーズにペダリングができる気がします。一番下のグレードのコンポなのに不思議です。

RIMG0009

スペック
コンポ:SORA(R3000) (9s)
フロント:50-34
リア:11-28
ホイール:RACING7
タイヤ:panaracer closer plus
重量:約8.5kg


今回、乗り比べたコースはここ



上の3台でヒルクライムの乗り比べをしてみました。
『乗り心地』
TREK5500が一番良いです。次にSEMPRE PROです。やはりカーボンは乗り心地がいいです。アルミ製のFENICEはお尻への突き上げがダイレクト過ぎます。FENICEでのLONGは体への負担が大きそうです。
『ペダリング』
これはやはりSEMPRE PROが一番です。くるくる回ります。BB30のせいだと思います。
ただ、ケイデンスが上がるのはFENICEです。やはり楕円リングの効果だと思います。ただし、ケイデンスは上がってもローギアを使うようになるので速さには直結してないようです。
『ハンドリング』
BIKEでこんなに変わるんだと思ったのがハンドリングです。もともとTREK5500はクイックだなと思ってましたがFENICEはさらにその上を行きます。安定感があるのはSEMPRE PROです。この辺りは購入するときにはわからないんですよね。わかる人はジオメトリーとかを見てわかるんでしょうね。
『速さ』
一番気になるのはここだと思います。自分的にSEMPRE PROが乗った感触としては一番楽に上れたように感じました。次にFENICEで最後にTREK5500です。しかし、楽に上れたのと速さとは直結していないようです。
タイム
TREK5500        13'32
FENICE             12'40
SEPMRE PRO  13'20
アルミのFENICEが一番速く上れたようです。SEMPRE PROは3本目だったのでもしかしたらFENICEと逆転していたかもしれません。
『総括』
タイヤとホイールがすべてバラバラなので単純比較はできませんが一番バランスがいいのはSEMPRE PROだと思います。坂も上れて、LONGも走れるオールマイティーなBIKEです。実はSORA(R3000)は変速性能も結構いいですしフロントに関してはR8000のアルテグラよりも軽いくらいです。
短距離決戦であればFENICEです。アルミ特有のダイレクト感があります。ただ、不思議なことに下りや平地でスピードが乗ってくるとTREK5500が一番最高速が伸びるんですよね。FENICEが一番伸びません。それぞれに特色があって面白かったです。
今後は愛着のあるTREK5500はトレーニング&ロングライド用、FENICEはヒルクライム用として使い分けていくことになりそうです。

こんにちは、めがね坊主です。
今日は、グループライドです。めがね坊主は久々です(楽)

その前に、めがね坊主は、スプロケを変更しました。
11-28Tから11-23Tへの変更です。(※今回はクロースレシオにチャレンジです)

こいつです
SHIMANO(シマノ) CS-6800 11S 11-23T

シマノ(SHIMANO)






11-25Tと迷いましたが、
 ①シマノの現行スプロケから11-23Tがなくなったこと
 ②現在、フロントがコンパクトクランクであること
の理由により決定しました。
※現在も36×25Tで何とかなっているの大丈夫と思う。

▼インスト~ル
DSC_0534

やはり、11-28Tと比べて小さい。

さて、早速、シェイクダウンライドといきましょう(^O^)

東長崎から網場・春日~茂木と抜けるルートを走ります。
1544873175326
海も空も青い

1544873164073
4台のロードバイクと
1544873168232
それを眺めるおっさんズ(なんかウケる)

機材トラブルはあったものの、無事帰宅しました(^_^)




このページのトップヘ