ふっき~です。

「Giant ESCAPE RX3」 をドロップハンドルにする計画

今回で最終回です。

本日は外の気温は36℃を超える猛暑日です。
熱中症に気を付けなければならないのでAM6:30から作業開始。
前回、TREK5500のコンポの乗せ換えでは一日がかりだったので早朝から開始することにしたのです。
※ところが以外に前回ので慣れたせいか午前中のうちに終了しました。 

①ハンドル

やっぱりここからでしょう(^^♪ これが変わると一気に気分が盛り上がります(笑)

P8091498
P8101503


②問題のブレーキ

テクトロのミニVブレーキは小さいだけで何が違うのかは不明?
試してはいませんが普通にVブレーキでも引けたかも?
とりあえず説明書を読んでホイールとブレーキの隙間を1mm以内に調整。
ブーツは間隔が狭く取り付け不可でした。
調整はあまり難しくはなかったがテクロトのブレーキは剛性が低い?なんだかブレーキを引いた感触が柔らかいです。
ブレーキ自体はよく効きますがスピードのコントロールは難しいです。ONとOFFみたいな感じかな?

P8091499
P8101501

P8091500
P8101502


③クランク

今回はここで苦労しました。
普通だったらBBを外すのに苦労するところですがなんとクランクを止めているボルトが外れない!
ギアホイール側がとにかく外れない。
1時間近く格闘しましたが外れませんでした。あきらめてACERAのままにするか。とほほ・・・

クランクが外れないのとだんだん暑くなってきたので判断力が鈍っている。
ここらで休憩をを入れて頭を冷やすことにしました。

P8091496


④R・ディレイラー &リアスプロケ 

R・ディレイラーはボルトを回して外して取り付けるだけなのでかんちんちんでした。
ちなみにスプロケは32Tだとディレイラーと干渉して駄目でした。
11-32Tから12-25Tに交換。

P8091494P8101511


⑤クランク&Fディレイラー

やっぱりクランク交換をあきらめきれず再度挑戦!
30分ほど格闘して突然「ぱきっ!」という音とともにボルトが回りました( ;∀;)
これほどうれしかったことが近年あったでしょうか。
というくらいうれしかったです(笑)

F・ディレイラーを取り付けるためにバンドアダプターにF・ディレイラーを取り付けようとするとなぜかつけられない。もしかして間違った部品を発注したのか?30分ほどワッシャーをはめたりして格闘する。
そしてなんとか取り付けることができたのでフレームに取り付けようとするとバンドアダプターにF・ディレイラーを取り付けた位置を間違っていました。
ワッシャーなんか必要もなく本来の取り付け位置につけると普通に取り付けできました。部品の発注ミスでもなんでもなく単にボケていただけでした(苦笑)
P8091496P8101510

P8091495
P8101513
P8101512


⑥調整 

残すは調整のみ
ブレーキは調整済みなのでF・Rディレイラーを調整します。
R・ディレイラーは問題なく一回で終了。
F・ディレイラーは苦労しました。高さを調整したりクランクを増し締めしたりして30分ほど格闘し何とか調整。
最後にバーテープを巻いて終了です。
しっかし、バーテープを巻くのは難しい。何度やってもうまく巻けません。悔しい

⑦総評 

本来MTBベースのクロスバイクなのでロード用のパーツを取り付けるのは保証外なのでどうかと思いますがとりあえずブレーキを除くと取り付けは可能なようです。まあ、ネット上では先人の方たちがさんざんやっていますので割合します。
本来の目的を達せしたのかという点ですがやはりハンドルをかなり高めにしたので楽な乗車姿勢が取れるようになりました。
もともと自分のESCAPEはサイズがXSと小さめを選択していたのでハンドルが若干遠くなったくらいがちょうどいいようです。
ちなみにTREK5500と比べるとハンドルがかなり高いです。
しばらくは調整のため近場で乗る予定です。琴の尾岳などで見かけても煽らないでくださいね。

P8091493
P8101509
P8051491

おしまい(@^^)/~~~
次回はESCAPEの余った部品でルイガノLGS6を8速から9速にしてみましょう(^^♪