ふっき~です。

本日も朝から伊木力ダム練に行ってきました。

現地に到着するとめがね坊主さんはすでにLSDを開始してました。

P7173820_1 (2)


本日のメニュー
めがね坊主さんとは異なるメニューをします。

10周×3 ペース走 + α 
BIKEはTREK5500です。

DSCF0289


先日、OLYMPICのタイヤをSERFAS SECAからお古のミシュランPRO3(古いけどまだすり減ってはいません)に変えたところ明らかに重くなったような気がしてたのでタイヤやホイールでスピードやその他が変わるのかを実験してみたいと思います。(※普通ならばPRO3が軽くて速くなるはずですがやはり劣化していたようです。)

1セット目 PANA CLOSER PLUS 25C + CONTI RACE28 + WH-R500
2セット目 PANA CLOSER PLUS 25C + PANA R'Air + WH-7700
3セット目 SERFAS SECA 23C + CONTI RACE28 +WH-R500
4セット目 SERFAS SECA 23C + CONTI RACE28 +WH-R500
※SERFAS SECAはワイヤービートなのでかなり重いです。
タイヤホイールを含めて正確な重量はわかりませんが重い順に以下になります。
3セット目>1セット目>2セット目

DSCF0292

DSCF0291


それぞれ重さやサイズの違うパターンで走ってみました。

1セット目 0:28:32
2セット目 0:27:31
3セット目 0:28:37
4セット目 0:35:08  (※ダウンのため流してます)

結果はやはり軽さは正義というところでしょうか。
2セット目で使用したWH-7700だとギヤが一枚分軽くなったという印象です。
速度はあまり変わったような気はしませんが立ち上がり速度が速くなるので、コーナーなどで落としたスピードをすぐに巡航速度までもっていけるので疲れも少ないようです。 

23Cと25Cの差はタイヤ自体が異なるので一概にタイヤサイズによる差がわかるものではありませんし3本目で疲れも若干出てたので比較する意味がないのかもしれません。 ただし、乗り心地やコーナーの安心感は25Cがいいようです。

それと、タイヤはすり減っていなくても古くなると劣化して走りに影響が出るようです。決戦用タイヤなど大事に取っておいても意味がないようなのでどんどん使って次のタイヤに変えていくのがベターなような気がします。

貧乏性の私にはそれがなかなかできないんですよね(笑)