ロードバイクに乗るようになってエアポンプは仏式を使うことが多くなってきた。
というよりロードバイクは毎回エアチェックするので頻度が高い。
今まではパナレーサーの楽々ポンプを使用していたが仏式にするには仏式バルブアダプターをねじ込む必要がありかなり面倒 。
というわけでパナレーサーの仏式・米式自動切換え式を購入。
仏式バルブアダプターを使う面倒さからは開放されたが今度はクロスバイクが英式バルブなので対応できない。
というわけで探してみるとエアチェックアダプターなるものを発見!
英式バルブを米式バルブにしてくれるアダプターです。


これで、エアポンプ一本で対応できるようになりました。
とここまでは普通のことなんですが・・・
なんと、英式バルブでは空気圧が計れないという事実を知ってしまった!
今までエアゲージを見て空気圧を調整していたのがまったく無意味であったorz
実際に適正空気圧まで入れてみると、手でタイヤを触ると以前よりもかなり硬い。ということはぜんぜん空気が入っていなかったということです。
もうひとつうれしいことに英式バルブのときよりも空気を入れるのが楽になりました。