ふっき~です。
今年も後少しになってきました。

年末はなぜか物欲が止まりません(苦笑)

XPS8300 ようにgeForce 750TIをポチりました。
しかし、よく調べるとgeForce 650TIよりもベンチマークは落ちるという情報がorz
※後でわかったことですが750TIの方がスペックは高いようです。
約¥5000がお勉強代になってしまいました。

PC050136


RADEON 6850HDは2段

IMG_20191228_114139


geForce750TIは2段分の厚さはありますが端子は1段しかもブラケットは外せます。
RADEON 6850HDの隣にあるgeForce6800GTSのブラケットと似てます。

IMG_20191228_114657

はい! ハマりました♪ HDMI端子は使えませんがDVIが使えるので問題なし。

そうです!optiplex745に使えないかと画策中です。

やはりというか冷却FANがコンデンサーに干渉します。GeForce 9600GTは無理やりはまりましたが今回は入りませんでした。
しかし、諦めるのは早い!

IMG_20191228_115811


冷却FANのカバーを外しました。エアフローが変わるので自己責任ですが・・・

写真を撮り忘れましたが余裕で入り、コンデンサーへの干渉もありませんでした♪

ちなみにメモリーは
6800GTS : 256MB
9600GT   :512MB
650TI       : 1GB
750TI       : 2GB
6850HD   :1GB
です。

もう一度スペックのおさらいです。

DELL OPTIPLEX745

 OS:Windows10PRO(64bit)
 CPU:Core2Duo
 MEMORY: 4GB
 GPU:9600GT → 750TI

ちなみにこの750TIはスペックはあれですがいいとこもあります。
なんと補助電源が必要ありません。消費電力が60Wと低消費電力です。
まさに、古いPCとか、メーカー製の非力な電源ユニットにはもってこいです。

では、ZWIFTをやってみます。
あっ!起動テストしてませんでした。

電源オン!
バイオス起動
ウィンドウズ起動しませんでした。起動するまえに再起動。
今度こそウィンドウズが起動しました。
しかし、ドライバーがデフォルトでは入っていないようです。9600GTのドライバーを削除して新たに750TIのドライバーをダウンロードしてインストールします。

無事にZWIFTが起動しました。


スクリーンショット (12)

9600GTの時はGPUは表示がありませんでしたが750TIは表示があります。


スクリーンショット (13)

最高(1440p)が選択出来るようになりました♪

さらに

2019-12-28 (2)


アバターに影がつきました。
疑問が解決しました。画質の違いは下の表に関係なく、ビデオカードにより忖度されるようです。

zzzz


しかも、最高(1440p)でも滑らかに動きます。

ここまでにビデオカードを2枚お勉強代にしましたがZWIFTは低スペックのPCでもビデオカードさえ何とかすれば高画質で楽しめる事がわかったのでよしとします。

ちなみに自分の環境では650TI(1GB DDR5)以上でアバターに影がついて最高(1440p)が選択できました。この辺がラインでしょう。

これからZWIFT用のPCを検討されるのでしたらビデオカードを検討するのがいいと思います。
ゲーミングPCでないと高スペックのビデオカードは物理的な原因で選択できませんが、1050TI とか1650などの1スロットタイプやロープロファイルや補助電源が必要ないなどの製品もありますので探してみてはいかがでしょうか。

私は今回のスペックで納得のいく結果が得られたので壊れるまでは今のPCをZWIFT専用機として使い倒します♪

以上でZWIFT用のPCの話は最後にしたいと思います。