ふっき~です。

何とかPCでZWIFTを動かしてみたい・・・
低予算でZWIFTをしようと考えるとAppleTV4Kあたりが一番コストパフォーマンスがいいんじゃね?
と考えていましたがYouTubeとかでAppleTV4Kとかの動画を見ると影がない?PC版はWindowsもMacも影がある?
ということはPC版のほうが臨場感があるんじゃなかろうかと悩む"(-""-)"

で・・・HD4000とは何ぞや?と調べてみることにします。
私の脳内はPentium時代の古いスペックなので多くは期待しないでください。

http://www.pasonisan.com/ta-dell/xps8500-hdg4000.html


こちらのページを参考にさせていただきました。
なんとCore i7 の超ハイエンドなCPU付属のGPUみたいです。
Core i5とかCore i3とかに付属するのはさらに下位版みたいです。

そんなにZWIFTは要求スペック高いの?

しかし、最近のPCではエントリー価格のPCでも問題なく動いているようです。
ZWIFTの推奨スペックのページが数年更新されていない?HD4000も第3世代のCore i7なので2012年ごろのスペックのようです。ということは今は2019年なので7年の間に超ハインエンドなスペックがエントリーレベルまで降りてきたいうことなのでしょう。
ということでZWIFTが薦める最低限のスペックを参考にヤフオクで探してみます。

GRAPHICS 1GB dedicated GPU,or embedded Intel HD4000/AMD R5

GPUのメモリーが1GBということでRadeon HD6850を選択。
送料込みで¥2100でした。

しかし・・・

PC050136

届いてみると明らかにでかい!

入るのか?

いえ、入りませんでした。

¥2100はお勉強代として支払ったことにします。
痛恨のミスでした。

まあ、最近のPCのことにはまったく疎いのでこれくらいは起こるだろうとは考えていたので想定内です(苦笑)

ということで今度は少し下調べしてから購入することに・・・ぜんぜ懲りてません(笑)

まず、OPTIPLEXのGPUですがPCI-ex 1.0a ×16のようです。
これが曲者でPCI-ex 1.1であればPCI-ex 2.0以降も互換性があるようですがPCI-ex1.0aは相性問題が多数で2.0以降は動かないと考えた方がよいとのことでした。

ここでおわた・・・

しかし、あきらめきれず色々とページを探していると下記のスペックでも動いていると報告が

Windows7 64bit HomePremium
Pemtium E6500
DDR2 PC6400 1GB×2
GeForce 9600GT 512MB GDDR3

GPU以外がそんなに変わらないじゃないですか!
というわけで1スロットタイプのGeForce 9600GT 512MB GDDR3を探す旅に出ます。

つづく・・・