その1からの続き

それでは、フォイルの組み立てます。

1.フロントフォークとハンドルを仮組する
 これはあっさり終了しました(^-^)

2.ブレーキキャリパーを交換する
 58系105をアルテグラに変更します。

 ▼左がフロント、右がリア
 DSC_0468
 ダイレクトマウント式は初めて見ました。(※2点止めなのかぁ)

 フロント終了
 DSC_0471
 左の固定がやや面倒。手で持っていないとブレーキが開き、工具が入らない。
 
 リアはBB下に装着するタイプです(すぐ汚れるらしい・・・)
 シマノの場合、BR-6810RがBB下用で、BR-6810RSがシートステイ用です。
 ちなみに、4桁の数字の下2桁が00はキャリパー式で、10がダイレクトマウント式
 のようです。

 リアは難なく終了
 DSC_0469

 
3.ブレーキ及びシフトワイヤーを通す
 ケーブル内包型は難しいとは聞いていましたが、ほんとに難しいです。
 中古のワイヤーで試しましたが、見事にほつれました(^_^;)
 今回、送られてきた時点でワイヤーはすべて抜かれており、ケーブル
 ライナーなどもありませんでした。
 どうやって通していたの?

 今後のことも踏まえ、この際、ライナーも挿入することにしました。
 
 その3へ続く・・・