めがね坊主です。
今回は「補給食」について実験したので、その報告です。

めがね坊主は、ショートやロングライド問わず、ボトルの中身は「水(水道水など)」です。
理由は、
 ①タダ同然
 ②ボトル洗いが楽
 ③身体にかけることが出来る
 ④ゼロカロリー
といったところです。
※ダイエット目的のLSD時は④は結構重要です。スポーツドリンクのカロリーはバカに出来ないのです。

但し、ライド中に別に栄養を補給することを前提としています。

ネットで調べれば、サイクリングの補給食の情報は山ほどあるのでそちらを参考にすれば良いと思います。
ライド前の食事は、パスタが王道のようですが、めがね坊主は「うどん」が好きです。
同じ麺類なので、たぶん良いと思いますし、温も冷もおいしいですよね(^_^)

ライドに持って行くのは、「バナナ」が有名ですね。
めがね坊主も持って行くことが多いです。後は「塩ようかん」です。
マイブームは「かし原の塩羊羹」です。個包装してあるため、ポケットにも入れやすく、慣れれば走りながら食べることが出来ます。専用のスポーツ羊羹なみのスペックです。

今日は、湾一ついでに補給実験をしてみました。

▼コースはこちら


通勤の帰りに行ったので、今回の携帯食は、「コッペパン(つぶあん&マーガリン)」と「塩ようかん10個」でした。出発前にオニギリを2個食べました。
※ライド直前は単糖類(バナナなど)より多糖類(麺類など)が良いとの情報あり。
 単糖類や即効性抜群。多糖類は吸収は遅いが持続性があるらしい。

休憩(補給/水補充)は、ハウステンボス先のセブンイレブン(50km地点)で行い、後はノンストップとし、ペースも20~25km/h程度です。

前半の野岳入口~東彼杵インターが強風区間がありました。
補給はコッペパンと塩羊羹2個食べました。
後半は身体も思ったよりも軽く、ペースが上がりました。
100km過ぎたあたりの琴海~時津で渋滞に掴まり、集中が切れたのか、急に身体が重くなります。
どうやらハンガーノック気味のようです。自宅には、無事到着しましたが、補給ミスがあったように思えます。
原因としては、
 ①前半の強風区間で思ったよりも消耗してしまった。
 ②後半にペースを上げ過ぎた
といったところでしょうか。いずれにしろ、補給量が少なかったようです(+o+)

めがね坊主の根拠のない報告ですが、ぜひ参考にしてくださいませ。