めがね坊主です。
めがね坊主の行ってみようシリーズ第2段は、「五家原クライム」です。といっても、めがね坊主も何度かは行ったことがあるコースです。(※ストラバを始めてからは初ですが)

今回のテーマは、「めがね坊主は無事登頂できるのか?」です。
「何をバカな。登るだけなら楽勝だろうが」と言われそうですが、ここ一年、2回チャレンジしましたが、諸事情により途中リタイアしているのです。何よりも今回は、通勤セッティングでクライムすることは初めてなのです。

通勤セッティングとは、
①ホイールが軽量タイプではない。
②「F:52-36T R:12-25T」のギア設定

①はともかく、②のインナーローが36×25Tで足りるのか?この点が不安でした。



結果は無事登頂することが出来ました!(^^)!
DSC_0163
DSC_0164



個人的考察として、
白木峰以降はずっとインナーローであり、後半のつづら折りの連続とラストの20%クラスの激坂ではケイデンスがガタ落ちしました。めがね坊主の場合、もう一つ下のギア比が必要のようです。
セグメントをアタックするなら「34×25Tもしくは、36×28T」を装備することにします。
それではまた。