R-LR Road Cycling

長崎の自転車LOVE♡な人あつまれ(^^♪

2020年10月

ふっき~です

ELITEのdegital qubo +が壊れてしまいました。
ネットで調べると1年で壊れるという書き込みが多数!
私のものもちょうど1年で壊れました。

さすがイタリアンクオリティです。中華に勝るとも劣りませんでした。

お金はありませんが壊れたものは仕方がないの次のものを探します。

中古でTacxのBushido Smartを発見!送料込みで¥36,000とちょっとヤフオクとかに比べると高いけどSHOPのほうが安心できると思い購入。
付属品はすべてそろっていました。さらにおまけ?Tacx Trainer softwere 4とコントローラー Tacx純正Ant+レシーバーがついてました。

ちなみにbushido smartは電源がいらない自己発電型です。これだとレース前のアップとかにも使えそうです♪

早速、キャリブレーションしてZwiftです。
しかし! パワーが出ていないような気がする。
4iiiiのパワーメータとくらべると20~30W低い値が出ている。

ELITE degital qubo + の時はパワーが高い時と低い時で異なる傾向が出ていましたが今回は全体的に20~30Wほど低い値が出ているような気がします。
Excelで検証してみます。


2020-10-20

青が4iiiiパワーメーター
赤がbushido smart

全体的に4iiiiのパワーメーターのほうが高い値が出ています。(ちなみにケイデンスはほぼ同じ値を示していました。)
11%程の差が出ていました。私のFTPが230ほどなので20~30W低い値が出ていると感じていたの正確だったようです。

最大値においては537Wと387Wと大きく差が出ていました。その差150W(138%)

Bushido Smartはレスポンスがよくてケイデンスも正確な数値がでていて実走感もよかったので残念です。

トレーニングモードではBushido Smartのパワー値を使ってレースでは4iiiiのパワーメーターのパワー値を使うことになりそうです。

ふっき~です。

ZWIFTはBluetoothはINTEL製しか使えないのでANT+のUSBスティックがもう一つあると便利だなと思っているとアマゾンで¥840という格安なものを発見!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B08GH99F66/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o06_s00?ie=UTF8&psc=1

説明には
-----------------------------------------
2403~2480MHZ ISM帯域で78の選択可能なRFチャネル。
60kbpsまでのバースト転送速度(データスループットの向上)
最大8つのANTチャネル。
最大8つの公開、管理、および/またはプライベートネットワークキー。
MacOS Xマシンでは、ドライバーのインストールは必要ありません。
タイプA USBコネクタを備えたUSB 1.1 / 2.0フルスピード仕様をサポートします。
新世代のANTコアスタックの機能強化。
「仕様」:
材質:ABS。
カラー:ブラック。
インターフェイス:USB。
サイズ:2.7×1.8cm。
伝送距離:5メートル(最高のパフォーマンスは3メートル以内です)
「パッケージの内容」:
1 x ANT + USBスティックアダプター。
-----------------------------------------

よくわからん?
Windowsで使えるとかZWIFTでつかえるとか書いてないです。
ちなみにANT+STICKとANT+STICK2がありZWIFTでは前者は使えません(Garminのものを両方持っていますがANT+STICKはZWIFTで使えなかった。)。

まあ、¥1,000もしないし人柱でもいいかと考え購入。

・・・

注文から到着までに1か月近くかかりました。忘れたころに到着。
梱包はいわゆる中華クオリティで灰色の袋に入れただけです。つぶれてはいませんでした。
しかし、商品のパッケージもあまりきれいではないです。
潔癖症の方には触れないかも(笑)

DSCF0505

商品の出来も中華クオリティで100均のプラスティック感があります(笑)

とりあえず我がZWIFT専用機に投入!

ZWIFT専用機SPEC
DELL OPTIPLEX745改
CPU:INTEL CORE2 QUAD Q6600
メモリ:6GB
SSD:128GB
GPU:ZOTAC 750TI OC

設定を見るとANT+STICK2で認識

ドライバーも必要なく普通に認識しました。
ZWIFTで4IIIIのパワーメーターもGarminのHRモニターも認識しました(距離は1m以内)。
現在のところ普通に使えています。途中で途切れたりとかもないようです。

Amazon 最安と思われるANT+STICKでした。

ふっき~です。

最近はZWIFTばかりで引きこもりです。

PC版のZWIFTは内部Bluetoothで接続できない問題があるのではないでしょうか?

私もWindows10proでBluetoothでは「Bluetoothの電源が入っていません」のメッセージがで接続できませんでした。

一時は使用できましが再度Bluetoothは使用できなくなってしまいました。

その後、Zwiftのアップデートを繰り返し再度Bluetoothが使用できるようになりました。
ただし、条件があるようです。
Intel製のBluetoothであること?なのでしょうか。

私の環境では以下の環境で接続できました。
 PCI-e接続の無線LANとBluetoothのコンビ
 mini pci-e接続の無線LANとBluetoothのコンビ
Bluetoothはどちらも4.0無線LANは866と300対応と速度が異なります。

ちなみにUSB接続のTP-Link製とBuffalo製のものはどちらも認識しませんでした。
Bluetoothは4.0です。


以下の方法は再現性がなくなりましたので削除します。

たまたまGarmin Expressをインストールしたら内部Bluetoothが使用できるようになりました。


スクリーンショット (4)

私の環境だけかもしれませんがもともとBluetoothが使えなかったのでGarminのANT+を使用して接続していました。
Garminのフォアアスリートを使用する機会があったのでGARMIN Expressをインストールしたら内部Bluetoothが使用できるようになりました。


2020-03-05_2017287

GARMINのANT+をはずしても使えています。
あんまり、Bluetoothでの接続は需要がないとは思いますが気になる方は試してみてはいかがでしょうか。

このページのトップヘ