R-LR Road Cycling

長崎の自転車LOVE♡な人あつまれ(^^♪

2020年06月

梅雨の為、なかなか実走が難しくなっていますが、本日6/20(土)は久々に晴れました。
というわけで、めがね坊主も少し長めの実走をしました。

本日の門限(17:00)を考えると、50~60km程度が限界でしょうか。
となると、茂木経由から三和町あたりが妥当のようです。
このルートであれば、昼食をしっかり食べれば、水分に注意すれば、補給食の心配はありません。

気温もそれほど高くなく、ほどよく風もあり、ゆっくり走るにはちょうど良い天候でした。

しかし・・・、


左内ももが攣りそうになりました(+o+)
なぜ?


あ!!仕事で草刈りをがんばったことを失念していました。かなり汗をかいたことを・・・・。

こうなると、ピンチです。門限を守らないと、二度と乗らせてもらえなくなる・・・。

まずは、完全に攣ってしまう前に回復走に努めます。
まずは水分補給ですが、このコースは三和町まで行かないとお店がありません。三和までは30kmはありそうです。となると、めがね坊主の場合は、ケイデンスは70程度、ギアは少し高めにして、息切れがない程度で走ります。

このペースで1時間ちょっと走ると、無事乗り越えることが出来ました。門限も守れました(^。^)

 

ふっき~です。

STRAVAがアップデートしてから無料会員向けのサービスがかなり制限されてしましました。
特にセグメントの部分が有料化してしまったのが残念です。

貧乏なふっき~は課金にかなり悩みました。

やっぱり無料がいいよねということでSTRAVAから別のアプリに乗り換えようと画策中です。

でもセグメントなんてSTRAVAしかないのでは?

いいえ!実はSTRAVAだけでなくGARMIN CONNECTにもあるんです!
(こっちのほうが先だったのかも?でもサーバーダウンしたりと使いづらかった)

スクリーンショット (1)

しかもこのアプリは無料なのです。
Garmin User以外の方もアプリは登録可能です。

問題はGarmin User以外の方のUP LOADです。

ふっき~はGarmin のランニングウォッチを2個 サイクルコンピュータを1個持っていますので問題ありません。

でも、持っていない人は当然利用できないのでは?と考えます。

ふっき~は考えました。少しでも多くの方が参加できることでセグメントは盛り上がります!

Garminの機器を持っていない方でも参加できる方法はないかと・・・

ち~ん!

思いつきました。

ゴールデンチーターがあるではないですか(^^♪

logo_wip


①まず、ゴールデンチーターとSTRAVAを連携します。(やり方はネットで探してね♪)
②StravaにサイクルコンピュータからをデータをUpLoadします。(やり方はネットで探してね♪)
③ゴールデンチーターを起動します。起動すると自動的に履歴をDown Loadします。
④ゴールデンチータのエクスポート機能を使用してGarminのファイル形式で保存します。
⑤ブラウザーでGarmin Connectを開く
⑥右上の雲のマークをクリックして「データのインポート」をクリックします。
⑦④で保存したファイルを読み込めばGarmin Connectにデータが記録されているはずです。

これで、無料でセグメントが利用できます。

私の思いつく限りでセグメントを無料で利用する方法はこれ以外思いつきません。ほかにいい方法があれば教えてください。

少し手間はかかりますがセグメントだけでなくStravaにも負けなGarmin Conncectの分析機能があります。みんなでGarmin Connectを使えばそれなりのコミュニティになると思います。

ちなみにZWIFTとは連携可能です。

みんなでレッツGarmin Connect! Stravaは終わった!


このページのトップヘ