R-LR Road Cycling

このページのトップヘ

長崎の自転車LOVE♡な人あつまれ(^^♪

このページは長崎の自転車乗りが集まるブログです。

「R-LR Road Cycling」

長崎市・長与町・時津町・西海市など長崎県を中心にロードバイクで走っています。
楽しく走るをモットーに老若男女問わず、まったりライドからロングライドまでみんなで楽しんでいます。

現在のメンバーは10代~50代 男女で構成してます。

新たな出会いもお待ちしています。
メンバー募集はこちらで行っています。
年齢・性別不問です。自転車が好きな人であればどなたでもOKです。
http://www.net-menber.com/look/data/29639.html

めがね坊主です

今日は、仕事の帰りに伊王島に行きました。

東長崎から矢の平へ。ヒルクライムTTにチャレンジ!!
結果はまずまずでした(*^^*)

そして女神大橋へ

▼恒例の写真撮影(*^^*)
23
 
今回は女神大橋は渡らず、伊王島へ向かいます。
風も強くなく、快調に進みます。

07
 
この香焼トンネルは個人的にとても好きなトンネルです。
 トンネル内の勾配は4%前後ですが、勾配のわりにとても登りやすいのです。
(路面のおかげ?それとも追い風になるのか?不思議だ)
なんちゃってクライマーを満喫出来ます。 

▼伊王島大橋の上から
15

 30

久々に伊王島でやすらぎました('ω')
50




 

ふっき~です。
先日、OLYMPIC OR700にTREK5500のタイヤをあげちゃったので今回TREK5500用にタイヤを購入。

チューブはストックのRACE28があった。

選んだのはこれ







今回はブラックにしました。
前回のサーファス セカ(レッド)はカッコよかったんですけどカラーリングの部分が微妙にずれていて、走っているときに見てしまうと精神衛生上よくなかった。なんかホイルが振れてるのかと勘違いしてしまう。
というわけでブラックにしたわけですがやっぱりカッコ悪い(T_T)
だけどこのタイヤは安いんですけど安心のMade in Japan
しかもタイヤ本体にも日本語で適正空気圧で乗る旨の注意書きが・・・(笑)
タイヤサイドに日本語って初めて見ました。

RIMG0002
 
今回、初めて23C → 25C にしてみましたが違いはあるんでしょうか?
乞うご期待 

ふっき~です

今日はブログを書く予定ではなかったのですが考えていたよりも違いがあったので書いてみます。

先日、琴の尾岳で職場の「OLYMPIC OR700 」にてパンクを経験しました。
本日、自宅に持ち帰りパンク修理・・・とても古いチューブが入っていて一度パンク修理をしたのですが別の場所がさらにパンクというアクシデント。仕方なくチューブ交換しました。

そして、タイヤも大変なことになってました。
 
P5151410
 
P5151413

溝はまだ残っていましたがビードがボロボロです。さすがにやばいかな?

というわけでTREKで使っている。サーファスのセカを外してつけてみました。
どっちもあんまり変わんないグレードの安物タイヤなので特に気にもしてなかったので写真も撮ってませんでした。
付け加えるとリムテープも40年交換されていないのでスポーク部分の穴でへこみまくりでした。
リムテープなんて持ってないのでとりあえず100均の粘着力が弱いビニールテープで代用。

そして、職場に戻すためにとりあえずジャージに着替えて(昨日頑張ったので今日は走るつもりはない。 )、ヘルメットもサングラスもかけず出発。

んっ?いつもと違うんじゃね? タイヤを交換したので当たり前です。
何となく、速く走れる気がしてきた。

ジャージ・Tシャツ・スニーカー・ヘルメットなし
近所のおっさんがちょっと運動しようかな、みたいな格好です。
しかも、40年前のクロモリでダブルレバーで2×6速のロードバイク
たぶん、こんな格好のおっさんにヒルクライムで負けたらへこむでしょうね(笑)

まあ、ヒルクライムならスピードでないしいいか(^^♪
琴の尾岳に向かいます。
おおっ!ぐいぐい上る感じがします。あくまでも感じです・・・

新しいタイヤは転がりが全然よくなるんですね。知りませんでした。
さらに、グリップが心なしかよくなったような気がします。ブレーキがよく効きます。 

ここまで、タイヤ交換で違いを感じたのは初めてです。自分の感覚もレベルアップしてるってことか?

ちなみに家に帰ってセグメント見てみると
琴の尾B Climb
ガーミン:22分29秒
ストラバ:28分41秒 (休憩時間まで入ったのかな?)

ガーミンを見る限りではプライベートベストでした。


 
タイヤ交換は
グリップの回復
転がりの回復
などあるようです。山が残っていても古いタイヤは交換し方がいいようです。 

ふっき~です。
待ちに待った ヒルクライム大会 in 雲仙
いよいよ開催です(^.^)

といっても3人で山登りしただけです(笑)

IMG_0648

AM 8:00 準備を終えて自宅を出発!

待ってろよ 雲仙! 


IMG_0650


AM 9:40 百花台公園第8駐車場に到着

BIKEを組み立てて集合時間を待ちます。

AM10:00 全員集合!

メガネ坊主さんはフルアルテグラにアップグレードしたがノーマルクランクのためヒルクライム対応できるか!

ウッチーさんは新兵器のBIANCHI NIRONEを投入!しかし、久しぶりの参加のため体力に不安あり!

ふっき~は普段は鉄下駄のWHR-500にさらにワイヤービードの重いタイヤだが本日はWHR-7700 +PRO3で軽量化!

BlogPaint



AM10:30 いよいよスタートです。

本日の参加者は3人
めがね坊主さん、ウッチーさん ふっき~ (私)
以下敬称略でお願いします。

スタート直後はメガネ坊主が飛び出します!どんどん加速しすぐに点となってしまいました。
ウッチ―は体力に不安があるためゆっくりとスタート!マイペースで上ります。
ふっきーはメガネ坊主を追いかけますがどんどん離されます。まだまだ身体が温まっていない。 

今回は吹越トンネルまでを第一ポイントとして仁田峠循環道路入口までゆっくり移動
そして、仁田峠を第2ポイントとして予定。
※仁田峠の料金所の係員からミヤマ霧島が見ごろで車両が多く危険といわれタイムアタックは中止してゆっくりと上ることになりました。

スナップショット 5 (2016-05-14 20-04)


そして、スタートから約5km地点でめがね坊主が見えた!
ここからふっき~は一気にアタックをかけます!

スナップショット 4 (2016-05-14 20-03)

約6km地点で並びます。しばらく並走して前に出ます。

BlogPaint


そして、ここでふっき~は「雲仙まで9kmあるのか~!」と叫ぶ!
実は吹越トンネルまでなので残り3kmです。
めがね坊主の戦意を削ぐ作戦!(心理作戦です。)

ごめんね(笑)

ここで戦意喪失しためがね坊主を置き去りにします。

スナップショット 3 (2016-05-14 20-02)


そして第一ポイントの吹越トンネル!
ふっき~悲願の「打倒!めがね坊主」を達成しました。

今回のふっき~の秘密兵器は軽量化! 

WHR-7700 +PRO3で軽量化と先に書きましたが、本当の軽量化はダイエット!
なんとピーク時から9kg減、BIKE1台分くらい軽量化してました。

自分がゴールしてすぐにめがね坊主がゴール!
そして、ウッチ―も無事ゴール!

しばらく、休憩をして仁田峠に向かうことにします。
仁田峠の料金所にて今日は交通量が多く危険ということが判明。
タイムアタックは中止!ゆっくり、安全に上ることに 

RIMG0017


そして、3人無事に仁田峠に到着!
お天気もいいし風が気持ちいいし花もきれいです(^.^) 

IMG_0653

気持ちよく下って百花台公園に到着。
みんな無事に帰ってきました。 

みなさんお疲れさまでした。
※多分にふっき~的妄想の入った回想録でした(笑)

百花台公園 - 吹越トンネル のセグメントはこちら 



吹越トンネルまで4倍速!(時間が長いので短縮してます。)速度の調整をしてください。
 


 

さて、本日は、予定通り、R-LR雲仙ヒルクライム大会?となりました。
めがね坊主こと私、ふっき~さん、ウッチーさんの三人で仁田峠をクライム。

▼あの山の上までクライム。
44

吹越峠をゴール地点にしてスターーート!!

快調にペダリングするも、すぐにインナーローに。
私の脚力では、やはり36×28Tで足りず。すぐにペースダウン・・・・・(+_+)

たちまち、ふっき~さんに抜かれる始末(泣)

まぁ、何とかゴールは出来たので良かった。
50
17

ここからは、仁田峠まで楽しみながらサイクリングしました(^_^)

そして、ゴール!!
07

皆様、本当にお疲れ様でした(^O^)

P.S
ふっき~さん、動画楽しみにしています。

このページのトップヘ