R-LR Road Cycling

このページのトップヘ

長崎の自転車LOVE♡な人あつまれ(^^♪

このページは長崎の自転車乗りが集まるブログです。

「R-LR Road Cycling」

長崎市・長与町・時津町・西海市など長崎県を中心にロードバイクで走っています。
楽しく走るをモットーに老若男女問わず、まったりライドからロングライドまでみんなで楽しんでいます。

現在のメンバーは10代~50代 男女で構成してます。

新たな出会いもお待ちしています。
メンバー募集はこちらで行っています。
年齢・性別不問です。自転車が好きな人であればどなたでもOKです。
http://www.net-menber.com/look/data/29639.html

めがね坊主の連日の投稿です

本日は、久々に湾一しました。通常、ロングライドでは高負荷にしませんが、今日はファストランをすることにしました。

▼コースはこれ


負荷もかけたかったので、
 ①フロントギアはアウター(52T)縛り
 ②リアはローギア禁止(23Tまで)
 ③休憩は5~10分の一回のみ
としました。

前半のハウステンボスまでは、自己記録を更新する程、好調にライド出来ました。
しかし、補給後から異変が・・・・。

両足(太ももの内側)が攣り始めます。※補給不足は明らか
①~③の条件は守りつつ、
 対策1:ギア比は重すぎず、軽すぎず、ケイデンス70~80ぐらいを維持する。
 対策2:速度は無視し、登りでは休むダンシングでしのぐ。

最後は、ファストランではありませんでしたが、何とか帰宅出来ました。
まぁ、無理する必要もなかったのですが^_^;





こんにちは、めがね坊主です。
ライドの中心が「ジテツウ」の僕ですが、少しでもライド時間を多く持つため、ローラー台を導入することにしました。

ローラー台を購入するにあたり、固定式と三本のどちらにするかでとても迷いました。
ネット上では、
 固定式・・・・高負荷トレが可能(倒れないので)
        後輪のタイヤがすごく減る
        脱着が面倒
        屋内でも行いやすい        など
 三本式・・・・ペダリングスキルが向上する
        (上手にペダリングしないと安定しない)
        慣れないうちは転倒する危険がある
        近くに壊れ物は置かない方が良い  など
の意見がありました。

僕の場合
 ①高負荷トレを求めているわけではない
 ②手軽に使用出来ること
 ③三本ローラーに乗れると何となくカッコイイような気がする
との理由で「三本ローラー」を購入することにしました。

ネットでいろいろ調べた結果、


コイツを購入しました。(※ローラー初心者に最適な仕様となっています)

注文すると、二日後には到着。
組み立ても30分程で終了。

▼こんなかんじになりました
DSC_0223
組み立て後、少し時間があったので5分ほど試走してみたところ全く乗れませんでした。

ホイールベースに合わせてローラー位置をセッティングするのですが、説明書をよく見ると、「初心者はホイールベースよりも少し長めに設置した方が安全です」とのこと。再調整することにしました。

翌日、再チャレンジしたところ、10分ほどで乗れるようになりました(^_^)

一日目

二日目

三日目

四日目


ここまでの考察
 ①ある程度の速度(30km/h前後)でないと安定しない
  ※低速度・高回転ペダリング出来る人が上手な人だと思われる
 ②ダンシング出来ないのでデリケートゾーンが痛くなる
 ③ハンドルから手が離せないので水分が飲めない
 ④今は楽しいが・・・いずれ飽きそうだ
これからの目標
 ①手放しができるようになる
 ②ダンシングできるようになる

以上、めがね坊主でした。

めがね坊主です。
本日は、久々のR-LRメンバーとライドしました(^_^)

目的地は「愛野展望台」
参加メンバーは、6名でした。
(スプリンターからクライマーまで、多彩な顔ぶれでいい刺激になりました)

ポタリングなので、ペースはLSD程度で、ゆったり楽しくライド出来ました。
パンクや機材トラブルは頻発しましたが、そういうのも含めて、みんなでライドは、やっぱり楽しいです(^_^)/

めがね坊主は、一応、トレーニングもかねてアウター縛りとしました。

▼コースはコチラ 最後にセグメントをアタックし、KOM獲得!!

めがね坊主です

本日は伊王島ポタ練を行いました。
ポタ練…ポタリングの練習ではなく、ポタリング中にトレーニングも行うことです。

今回は、
 ①アウター縛り
 ②一部セグメント区間をアタックする
の2点をルールとします。

走行ルートはコチラ▼


さて、①アウター縛りはなかなか疲れます。アタックポイント以外は無理はしません。
そのアタックポイントは、

アタックポイント1 

けっこう頑張りましたが、トップの速度は尋常じゃないです・・・(+o+)

アタックポイント2 伊王島燈台クライム

自己新記録が出ましたが、アウター縛りではキツイ。

アタックポイント3 伊王島大橋クライム

今回の最重要ポイントの位置付け。これまで伊王島に来ても、このセグメントをアタックしたことがなかったので。全開アタックの結果、区間2位に(バンザーイ)


ポタリングもかねているので、写真撮影も行いました。

まずは、伊王島燈台と桜を一枚。
DSC_0199

続いて、香焼チューリップまつりを一枚。
DSC_0203

そして、伊王島に行く時、松が枝埠頭に豪華客船が停泊していたので、帰りに写真でも撮ることにしました。
この船はどこのプリンセスだ?ダイヤモンドか?サファイヤか?と思って近づいてみると・・・
DSC_0207
クイーンや!
DSC_0206
クイーンエリザベス号や!!
めっちゃテンション↑。

記念に一枚❤
DSC_0205

思いがけずクイーンに会うことが出来、楽しいライドでした(^_^)

めがね坊主です。
今回はライドの話ではなく、整備についての投稿です。

めがね坊主は、TREK乗りです。なので、サイコンはガーミンですが、ケイデンスとスピードセンサーはボントレガーのデュオトラップを使用しています。

▼チェーンステーの埋め込み型です(見た目はスッキリ)
DSC_0196

デュオトラップはスピードセンサーとケイデンスセンサーが一体型になっており、スピードセンサーは後輪ホイールのスポークに、ケイデンスセンサーはクランクにマグネットを装着して測定されます。

そのクランク用のマグネットセンンサーが、
c16a243fa7
こんなになりました。

画像は借用していますが、同じようにシリコンゴムが断裂してしまいました。
※どうやらよくあるようです。クランクシャフトの径によって合わないようです。

このマグネットは見た目はスッキリしているのですが、取り付けが結構面倒です。
結束バンドタイプと違い、ペダルを一度外さないと装着できません。
今回交換するにあたり、ネットで調べたところ、とても良い方法が見つかりました。

早速実践です。

準備品は
DSC_0195
ダイソー超強力マグネットのみです(^_^)

▼取り付け場所は、
DSC_0197
ペダルの真裏のねじ穴部です。磁力でくっつくので、シール等も不要。
13mmサイズで恐ろしいくらいピッタリです。

心配な点は2つ。
まず、
DSC_0198
ケイデンスセンサーに感知部は、「duotrap」の文字付近にある為、クランクのマグネット部からやや遠くなります。
スタンドに乗せた状態でのテストでは問題なく感知していましたが、実走ではどうでしょうか?

もう1つは、振動でマグネットが外れないのか?
まぁ予備があと3つあるので、このまま試走し、外れるようであればテープで補強します。

結果については後日。それでは(^_^)/

このページのトップヘ