R-LR Road Cycling

このページのトップヘ

長崎の自転車LOVE♡な人あつまれ(^^♪

このページは長崎の自転車乗りが集まるブログです。

「R-LR Road Cycling」

長崎市・長与町・時津町・西海市など長崎県を中心にロードバイクで走っています。
楽しく走るをモットーに老若男女問わず、まったりライドからロングライドまでみんなで楽しんでいます。

現在のメンバーは10代~50代 男女で構成してます。

新たな出会いもお待ちしています。
メンバー募集はこちらで行っています。
年齢・性別不問です。自転車が好きな人であればどなたでもOKです。
http://www.net-menber.com/look/data/29639.html

連休中は子守りのためライド出来そうにないので、本日ロングライドを実施。
コースは、かなり久しぶりの野母崎一周。天気は曇りだけど、微風で気温もあまり高くなく、ゆっくり走るにはベストコンディション。

ところどころ、先日の雨の影響か山側から水が路面に流れてきてたので注意が必要。

▼野母崎頂上の風車たち
DSC_1200
▼女神大橋
DSC_1202

本日のコース

 

芒塚インターからのヒルクライム
芒塚クライム①
左側が芒塚インター 右側がヒルクライム入口(日見峠TT)

芒塚クライム②
登り口の勾配が一番キツイ(10%前後か)
芒塚クライム③
バイパスの上、旧日見トンネルの上を登っていく。道も狭い。
芒塚クライム④
写真右下から左上のように、細かなつづら折りが続くが、勾配は5%程度。
芒塚クライム⑤
登頂後の下りは、道も狭く、路面もコケがある。一つ間違うと、大ケガするので、攻めてはダメ。

矢の平から女神大橋を通過後、木鉢へ向かう。

芒塚クライム⑥
女神大橋から下ってきたところ。木鉢トンネルを通過すると最短だが、トンネルが長く、交通量も多い。
芒塚クライム⑦
みなと坂へ。ここも登り口が一番キツイ。みなと坂は、抜けてしまうまで、ずっと登り。
芒塚クライム⑧
前回は、左に曲がって稲佐山へ。今回は直進する。
芒塚クライム⑨
つづら折りの下り。道は二車線あるが、交通量は多い。
芒塚クライム⑩
飽の浦へ到着。右側が飽の浦トンネル。左側が旭大橋。

今回のコース

ふっき~です。

コロナの影響でほぼ引きこもりです。
久しぶりに外を走ってみると!!!

見えない!
何が見えないかって・・・サイクルコンピュータの文字がぼやけて見えないんです
認めたくはありませんがアラフィフのふっき~は老眼になってしまったようです。

仕方がないので老眼鏡を買いました。

IMG_20200823_133410

しかし、ここで問題が発生!老眼鏡をかけると近くは見えるが遠くは見えない。
自転車に乗るときは普通は遠くを見て時々サイクルコンピュータを見るという動作が必要。
老眼鏡をかけると周りが見えない。かけないとサイクルコンピュータが見えない。
どうやっても解決できない。

どうしたものか・・・
そうだ!サイクルコンピュータの画面が大きければ見えるのではないか?

今使っているBRYTONのRider330は画面が1.8inchなのでもう少し画面が大ききれば見やすくなる?
調べてみると
BRYTON Rider450が2.3inchなのでいいかも(^^♪
しかし、画面の見やすさではGarminだし・・・edge530は高すぎる。

というわけでいろいろと悩んでぽちりました。

P1040529

今更ですがedge530は予算が足りないのでedge520plusにしました。
画面は大きくなりましたが文字は大きくなっていない?

少し外を走ってみました。
文字サイズは大ききなっていませんがコントラストが高い?反射が少ない?フォントの違い?文字と文字の間が広い?
理由はわかりませんが明らかに視認性が良くなって文字が見えるようになりました。

二つ並べて写真でみてもガーミンのほうが視認性が高いです。

老眼でお悩みの方はガーミンがいいかもです(^^♪

ちなみにedge130plusにすればよかったかもと思ってます。
画面の見やすさが文字大きさでないとすれば、値段的にもそれほど変わらないし、最新型だし、日本語使えるし、軽いし、と考えてしまいます。

めがね坊主は、2014年頃からロードバイクに乗っています。(最初はクロスバイクからだった)
その時に購入したSPD-SLシューズ(マビック)やヘルメット(イグニオ)を今も使用しています。これまでの落車等によりヘルメットにはヒビや傷があり、シューズも一部破損しています。

10万もらったので、この際、新調することにしました。
我が家の財務大臣(妻)の決裁も頂くことができました!(^^)!

今回は、日本の経済のため、すべてJAPAN製にします。

1.シューズ
【SALE】シマノ RC7(SH-RC701) ブラック ワイドタイプ SPD-SL シューズ BOA
【SALE】シマノ RC7(SH-RC701) ブラック ワイドタイプ SPD-SL シューズ BOA
シューズ幅が「ノーマル」と「ワイド」がありますが、欧米人と違い、日本人は足が横広なので、ワイドがオススメとの記事がありました。よって、僕も「ワイドタイプ」を購入しました。
旧シューズのマビックと同じサイズですが、確かに横にゆとりを感じます。人それぞれの好みにもよりますが、僕は気に入りました。ダイアルで締め付けも調整できるので、まったく問題なしです。
DSC_1183

DSC_1184
ついでにクリートも購入。こちらは、シマノの黄色です。(一番緩いヤツ。膝にやさしい)

2.ヘルメット
OGKカブト フレアー コクー ヘルメット
OGKカブト フレアー コクー ヘルメット

侍の国生まれとしては、やはり「兜(カブト)」ですね。
DSC_1186
ほんとに軽い。

3.インナーキャップ
DSC_1185
クリス・フルームのクラウチングスタイル By パンダ

ふっき~です。

コロナ渦でなかなか外を走れないのでZWIFTばかりの日々です。
ZWIFTの中でレースに参加したりと過ごしていますが少し気になったことがあったので検証してみます。

私が所有しているパワーメーターとスマートトレーナーでパワーの差が出るのか?どちらが有利なのか?
巷ではELITE QUBO DIGITAL SMART B+はハッピーメーターで10%近くパワーがでているとうわさがありますが体感的には逆にパワーが出ていないように感じます。
固定ローラーで負荷が一定でパワーメーターを使った場合とスマートトレーナーで傾斜に合わせて負荷が自動で変動する場合と条件は異なりますが前者の方が結果が良い。
普通に考えるとランニングでもスピード(負荷)を一定に保った状態が一番パフォーマンスが高く出る。スピード(負荷)が変動するとパフォーマンスは下がる。これが原因かと考えていますがどうなんでしょう?





パワーメーター
4iiii precision2.0 105 5800 公称精度は±1% (片側計測なので精度はもっと低いと思います。)
(ちなみにPIONEERのSGY-PW510A80GL(R8000用の片側計測)は公称精度は±3%)

スマートトレーナー
ELITE QUBO DIGITAL SMART B+ 精度不明

Yorkshire

どう検証するか悩んだ結果以下のような方法をとってみました。
①スマートトレーナーの負荷を一定にする。
②スマートトレーナーはZWIFTに接続。
③パワーメーターを校正する。
④パワーメーターはサイクルコンピュータに接続。
⑤同時にデータを取る。
⑥ゴールデンチーターでテキストデータとして取得する。
⑦エクセルで分析

素人の分析でサンプル数も一回だけなので精度はかなり低いので参考までにしてください。

グラフを見てみるとブルーはスマートトレーナー、オレンジはパワーメーターです。
なんとなくパワーメーターのほうが値が高く出ているような気がします。
スクリーンショット (6)

実際の数値はどうなの?
平均値をとってく比べてみるとパワーメーターが1%だけ高い値となっていました。
1%・・・
体感的にはもっと差が出ているような気がしていたのですが、この程度であれば誤差の範囲でしょう。
でも、グラフをよく見て下さい。なんとなくパワーが高い部分ではオレンジが値の高く、パワーが低い部分ではブルーの値が高くなっているように感じませんか?
スクリーンショット (7)

パワーが高い部分とパワーが低い部分に分けて比べてみます。

パワーが低い部分はスマートトレーナーの平均は87.4W パワーメーターの平均は73.1Wと14.3Wの差が出ていてパワーメーターはスマートトレーナー84%しか出ていませんでした。
スクリーンショット (9)
パワーが高い部分はスマートトレーナーの平均は210.5W パワーメーターの平均は221.1Wと10.7Wの差が出ていてパワーメーターはスマートトレーナー105%出ていました。
スクリーンショット (8)


STRAVAの値は以下のようになっていました。
最大値が70W近く違います。スプリント勝負だとかなり差が出てきそうです。

パワーメーター

スピード  28.2km/時 40.7km/時
心拍数   128bpm   161bpm
ケイデンス   88rpm     110rpm
パワー         171W        399W
カロリー 347
温度 24℃

スマートトレーナー
スピード   29.4km/時 81.7km/時
心拍数      128bpm    161bpm
ケイデンス   94rpm         195rpm
パワー         168W         330W
カロリー 435

結論
トータル的には差がない。
100W前後とゆる~く走るときはスマートトレーナーが優位
200W以上のレースや急にパワーが上がるスプリントなどではパワーメーターが優位
レスポンスの良さもパワーメーターが優位
ちなみにスマートトレーナーの場合は足を止めてもローラーが回り続けている限りパワー値を示してる。パワーメーターは足を止めるとパワーも0になる。これはどちらが優位かというと後者のパワーメーターです。アバターがダウンヒルポジションをとるために足を止めないといけませんがローラーが回っている間はダウンヒルポジションにならないんです。
というわけでパワーメーターを用いた方がより楽しめそうです♪

このページのトップヘ